青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

2018-12-27から1日間の記事一覧

自分が発した嘘は自分に返ってくる②

www.kimurafujiko.com ↑の『自分が発した嘘は自分に返ってくる①』の続きです 以前、相談においでになった方の中に、知らず知らずのうちに人の過ちを指摘する噂をしてしまったばかりに、大変な目にあってしまった方がいらっしゃいました。ご夫婦で床屋を営むQ…

自分が発した嘘は自分に返ってくる①

人は噂が好きなものです。〝人の悪口は蜜の味〟といわれるように、噂については事の真相を確かめることなく、他人事として興味を持つのが、一般的な人間関係の姿です。昔から、井戸端会議なんていう言葉があるくらい、私たちの日常のすぐ近くにも、噂はたく…

自分をどう見せるかで敵にも味方にもなる

隣の芝生は青く見えるといいますが、本当に些細なことがきっかけで嫉妬が生まれ、大きな問題へとなっていくことがあります。 男性にはよく理解できないといいますが、公園デビューがうまくいかずに、その後の生活が芳しくないという話は世間ではありふれた話…

人と自分を比べて妬む愚かさ

〝妬み〟とは、自分と他人を比較して、相手が自分にないものを持っていたりですとか、自分にはできないことを相手が成功させたときに感じる羨望から生まれます。その「羨ましい……」という小さな火種が、己の劣等感や不公平感によって増幅されてしまい、嫉妬…

人間の弱さの象徴 。人生を破滅に導く〝妬み〟②

www.kimurafujiko.com ↑の記事、『人間の弱さの象徴 。人生を破滅に導く〝妬み〟①』続きです 俗に、「男の嫉妬は、女の嫉妬の100倍怖い」などと言いますが(女性の陰湿な嫉妬も怖いですが……笑)、それには男女の本質的な差があるためです。 女性は、他人との…

人間の弱さの象徴 。人生を破滅に導く〝妬み〟①

〝妬み〟——。 これは、地球上に生きるすべての人々が持つ負の感情です。人が持つ悲しい性であるといってもよく、世の中に満ち溢れているといっても過言ではありません。〝妬み〟を表す言葉を考えてみても、嫉みや僻み、嫉妬、悋気、焼きもちなど、すぐにたく…

自分を飾らない人こそ愛される人

人はどのような人を愛すのか? 非常に大きな命題です。人間は誰しもが愛されたいと願っています。それこそ、この世に生を受けたときから母親の愛を求め、いずれは人生の伴侶と出会い、愛を育んでいきます。その愛を求める願いは、渇望を超えた本能といっても…

〝わかったふり〟があなたの成長を止める

〝聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥〟は、みなさんもご存知の通りの諺です。古くから伝わる言葉には、学ぶべき知識がたくさん込められております。 長い年月をかけて、人々が経験してきたことに基づいて伝え残してきたものですから、それだけ私たち人間にと…

人こそ自分の鏡

人に忠告を受けることによって自らの行いを正し、誰に見られても恥ずかしくない態度というものを身につけていくには、〝周りにしっかりと忠告をしてくれる人がいるかどうか〟、そして〝自分がきちんをその忠告を受け入れられるか〟、ということが重要になり…

あなたの評価を下げる慣れの怖さ

礼儀作法やマナーといったものは、学んでいくことで身につけていくことができます。また、作法やマナーのみならず、それぞれの所作が見る人にどう受け取られるのかについても、これまでにもたくさんの本が出版されておりますから、身につける努力をすること…

あらゆる態度があなたの人生を左右する

すべての人が目撃者。視線の海を生きる私たちでもお話ししましたとおり〝人は人のことを見ている〟ものです。気がつかぬうちに見られているということは、確かに気分のいいものではありません。しかし、だからといって、「私のことは見ないで! 」と言ってま…

すべての人が目撃者。 視線の海を生きる私たち

人と話をしていますと、〝人は人のことを見ている〟と感じることがあります。 例えば、ご近所さんが外壁の塗り替え工事をしていると、その近くに住まわれている方が、「あそこの家はまだ建て替えて5年くらいだけど、西側の壁が少しだけ剥がれてましたからね…

〝等身大の自分〟を受け入れてこそ〝尊厳〟を持つことができる

人はなぜ、過ったプライドを持ってしまうのでしょうか。 ひとつに、私たち人間の心が弱く、儚いものであるからだということができると思います。では、弱い私たちは正しいプライドを持って生きることはできないのかといえば、その答えはもちろん、「ノー」で…

プライドと見栄の違いとは

まず、〝見栄を張る〟ですが、これは言わずと知れて、身の丈に合わなくても格好をつけて、自分を大きく見せることをさします。でも、これはあくまで虚栄、つまりはまやかしのようなものですから、現実との間にギャップを生じさせてしまいます。実際に、「見…

プライドの落とし穴

過去のブログ〝余計な〟プライドが生み出す人間関係のもつれの冒頭で、プライドのポジティブな印象として、「仕事に誇りを持つ」というイメージがあると述べさせていただきました。たくさんの方からお話を伺った経験からも、私はそれが事実であると考えてい…

選択肢を狭めるプライドの弊害

成功を収める人ほどプライドを持つことからわかるとおり、本来、プライドは人間の成長に欠かすことのできない大切な要素のひとつです。しかし、プライドは持ち過ぎるがゆえに失敗してしまったり、成長を滞らせてしまう怖さも秘めており、扱いの難しいもので…

ふたつのプライド ~守備型と攻撃型のプライド~

過去のブログ〝余計な〟プライドが生み出す人間関係のもつれでは自惚れや驕心(慢心)といったようなプライドが、相手との円滑な関係を阻害すると説明をさせていただきました。ここでは、その余計ともいえるプライドをさらに掘り下げ、ふたつのタイプに絞っ…

〝余計な〟プライドが生み出す人間関係のもつれ

プライド——。 みなさんはこの言葉を聞いて、どのようなイメージを抱くでしょうか。 ある人は、「仕事にプライドを持つ」というようなポジティブな印象を持つでしょうし、反対に「上から目線の嫌なやつ」とネガティブな感想を答える方もいらっしゃるでしょう…

人と自分を比べた先にあるもの

私はよく「幸せな人生を送る方法」についてお話しをさせていただいていますが、「幸せな人生を送る」ために絶対に避けていただきたい〝悪い行い〟が いくつかありまして、そのひとつが〝人と比べる〟ということです。 〝人と比べる〟瞬間は日常にありふれて…

「相性」はあてにならない

「あの人とは相性が悪い…」と言ったように、私たちはよく人との相性を気にします。私のところにも、たとえば「結婚しようとしている人との相性を知りたい」といったようなご相談が多くあります。 人との相性というのは非常に難しいもので、最初は性格が合う…

離婚問題

結婚するのであれば、生涯ひとりの人と添い遂げたいと思うのは当然でしょう。 はじめから「離婚してもいいや」と思って結婚する方はあまりいないのではないかと思います。ただ、人間同士がひとつ屋根の下で恋愛とは違う“生活”をしていきますから、しっかりと…

家族の築き方

昨今、共働き夫婦がとても増えています。 妻が専業主婦の家庭とは違い、妻だけに家事も育児もというわけにはいきませ ん。夫婦が協力をして家事、育児を行っていくことが求められる時代です。 この夫婦の協力ができていないと、お互いに大変なストレスがかか…

人との相性

「あの人とは相性が悪い…」と言ったように、私たち人間はよく人との相性を気にします。私のところでも、たとえば結婚しようとしている人との相性を知りたいといったようなご相談が多くあります。 人との相性というのは非常に難しいもので、最初は性格が合う…

疫病神の正体

“疫病神”と言われると、“神”という言葉がついているので、どうしても“得体のしれないもの”“抗えないもの”というイメージを抱くんじゃないかと思います。 しかし、疫病神というのは“神”という言葉がついているが故に、“何か神秘的なもの”“人間の範疇でははか…

不安を消す方法

将来に対する不安は、多かれ少なかれ、誰でも持っているものだと思います。 未来において、自分がどうなっているかというのはわかりませんから、いらぬ想像をしたりして不安になります。 こうした将来に対する不安というのは答えのでないものですし、そもそ…

縁がつなぐ幸不幸

ご縁と言いましても、たくさんの種類のご縁があります。 夫婦の縁、職場の縁、兄弟の縁、親子の縁…etc。こうした縁というのは、過去世のカルマとの関わりの縁です。ですから、カルマと同じように縁にも“良縁”と“悪縁”というものがあります。 幸せになるため…

世界の変え方

生きていると、苦しいことってたくさんあります。 それもそのはず、人生とはカルマを解消するための場ですから、苦しくて、つらいことが起きてしまうのはしょうがないことなのです。 でも、苦しいことがあるからこそ、楽しいことが光り輝きます。苦しいこと…

カルマの縁でつながる家族

家族というのは、血のつながり以上に“カルマ”の深い深いつながりで結ばれています。これまでも拙著などでも述べてきましたが、家族というのは同じカルマを背負った“運命共同体”とも言えるのです。 しかし、ここ青森で相談を受けていますと、同じカルマを背負…

家族は運命共同体?

家族というのは、血のつながり以上にカルマの深い深いつながりで結ばれています。これまでも拙著などでも述べてきましたが、家族というのは同じカルマを背負った運命共同体とも言えるのです。 しかし、ここ青森で相談を受けていますと、同じカルマを背負った…

その気づき、本物ですか?

これまで「気づき」というものの大切さを繰り返し繰り返し述べてきました。 私がいつも言っている「気づきましょう」というのは、性格の欠点に“気づいて直す”ことです。自分の欠点を受け止め、理解し、反省して直していくことは大変なことですが、多くの方が…