青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

ないがしろにされる「心」の教育①

 私たち人間の血縁関係というものには独特のものがあり、親類縁者、親兄弟といった関係にある人とは、それだけで強い絆で結ばれているという感覚があるように思います。

 

 ひとつ屋根の下で暮らす「家族」に対しては、そういった中でも、もっとも強い絆で結ばれている、という思いがあるのではないでしょうか。

 

 しかし、古き良き時代にあった大切なものが、今、家族の中から失われつつあるように思います。核家族や個食といったことが問題になるなど、家族団らんといった光景が少なくなりましたが、近年ではいわゆる「親殺し」「子殺し」というような、日本の「家族関係」を根底から揺るがしてしまうような、おぞましい事件も多発しています。

 

 これには、飽食の時代に入ってからの「子育ての間違い」といった問題が含まれていることを見逃してはいけないのではないか、と私は考えています。

 

 たとえば、終戦後、いわゆる物があまりなかった時代には、物を分け合って食べるとか、隣近所で助け合うことが当然でした。さらに、忍耐強く物事に取り組むということを、日常生活の中で当たり前のこととして行っていましたし、親もそういう教育を子供に対して行っていました。

 

 その後、高度経済成長時代になると、私たちの生活は昔とは比べものにならないほど豊かになっていきました。次々と便利な家電製品が現実のものとなり、生活も豊かになり、食べ物に困ることもほとんどなくなり、本当に便利な世の中へと変わりました。

 

 しかし、さらに飽食の時代へと進むと、今度は逆に、「人間の心」というものが置き去りにされてしまったように思えるのです。ここでいう「人間の心」とは、「情緒」と言い換えてもいいでしょう。

 

 そのようにして、「人間の心」が置き去りにされた結果が、ニュースなどで見る悲惨な事件の原因にもなっているのではないでしょうか。

 

 そんな現代社会を反映するかのように、私のところにも、親子の問題や家族間のトラブルなどで相談に訪れる方が多くなっているのが現状です。

 

 特に、親子の関係というのは、人間の基盤となる「心」を育てるために、非常に重要です。親が子を育むとは、子供の将来の土台となる人間形成をすることなのです。つまり、ここをないがしろにしてしまうと、次の時代を担う子供の将来に、大きな影響を及ぼしてしまう可能性があります。

 

『ないがしろにされる「心」の教育②』に続く↓

 

www.kimurafujiko.com

 

 

【質問もできて大好評! メルマガはこちら↓↓↓】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com