青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

プライドの高さが人生の足かせに①

 受験や仕事、人間関係など、さまざまな面において人生の壁となりやすいものに、自信過剰というものがあります。つまり、高すぎるプライドは問題を引き起こしやすいということです。

 

 たとえば、学生時代に成績がよかったとか、何かの分野でぬきんでるものがあったなど、子供の頃にちやほやされて育った人は、そこからなかなか抜け出せないことが多いのです。

 

 要するに、自分はできる人間なのだ、という思い込みが、強く染みついてしまっているわけです。

 

 そんな方は、自分はいい大学に行けるはずだし、会社もいいところに行って当たり前、というように高をくくってしまうことが多いようです。

 

 さらに、自分に自信を持っているがゆえに、世の中を見る目が甘くなり、今の自分の本当のレベルを客観的に見ることができなくなっていることも大きな問題となります。

 

 そもそも、小、中学校時代は学年でトップクラスでも、やがて高校、大学と進むごとに学業がふるわなくなり、気がつけば平凡な成績に、というのはよくあることです。

 

 しかし、一度プライドが高くなってしまうと、過去の栄光をなかなか捨て去ることができないのです。

 

 それゆえ、高望みをして失敗したり、「自分はできるんだ」と自己暗示をかけるがごとくの傲慢さによってつまずく、というのがよくある失敗パターンといえるでしょう。

 

 大学受験に際しても、「自分は国立を目指せる。東大も絶対、受かるはずだ」と強気で臨み、さらに、ご両親も「お前はできる子だから大丈夫」とはっぱをかけるものですから、本人は自信満々。しかし、結果としては不合格……。それでも、プライドを捨てられないために同じことをくり返し、気がつけば願望だけで終わってしまう場合は往々にしてあるわけです。

 

 こういったことは、本人の問題だけではなく、両親の教育が原因であることもまた、往々にしてあります。

 

 もちろん、一度や二度、失敗した時点で気づくことができたなら、それほど問題はないのですが、たかだか数回落ちたくらいで何だ、とばかりに受験をくり返し、七浪八浪までいっていながら、なおあきらめがつかず、気がついたときには二十代も後半、といったケースもあります。

 

『プライドの高さが人生の足かせに②』に続く↓

 

www.kimurafujiko.com 

 

【質問もできて大好評! メルマガはこちら↓↓↓】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com