青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

人との相性

「あの人とは相性が悪い…」と言ったように、私たち人間はよく人との相性を気にします。私のところでも、たとえば結婚しようとしている人との相性を知りたいといったようなご相談が多くあります。

 

人との相性というのは非常に難しいもので、最初は性格が合うと思っていたのに、つき合いを重ねていくことですれ違ってしまうこともありますし、初めからしっくりいかないこともあります。逆に、初めは相性が悪いと思っていたのに、だんだんと相性が良くなっていくこともありますし、最初から最後まで、一生相性がいいこともあります。

 

このように、相性が合う合わないというのは、ひとりひとりまったく違う性格を持っていますから、あって当然です。問題は、性格が合わないときにどうするのかということです。

 

相性が合わないというとき、人いうのは自分の欠点や落ち度について考えようとせず、相手のことだけを批判しがちです。「なんであの人はこうしないんだ」「あんな考え方をするなんて信じられない」といったような感じです。

 

しかし、相性というのは努力によって作っていくものなのです。悪い相性でも、よい相性に変えてゆくことが十分できるのです。

 

いつも衝突してしまう人でも、必ずそこには何か原因があります。理解力と正しい判断力、知識があれば、そんな関係性であっても前向きな方向に持っていくことができます。100%合うとまではいかないにしても、7割、8割と相性を上げていくことは可能なのです。

 

では、いくら悪い相性でも変えていけるとはいえ、なぜ努力し、つらい思いをしてまで相性が悪い人とも関係を持っていかなければいけないのでしょうか。人間はいくらでもいるのだから、わざわざ相性が悪い人と無理してつき合っていく必要なんてないのではないか。そのように思う方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、「あの人とは相性が合わない」というのは、言ってみれば「私は悪くない」というのと同じで、ある種、自分の我を通しているケースが多いのです。世界を変えたいのなら、自分を変えること。人を変えたいのなら、自分が変わらなければいけません。

 

我を押し通し続けているとどうなるでしょうか。みなさんであればお分かりでしょう。人生というのは人と共に生きていきますから、自分の我ばかりを通して生きていれば、必ず批判の対象になってしまいます。協調性や和合の心が欠如しているために、陰口を叩かれたり、輪から弾かれてしまったりするでしょう。

 

自分だけがそうされるのであれば、自業自得で終わるかもしれませんが、こうしたことはやがて自分の家族、友人、同僚、そして我が子にまで影響していくことがあります。

 

人間と人間の関係というのは、お互いの理解力によって支えられています。どこまで相手を許してあげることができるか。そこまで、相手の心情を考えてあげることができるか。どこまで、相手の事情を考えてあげることができるかです。

 

これまで何度もご紹介させていただきました、

 

『許すこと

 

人それぞれに

 

訳がある

 

時の違いの

 

憎しみかな』

 

 

という私が創った詩があります。

 

生きている時間、環境、見ていること、感じていることが違うのだから、人それぞれに事情がある。そのことを考え、相手のことを許してあげよう、という意味です。

 

そうした相手の事情、心情を理解するためにも、まずは自分が正しい判断力、理解力、知識を手に入れることです。そして、人間関係においては“話し合うこと”“気づくこと”“忍耐すること”“努力すること”がいかに大切かということを忘れないことです。

 

相性が悪いと思っていた人とよい関係性を持つことができれば、それは自分自身の魂の成長につながります。自ら積極的に人との絆を作っていくことは、自らの意志で幸せの道を選んで進んでいることになりますから、必然的に人が集まってきて、幸せの連鎖が起こります。

 

人を許すというのは、言葉で言うほど簡単なことではありません。だからと言って、そのときの感情に任せて、怒りや憎しみを抱いていては、悪いカルマの思うツボです。そのときは許せなくても、感情的になって周りに言いふらしたりしてはいけません。グッと抑えていれば、時が解決してくれることだってあります。

 

過去、現在、未来を考えずに一時の感情で行動していては、うまくいくものもうまくいきません。一時の感情に流されずにいったんグッと堪えて、冷静な判断力でもって人とつき合い、人生を生きていかなければいけません。そうすることで、円滑な人間関係が生まれ、人生は幸せなほうへとどんどん進んでいくのです。

 

 

【質問もできて大好評! メルマガはこちら↓↓↓】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com