青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

再び「気づき」の大切さについて

 私はこれまで、相談ごとや悩みを抱えて私のところにいらっしゃる方々にはもちろん、本や講演会など、機会を得るごとに「気づき」の大切さについてお話をしてまいりました。

 

 それは、「気づく」ということが、幸せになるためには欠かせない、大事なことだと思うからです。

 

「気づいて直す」ことによって、幸せの道を歩んでいけます。そして、そこからさらに理解を深め、我が人生の道のりを前進していただきたいのです。

 

 でも、ひと口に「気づき」といっても、その内容は実にさまざまです。ほんの些細なこともあれば、それこそ、これまでの人生を揺るがすほどの「気づき」といったものもあります。

 

 とはいえ、「気づき」を得た方の多くは、「なんで今まで、私はこんなことに気づけなかったのだろう」といった感想をもらすことが多いのです。

 

 なぜなら、「気づき」を得て、「カルマ」を解消するということは、自分の欠点や生き方の間違い、考え方の誤りに気づき、生き方を正していくこと。つまり、人間として当たり前の礼儀や行動、判断力、考え方、しゃべり方といったことを身につけることだからです。

 

 ただし、気づいたあとには「あー、なんだそんなことだったのか」と思ったとしても、実際は、なかなか気づくことができないというのが実情で、だからこそ、こうして何度も何度も「気づき」の大切さを説いているというわけです。

 

 そこで、ここであらためて、「気づく」ために心がけていただきたいことをお伝えしたいと思います。それは、何か問題やトラブルが起こったときに、

 

「この問題が起こったのは、自分の何が悪かったのか」

 

「試練と思える出来事は、自分に何を気づかせようとしているのか」

 

「このトラブルを乗り越えるには、何をすべきなのか」

 

「どんな努力が足りなかったのか」

 

 といった視点を持つということです。

 

 もちろん、このような視点を持つためには、困難やトラブルが起きたときにはいったん立ち止まり、冷静に過去、現在、未来へと目を向け、原点で何があったのかを知ることも重要なポイントといえるでしょう。

 

 ただ、たとえ気づいたとしても、決してそこが最終到達点ではありません。気づきというものは、大きな気づきから小さな気づきまで、無数にあります。そういった無数にある“気づきに気づいて”いくことで、幸せを手にしていくことができるのです。

 

 ですから、何かひとつ気づいたからといって、そこで安心してしまってはいけません。むしろ、そこはおおいなる「気づき」の始まりである「小さな気づき」であって、そこがスタート地点である場合が往々にしてあるのです。

 

 それに、人間は完璧な生き物ではありません。一度気づけたことでも、喜んだのも束の間、一度は改めたはずの行動が、また元に戻ってしまうこともよくあります。

 

 そこには、心のクセといったものが影響を及ぼしていて、長年、疑問を持たずに行動してきた今までのパターン、これが最善だと思ってやり続けてきた自己流のやり方、考え方を、無意識のうちにとってしまっているわけです。

 

 ですから、一度気づいたことでも、何度でも心の中で確認してみることです。そうしているうちに、その気づきが真の気づきに変わり、そこから連鎖反応のようにして、あらゆることに気づいていくことができるでしょう。

 

 ただ、あせることはありません。ゆっくりでいいのです。ひとつひとつ確実に正していけば、遠回りになるかもしれませんが、幸せなほうへと着実に歩を進めていけるのです。

 

 ですから、どうか、小さな「気づき」を大切にして、あせらず進んでいっていただきたいと思います。

 

 その一方で、残念なことに「気づき」とはほど遠いところにいる方も、まだ数多くいらっしゃいます。

 

 人間とは、ともすると楽な道を選びやすいものですが、そういった方は、自分の行いを振り返ることなく、また、自分の欠点にしっかりと目を向けることなく、さらに、欠点を指摘されても素直に耳を貸すことなく、

 

「幸せになれないのは、先祖の障りがあるからに違いない」

 

「そもそも、自分は業が深く生まれたのではないか」

 

 と、安易に結論づけているのではないかと思います。

 

 そして、こういったことの根本にある、霊能の世界に対する誤解を解き、日本中の方々に正しい知識を与えることも私のお役目、と心を引き締めて、少しでも多くの方々にご理解いただけるよう、努力を続けていきたいと思っております。

 

 

【質問もできて大好評! メルマガはこちら↓↓↓】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com