青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

変化することへの恐れ

 幸せな人生を送るためには、“変化”することが必要不可欠です。そして“変化”していくためには、“学び”が大切です。
 
 なぜ学びが大切なのか? どのように学べばよいのか? 
 
 あなたにお伝えしたい重要なことがあります。

 変化というと、「自分自身が変わること」と捉え、「ブレてしまうこと」と考えてしまう人がいるのですが、“
ブレる”こととは違うものです。
 
 “変化すること”というのは、自分の中で今まで自分が考えていたこととは違う、新しい考えを採用することです。いうなれば“自分を修正する”といってもよいかもしれませんが、これは容易にできるものではありません。なぜかというと、新しい考えを採用するというのは、端的にいえば“それまでの自分を否定すること”でもあるからです。

 人は、自分の過ちを素直に認めたり、受け入れたりすることがなかなかできません。特にストレスや刺激の多い現代社会では、“素直な心”を保つだけでも大変です。
 
 ですから、学びを積み重ねて変わり続けることができている人は、それだけでもとても立派だと思いますが、そのようにして、学びを積み重ね、自分の考えを進化させ続けることで、人は心に“芯”を持つことができるようになります。
 
“芯がある人”と聞くと、いつまでも変わらない人と考えますが、実は常に自分の考え方をアップデートしたり、知識を得ていくこと、つまり内面を変化させていける人こそ“芯”が強くなっていくのです。

 みなさんは“芯のある人”と聞いて、どのような人を思い浮かべるでしょうか?
 
「一本筋の通った人」、「ブレない人、流されない人」といった、“自分の考えを持っている人”でしょうか。
 
 はたまた「めげない人、くじけない人」といった“強い人”でしょうか。
 
 概ねそういうイメージだと思いますが、あえて言葉にするならば、芯のある人とは、“生きる上での指針”や“自己の規範”を持っている人なのです。
 
そのような“指針”や“規範”といったものは、知識を積み重ね、「自分の考え方は正しいのか? 間違ってはいないか?」と常に客観的に自分を見つめることで手に入れることができるのです。
 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com