青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

心の働きを知れば幸せになれる

 私はみなさんに何かをお伝えしようとするとき、〝心〟という言葉を使うことがよくあります。

 たとえば、「心を磨きましょう」とか、「相手の心を察しましょう」、または「心を見ましょう」など。なんとなく、聞き覚えがあるのではないでしょうか。

 なぜ、心についてよく話すのかといえば、当たり前ですが、私たち人間にとって〝心〟が非常に大切なものだからです。心なくして人は人として存在できません。そんなことは私が言うまでもなくみなさんもご承知だと思います。事実、私の元にご相談に来られる方や、読者の方からいただくご質問でも〝心〟に関するものは珍しくありません。

 ここで改めて「〝心〟を磨く」ということについてお話しをしたいと思います。

 そもそも、〝心〟とはなんでしょうか?

 きっと多くの人がごく幼い頃から人生のさまざまな場面で見聞きして使ってきた言葉だと思いますから、「〝心〟が何かまったくわからない」なんて人はいないでしょうが、いざ「心とは何か」と聞かれて考えてみると、なんだかぼんやりとしていて、はっきりと説明できる人もまた少ないと思います。

 私は、「〝心〟とは〝考え方〟である」と言ってもよいかと思います。

〝心〟は非常に深い概念ですので、一概に「こういう意味です」と定義してしまうのは乱暴で危ういのですが、みなさんにわかりやすく説明して、ご理解いただくために、まずは〝心〟をこう定義したいと思います。

 これは以前にも拙著などでお話ししていますが、〝心〟を〝考え方〟として捉えると、〝心〟という言葉がまとうある種の文学的な曖昧さが薄れて、かなり具体的にイメージがしやすくなるのです。

 心は人間の基礎であり土台です。心がない人間は機械やロボットとなんら変わりはありませんから、いうなれば肉体以上に大切なものです。

 心は行動や思考の元になっているものですから、心がそのまま言動に表れます。みなさんも実生活の中で実感していると思いますが、心が乱れている人は言動も乱れていますし、心が未成熟な人は言動もまた幼稚です。

 では、〝心を磨く〟にはどうしたらいいのでしょうか。こう聞かれると難しくて悩んでしまうと思いますが、これを〝考え方を磨く〟と読み替えるとどうでしょうか。なんとなく、磨き方のイメージがわいてきませんか?

 そう、答えは「知識をつけること」に他ならないのです。
  

 

 

【質問もできて大好評! メルマガはこちら↓↓↓】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

https://foomii.com/00105

 

まぐまぐ

https://www.mag2.com/m/0001681410.html

 

YouTubeチャンネルはこちら。

https://www.youtube.com/channel/UCwYKxaBfr_rEavGC3GO2u2g