青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

短い命が教えるもの

 人間における四苦、「生老病死」の「死」において誤解の多いものには、「寿命」ということがあるかと思います。

 

 たとえば、その家のおばあさんが百歳近い年齢で亡くなったりすると、そのご遺族が、「おかげさまで、祖母は天寿をまっとうさせていただきました」と言ったりすることがあります。

 

 でも、この「天寿」とは、その名のとおり、「天から授けられた寿命」のこと。つまり、天によって、あらかじめ寿命が定められているということです。

 

 ですから、一般的には、短命よりも長生きするほうが幸せだといわれたりしますが、霊の世界の視点から見ると、そうとばかりはいえないのです。

 

 平均寿命を超えた高齢で亡くなっても、幼くして亡くなっても、この世での務め、修行を終えて旅立ったことに変わりはないのです。

 

 また、老衰で眠るように亡くなったり、脳溢血や交通事故であっけなく亡くなる、あるいは、幼くして難病にかかり、長く苦しい闘病生活を余儀なくされて亡くなるなど、いろいろありますが、いずれの場合も、天寿をまっとうしたことに変わりはないのです。

 

 もちろん、我が子を幼くして亡くされたご両親の心痛、その無念さはいかばかりかとお察しします。心からお気の毒にも思います。子供を失ったときには、それこそ死んでしまいたいような苦しみにも襲われることでしょう。

 

 でも、夫婦や親子は、カルマの縁でつながっているのです。

 

 幼くして亡くなるのも、その子のカルマとして、生まれる前から運命として定められていたこと。それと同時に、ご両親のほうも、子供を幼くして亡くすというカルマを共に背負って生まれ、夫婦になったわけです。

 

 つまりは、自らが背負ったカルマを解消するために、お互いを引き寄せ、この世で夫婦になり、親子になっているのです。

 

 とはいっても、もちろん、そのカルマは、その人をただ苦しめるためだけにあるのではありません。

 

 実際、現実をひたむきに見つめ、もがき苦しみながらも、カルマによって与えられた試練を乗り越えようと努力し続ける中で、大切な気づきを得て、おおいなる変容を遂げた方もいらっしゃいます。

 

 ここで、そのような例をご紹介しましょう。

 

 相談に見えたのは、三十歳代後半のご夫婦。高校一年生の息子さんを不慮の事故で亡くされ、失意のどん底であえいでおられました。

 

 息子にもっといろいろなことをさせてやりたかった、親としてもっと何かできたのではないか……など、後悔の念に駆られ、やつれ果てたご様子でした。そのご夫婦が私に聞きたいことはただひとつ。短い生涯で終わったのは、息子さんの寿命であったのかどうか、ということでした。

 

 さっそく、神にお伺いしたところ、果たして神は、「十代で亡くなるのが、運命であった……」と告げたのです。

 

 それを聞いて大きな気づきを得たのは、そのご夫婦のご主人のほうでした。

 

 その方の職業は医師。絵に描いたようなエリート街道を歩まれてお医者さんになった方でしたが、子供に先立たれる経験をして初めて人生の挫折、悲哀を味わい、涙に暮れながらも、これまでの自分の人生を省みたといいます。

 

 実は、このご主人は、給料を家庭に入れることもせず、浮気をしていました。そのために、妻は家計を支えるために実家からお金を工面してもらい、さらに夫の浮気による気苦労から、やがて精神のバランスを崩しました。そして、そんな状況の中で子供を亡くしてしまったのです。

 

 そんな、堪え難い苦しみの中で妻は、涙を流すこともなく、ただじっと一点を見つめながら、私の前でこう言ったのです。

「子供は死んで幸せだったのではないでしょうか。できれば、私も一緒に死にたかった」

 と。これを聞いたご主人は、すべての過去を反省し、泣きながら妻の前で手をついて謝っていました。自分が息子を殺してしまったのではないか。家族に対するわがまま、妻へのわがままによって、どんなにみんなを苦しめてしまったかわからないと。

 

 さらに、自分は今まで、どんな気持ちで患者さんに接してきただろうか? 妻との関係は? 一家の主としての自覚はどれくらいあったのか? など、さまざまなことに初めて真剣に向き合った、と正直に話してくれました。

 

 そんな葛藤を経て、その方が気づいたのは、自身に与えられた医師としての役割や使命の大切さでした。医療を通じて人を助けることが自分の使命であり、そのためには、もっとなすべきことがある、ということに思い至って、新たな気持ちで生きていく決意をした、と話してくださいました。

  

 

【質問もできて大好評! メルマガはこちら↓↓↓】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com