青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

親の介護

私のところには“介護”に関する質問が多く寄せられます。質問を読んでいて顕著なのは、介護の問題やストレスをひとりで抱えてしまっていらっしゃる方が多いように思います。また、昨今では被介護者も介護者も高年齢化が進み、「老老介護」の問題も多く取り上げられています。今回は、その辺のことをお話しようと思います。

 

介護をする場合、多くの場合は被介護者と同居している方、もしくは被介護者といちばん仲が深い方がおやりになることがほとんどでしょう。つまり、“子どもが親の面倒を見る”という形が大多数だと思います。

 

介護で問題が起きる原因は、365日間休みがないということ。家族という近い間柄だけに、逆にストレスが溜まりやすいということ。ほとんどひとりの人に介護を任せっきりになってしまうことなんじゃないかと思います。

 

親として、子どもに迷惑はかけたくない。しかし、体が不自由なことの苛立ちや人生の先輩としてのプライドもあり、心にもないことを子どもに言ってしまうこともあります。

 

面倒を見る子どものほうも、最初は「はいはい」と聞いていたのに、だんだんストレスが溜まってくると「うるさい!」と怒鳴りだしてしまうこともあります。

 

こうなると介護というより、もはや修羅場。お互いに本心ではないものの、あることないことを言ってしまい、険悪な関係になってしまいます。

 

こうした問題を起こさず、介護するほうもされるほうも気持ちのよい関係を続けるにはどうしたらよいのでしょうか。

 

私が介護問題で相談を受けたときにアドバイスするのは、できるだけ介護に関わる人を増やすということです。これは、介護する側にとっても、される側にとっても、お互いにとって最善の方法なんじゃないかと思います。

 

介護というのはほんとうに大変ですから、ひとりですべてを背負ってしまうことがいちばんのストレスになります。一日のうち、数時間だけでも自分の趣味に没頭できる時間があるだけでも、かなりストレス発散になります。

 

拙著『幸せの風が吹いてくる』にも書いてあるのですが、あるすばらしい介護をしている家族がいらっしゃいました。

 

彼らは、家族の中でひとりひとり役割分担を決めておばあちゃんの介護をしていました。そして、ひとつの部屋に寝かせておかずに、なるべくみんなが集まる居間におばあちゃんを居させたそうなんです。

 

これは理想の介護の形なんじゃないかと思いましたね。家族ひとりひとりが責任を持って介護にあたる。そうすることで、ひとりひとりが“介護”について考えますから、介護に対する価値観を家族みんなで共有できます。

 

介護する側にとって、最も心に留めておかなければいけないことは、「やがては自分も介護される側になる」ということだと思います。これは、前にお話しました“過去・現在・未来”を考えるということです。

 

過去というのは、親への恩です。この世に産んでくれ、面倒を見てくれ、愛情を注いでくれた恩。

 

現在というのは、(段階の差はありますが)体が不自由になってしまった親への介護。子どもが手となり足となり、愛情を持って介護するということ。

 

未来というのは、「やがて自分が介護をしてもらう立場になる」ということ。

 

介護する側が、この価値観を共有することができれば、大変だとは思いますが精神的に充実した介護生活を送ることができるでしょう。

 

また、在宅介護となるとどうしても家の外に出なくなってしまうので、外部との接触が無くなってしまいます。これは、介護される側にとっても大変なストレスとなります。

 

もちろん介護される側の意向も十分に汲み取る必要があるのですが、在宅で介護をする場合はホームヘルパーなどのプロの方にお願いする部分があってもいいと思います。そうすることで、外部の人とお話する機会もでき、また家族には話せない悩みなども話すことができますから、いい刺激になるかと思います。

 

介護をするうえでもっとも大切なことは、家族の関係を悪化させないことだと思います。家族関係が悪化することで、被介護者、介護者が受ける苦痛やストレスというものは計り知れません。

 

かけがえのない家族として親の面倒を最後まで見てあげるのは当然ですが、お互いになるべくストレスが少ない方法を考えるべきだと思います。ですから、介護について一度家族で話し合いの場を持つことも、将来のために必要なことなのではないでしょうか。

  

 

【質問もできて大好評! メルマガはこちら↓↓↓】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com