青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

親子の愛②

『親子の愛①』の続きです

 

 小さい頃から、毎日のように「あれをしちゃダメ」「お母さんの言うことを聞いていればいいんだ」と、母親に押さえつけられて育った子供は、高校生や大学生くらいになると、話し相手を求めて異性のほうに走るというか、そちらのほうに神経を集中させていくケースも目立ちます。しかし、私が見るところ、そういうお子さんは心の中に寂しさを抱えているのです。

 

 では、親御さんのほうはどうかといえば、子供が大学に行くようになると、もう子育ては終わったような気分になって放任したり、また、理解ある親を演じてボーイフレンドを大目に見ていたりします。

 

 そして、そんな意識のズレから問題が起こることがあるのです。

 

 子供の心情を知ろうとせず、ただ浅い考えで理解ある親を演じるのは、私からいわせれば愚かな行為です。

 

 干渉しすぎるのはどうかと思いますし、子供を信じることも大切ですが、寂しさからいつの間にか男女関係が行き過ぎて、道を誤り、やがて傷つくことになるのは、大事なお子さんであることを忘れないでいただきたいと思います。

 

 いずれにせよ、ある程度、子供のことを知っておくのは、親としての責任です。子供を守ったり、正しい方向に導いていくのは、親としての大事な務めなのではないでしょうか。

 

 また、最近では、お子さんが親御さんを小バカにするようなケースも増えてきているように思います。私のところに相談に訪れる親子の方でも、娘さんが椅子にふんぞり返るようにして座り、その横で母親が小さくなっているなど、子供が親より威張った態度でいるような姿を目にします。

 

 そういった親御さんは、ただただかわいいといって子供を甘やかし、正しい行動をしつけることもなく、さらに、「あなたはできる子だ」と信じて疑わなかった方が多いように見受けられます。実は、そういう接し方によって、子供は自分が親よりもえらいという勘違いをしてしまっているのです。

 

 親というのは、人生の先輩です。その言いつけを守るのは、当然のことなのです。それなのに、親という人生の先輩よりも自分は偉いという勘違いを子供がしてしまうと、前述のような、親を差しおいて椅子にふんぞり返るような子供に育ってしまう可能性があるのです。

 

 おおいなる視野から見れば、子供というのは、自分に合ったカルマを持つ親を〝選んで〟生まれてきます。つまり、お互いに似たようなカルマを持っているのです。

 

 そういったこともしっかり理解したうえで、もう一度、親子関係というものを見つめ直していただきたいと思います。

 

 いくつになっても親子は親子。一生、切れない親子の絆を大事に育んでいっていただきたいものです。

  

 

【質問もできて大好評! メルマガはこちら↓↓↓】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com