青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

転職した先でいつも不運が起きる理由

 働き盛りである40代の男性は、仕事に集中したいのに、就職する会社が倒産したり、部署がなくなったり、リストラにあったりということが起きてしまうそうです。

 

 本人は別に転職を望んでいるわけではなく、腰をすえて仕事をしたいのですが、なぜか転職をする羽目になってしまいます。

 

 ことごとく自分が勤める会社がそういった状況になってしまうので、「会社勤めに向いてないんじゃないだろうか……」と、自己嫌悪に陥ってしまっていました。

 
 

〝目的〟がなければ〝長所〟は生きない

 

 40代といえば脂がのって働き盛りですから、思いっきり働くことができないというのは、意欲のある方にとっては非常につらい状態、ストレスを強く感じている状態だと思います。

 

 会社(仕事)選びは恋愛と少し似てはいないでしょうか。

 

「運命の会社(仕事)に出会いたい!」

 

「運命の恋人に出会いたい!」

 

 誰もがそう願っているのではないでしょうか。

 

 多分にもれず、彼もそう願っていました。

 

 恋人を選ぶときは、相手とコミュニケーションを図ります。それと同じように、仕事を選ぶときもまた、会社とコミュニケーションを図ります。会社というのは人間の集まりですから、会社とのコミュニケーションも恋愛と同じように、人間対人間のコミュニケーションだといえます。

 

 この会社とのコミュニケーションは何かといえば、転職をする段階で行うことすべてです。求人情報を見ているときもそうですし、面接をしているときもそうです。就職試験で合格をもらうまでに行うことは、会社とのコミュニケーションなのです。

 

 気になるあの人とおつき合いしたいのに、コミュニケーションがうまく取れなければ願いは成就しませんし、焦って判断を誤り、相性がまったく合わない人とつき合ってしまうこともあります。

 

「早く次の仕事を見つけないとまずい。これくらいの条件で……。ここでいいか……」という転職の仕方をしていれば、自分の能力を開花させるような会社に出会うのは宝くじを当てるようなものです。

 

 もちろん、仕事は何でもいいという方にとっては、これは当てはまりません。しかし、彼のように自分がやる仕事に対して意欲がある方は、安易な考えで転職をするべきではないのではないでしょうか。

 

 会社には規模があります。規模が小さい会社は利益が少ない。大きい会社は利益が大きい。利益が少ない会社というのは、当然ですが倒産する可能性や、リストラをする可能性が高くなります。

 

 仕事は人間性も含めた実力社会ですから、実績を出さないでただ身を任せているだけでは、倒産リスクやリストラリスクが高い規模の会社や、さらにリスクの高い会社への転職になってしまいがちです。

 

 彼の場合は、すごくまじめな性格で努力もできる方ですので、何か資格を取るのもいい判断になるかと思います。資格を取ってそれを武器に働くということは、まじめで努力ができる性格を生かした働き方で、充実感も得られるでしょう。

 

 そういった精神の充実は考え方にも影響しますから、仕事が充実してどんどんレベルアップしていけます。自分がそのようにレベルアップすれば、すぐに倒産してしまったり、リストラをしなければいけない会社に出会う確率は格段に少なくなるでしょう。

 

 自分では頑張っているつもりなのに状況が悪くなっていくという方は、頑張り方を間違ってしまっている場合が多いように思います。現在の状況が悪いということは、その原因は必ず過去にありますので、一度立ち止まって、冷静に過去を分析する必要があるでしょう。

 

 時間を巻き戻して過去に戻り、そのとき自分がやってしまったことを修正することはできません。しかし、そんなことをやってしまった自分を変えることで、同じ過ちを繰り返さなくなります。

 

 同じ過ちを犯さないということは、ひとつの物事ができるようになるということなので、人生のステップアップといえるでしょう。

  

 

【質問もできて大好評! メルマガはこちら↓↓↓】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com