青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

透視能力に対する誤解

 私のもとを訪れる相談者の中には、それこそ耳を疑うような言葉を言われる方が、時折いらっしゃいます。

 

 それはたとえば、こんな言葉です。

 

「ここに来れば、幸せになれるんですよね」

 

「借金で破産寸前なので、ここに来ました」

 

 まるで、私のところに来さえすれば、すべての願いが叶うかのように思っていたり、神がすべてを解決してくれる、助けてくれるはずだ、ということを期待している方がいらっしゃるのです。

 

 しかし、透視能力といえども、この場ですぐに相談者の方の問題を解決できることと、できないことがあります。

 

 もうどうしようもない結果が出てから、私のところを訪れても、どうにもならないのです。私は神ではありません。また、神であっても不可能なはずです。なぜなら、その方の生き方やカルマの問題もありますし、その問題をやすやすと解決してはいけない、という神々の考えもあるからです。

 

 つまり、自分の欠点に気づいて直し、自分自身が変わろうとしなければ、そして、努力をしなければ、人生を好転させることなど決してできないのです。

 

 また、なかには、私がどんなことをする人間なのかをよく知らないまま、わざわざ高い交通費と時間をかけていらっしゃる方もいますが、そういう考えでお見えになっても、望むような処置はできないと思います。

 

 私が持つ能力である透視というものに対して、ご理解したうえで、おいでいただきたいと思います。

 

 透視能力を持つ方の中には、耳で聞こえる方、目で見える方など、さまざまな形があるようですが、私の場合は、そのときの状況とその方の将来、そして心を見ることができる透視能力を授かっています。

 

 まるで、あたかもタイムスリップをしたかのように、必要な場面とその人の心の中を神が見せてくれるのです。

 

 いってみれば、一瞬のうちにグラフを見るように、その人のよさや欠点、生き方の間違い、生き方の正しさが見えるわけですが、それと同時に、相談内容によって、職場での上司とのやりとりや、お金の使い方といったことなどを見せていただくわけです。

 

 また、たとえば、体の悪いところなどは、その部分が黒く見えるのですが、ガンであれば患部が真っ黒に見え、手術でこの部分をこう摘出すれば命は助かる、といったことを視覚的に教えてもらいます。

 

 見せるだけで足りない場合は、神が言葉でも教えてくれるわけですが、そういった透視にかかる時間は、ほぼ一分以内といったところでしょうか。

 

 ですから、相談者の話をいろいろと聞きながらアドバイスをするスピリチュアルカウンセラーとは違い、短い時間で十分なのです。

 

 相談者の中には、苦しい胸のうちを聞いてほしいという気持ちから、相談したい内容を長々と話す方がいらっしゃいますが、必要なことは神が見せてくださいますので、どんなことを相談したいのか、といったポイントだけをお話しいただければ、こと足りるのです。

 

 私のことをカウンセラーと勘違いされる方もいらっしゃいますが、透視能力者とスピリチュアルカウンセラーは別の仕事であることを、ご理解いただきたいと思います。

 

 また、私の力を試そうとする方も時にいますが、そんな場合、正しい結果は期待できないと思います。

 

 いずれにせよ、透視能力によって、その方の人生の縮図を見て、神が教えてくれたことをアドバイスとしてその方にお伝えするのが、透視能力者としての私の仕事であり、お役目なのです。

 

 

【質問もできて大好評! メルマガはこちら↓↓↓】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com