青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

受験期対策①

 今では幼稚園受験や小学校受験もそう珍しいことではなくなりました。でも、やはり、高校受験、大学受験というのが、子供にとっても親にとっても大きな節目となるのではないでしょうか。特に子供にとっては、いわば人生初の大きなチャレンジと言えると思います。

 

 また、そういう関門をひとつひとつ越えていくのは、まさに自立へと向かう行程とも言えるでしょう。

 

 そして、その受験対策ということで塾に通ったり、家庭教師をつけるなど、生活の中でも「受験」というプレッシャーが常につきまとうようになります。

 

 ただ、小学校低学年の頃から、「勉強は自分のためにするもの」ということを会話の中で理解させておけば、受験だからといって親が必要以上に慌てることはないはずです。

 

 そういうことを教えないまま、学歴がすべてだと言って子供に一流大学に行くことを押しつけていると、やがて子供に何かしらの問題が起こり、親子で苦しんでしまうことになるのです。

 

 たとえば、子供よりも父親や母親を筆頭に、家族全員がまるで腫れ物にでも触るかのようにピリピリと神経質になってしまう場合があります。

 

 うるさくしては勉強の邪魔になるからといって、リビングのテレビのボリュームを小さく落とし、家族の会話もひそひそ声。炊事や洗濯もなるべく音を立てないように気をつけるといった方がいますが、これではかえって受験に臨む子供にプレッシャーを与えるばかりになってしまいます。

 

 そうでなくても受験生は神経過敏になっていますから、家族が必要以上に自分に気を遣っていることは、すぐに伝わってしまうのです。

 

 もちろん、愛情があるからこその行為だと思いますが、家の中が張りつめたムードになってしまっては、受験生の子供をかえって追い込むことになってしまいます。

 

 また、勉強の休憩タイムにはお菓子とコーヒー、深夜には手のかかった栄養満点の夜食を用意するといった親もいるようですが、これも程度問題かと思います。

 

 あまりにもかいがいしく世話を焼いてしまうと、それが当たり前になってしまう危険があり、ここで甘えグセがついてしまうと、受験が終わったあとも、いろいろやってもらうのが当たり前と思うようになり、わがままになってしまう可能性があります。

 

 まるでお殿様、お姫様の如く息子さんや娘さんに気を遣っていると、子供のほうも段々、勘違いしてしまうのです。

 

 そういう子供の心を視ていると、「親のために受験をしてやっているんだ。だから気を遣ってくれて当たり前」という声が聞こえてきて、驚くばかりです。

 

 ただ、そういう場合は、親のほうも子供に「頑張れ、頑張れ」と言いながら、そこに親のエゴ(いい高校、大学に行ってほしい気持ち)での「頑張れ、頑張れ」という気持ちが入っていることも往々にしてあるのはないでしょうか。

 

「うちの子は◯◯高校に受かったんですよ」

 

 と自慢したいがために合格してもらわなくては困る、という気持ちは、親のエゴ以外の何ものでもありません。

 

 よく、子供が一流大学に通っていることや、大手企業に勤めていることを自慢する方がいますが、そういった社会的ステータスと人間性はまったく別物です。

 

 いくら一流大学を出ようと、大手企業に勤めていようと、人間性が未熟であれば必ず問題が起きてきます。

 

 偏差値が高い学校に入るとか、大手企業に勤めるということは、人それぞれの一時的な希望でこそあれ、悪いカルマに気づいて直していくという「人生の目的」ではありません。

 

 そして、勉強するのは親のためではなく、子供自身のためなのだということを、今一度、子供に話して聞かせたり、それと同時に、親のほうもまた、改めて心に刻んでいただきたいと思います。

 

『受験期対策②』に続く↓

 

www.kimurafujiko.com

 

 

 

 

【無料】性格診断はこちら

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com