青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

夫婦がよい関係を築いていくには

 夫婦になる相手というのは、特別なご縁で結ばれています。しかし、特別なご縁だからといって、ただそれだけで自動的に幸せになれるということではありませんし、ただそれだけで強い絆で結ばれる訳ではありません。お互いに尊敬し合い、信頼し、思いやりを持ち、足並みを揃えて日々を過ごしていかなければいけないのが、あるべき夫婦の姿なのではないでしょうか。

 

 つまり、必然的にこの広い世界で出会い、夫婦となったふたりが、その特別な関係をよいものにするか悪いものにするかは、ふたりの「努力と心」次第なのです。それまで全く違った環境で生きてきた男女がひとつ屋根の下で暮らしていく訳ですから、何かしら問題も出て来るでしょう。

 

 また、結婚当初は恋愛の延長線上のような感覚で幸せいっぱいであっても、年月を重ねていくうちに、どうしても相手の欠点、気に入らない点が目につくようになることもあると思います。

 

 しかし、独身のときとは違い、結婚というのは共同生活です。いわば、新しい人生のスタートといえるかもしれません。ですから、それまでの自分の生活習慣に強いこだわりを必要以上に持つよりも、ふたりで話し合いをしながら新しい生活習慣を作り上げていくということが重要になると思います。

 

 些細なことかもしれませんが、こうしたことをないがしろにして目をつぶったり(時には目をつぶることも必要ですが)、逆に相手の気になるところや欠点を責めるようなことばかりしていると、初めのうちはいいものの、やがてダムが決壊するかのごとくお互いの感情が爆発してしまい、ギスギスした夫婦関係になってしまう可能性もあります。

 

 お互いが我を押し通して歩み寄ることをせずに、60代、70代になっても毎日口ゲンカをしたり、同じ家に住んでいるのに全く会話をしない夫婦となってしまっては、自分たち夫婦が不幸なのは当然ですが、かわいい子どもにもよい影響を与えません。

 

 夫婦がよい関係を築いていくには、相手をどんどん褒めてあげることや、感謝の気持ちを口にすることが大切です。日本人はそのようなことを口に出すことが苦手だとよくいいますが、褒められたり感謝されたら誰だってうれしいものです。そういった相手が喜ぶことは、どんどんいってあげたほうがいいのです。

 

 何も難しいことなんてありません。ご飯が美味しかったら「すごく美味しかった。ありがとう」毎日遅くまで働いているご主人に「いつも遅くまでお疲れさま。家族のために働いてくれてありがとう」。そういった、日常での些細なことで構わないのです。そういった、小さな心遣いがお互いにできていれば、おじいちゃん、おばあちゃんになったときに「この人と一緒で本当によかった」と思える素敵な夫婦になれるのです。

 

 結婚というのは恋愛とは違い、好きなだけで続くものではありません。家庭というものは生活の場ですから、お互いの協力が必要なのです。

 

 結婚されている方も、まだ結婚されていない方も、このことを忘れないでいただきたいと思います。

 

 

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com