青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

人間の心を見る方法

 良好な人間関係を築いていこうとするとき「相手の心を見るようにしましょう」ということを、事あるごとに述べてきましたが、相談者の方から「心を見るとはどういうことですか?」という質問が多く寄せられました。

 

 たしかに、「心を見よう」と言葉にするのは簡単ですが、“心” という目には見えないものを見なければいけないわけですから、その方法が分からないというのは当然のことだなと気づきました。

 

 ではまず、“心” というものについて考えてみたいと思います。

 

 心とは何か、と問われれば、私は “考え方・人間性” と言えるのではないかと思います。心を “考え方・人間性” に言い換えると、かなり具体的にイメージが湧いてくるのではないでしょうか。

 

 心というのは人間の土台になるものです。心はそのまま言動に出ます。心が乱れていれば言動も乱れ、逆に心が整っていれば言動も乱れることはないわけです。

 

 では、その肝心要の心はどうやって磨いていけばいいのでしょうか。

 

 それは、見聞を広げることです。

 

 なぜ、見聞を広げることが心を磨くことに繋がるのでしょうか。それは、「心とは考え方」だからです。

 

 たくさんのことを見聞きし、さまざまな人の生き方、考え方を知ることにより、自分の選択肢というものが広がっていき、その中から最適な選択肢を選ぶことができるようになります。間違った言動をしてしまうのは、知識不足によるものであり、つまり、正しい知識を得ることで、正しい言動を選択 “できるようになる” のです。

 

 人生というものは、運命という大きな流れはありますが、一瞬一瞬、人間はいくつかの選択肢の中から自らの進む道を選びます。意識していようが無意識であろうが、選んでいるのは自分自身。自分の中にある知識、経験からそのときの自分にあった選択肢を選んでいるのです。正しい考え方を100としたとき、自分の考え方のレベルが30であればそれに見合った選択をし、90であればもっとよい選択をすることができます。

 

 この世は因果の法則で成り立っていますから、すべて自己責任の世界だと言えます。一瞬一瞬を自分で選択しているのですから、ほかの誰でもなく自分の人生の責任は自分自身にあるのです。どんなに自分のことを案じてくれる親や兄弟、友人がいたとしても、彼らが代わりに人生を生きてくれるわけではありません。人生を生きていくのは、ほかでもない自分自身しかいないのです。

 

 さて、心というのは考え方だということが分かりました。そして、心を磨くには見聞を広げなければいけないということも分かりました。では、ここでのテーマである “心を見る” とはどういうことなのか。目に見えない心を見るとは、一体何を見ればよいのでしょうか。

 

 私たちは心を目で見ることはできませんが、心から生まれるものは目で見ることができます。そうです、先ほど述べましたように人の “言動” です。言動を見ることで、その人の心を見ることができます。

 

 心(考え方)によって、その人がとる言動というものは違ってきます。ひとりひとり心が違うために、ひとりひとりの言動も違うのです。同じような言動をする人というのは、心が似ているということです。だから、一緒にいて居心地がいいと感じるのです。

 

 ただ、「相手の言動を見ることで心が分かります」とは言いましたが、すべての人が相手の心を見られるようになるわけではありません。相手の心を見られるようになるためには、自分自身の心を磨くことが先決なのです。

 

 自分の心が磨かれていれば、相手の心が曇っているか、磨かれているかがすぐに分かります。なぜなら、相手を理解する能力が高くなるので、相手の立場に立って物事を考えることができるからです。

 

 逆に、自分の心が曇っていれば、相手の心を正しく見ることはできなくなります。きれいに磨かれた心を持つ人のことを信じられなかったり、逆に心が曇っている人を信じてしまったりしてしまいます。なぜなら、幅広い判断力や知識がないために井の中の蛙となってしまい、自分を過大評価して天狗になってしまうからです。

 

 あなたが心の目で見ているこの世界は、あなたの心が映し出しているあなただけの世界です。自分の心が晴れ渡っていれば、この世界も晴れ渡って見えるでしょう。逆に、自分の心が曇っていれば、この世界も曇って見えるでしょう。

 

 心を磨くことに終わりはありません。この世を旅立つその瞬間まで、自分の魂が光り輝くように心を磨き続ける努力を重ねていきましょう。

 

 

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

【発売即重版! 木村藤子の最新刊】

神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方
 

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com