青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

現実の不幸は過去の自分の罪によるもの 

 人生を生きていると、納得できない理不尽な出来事に遭遇したり、やりきれない気持ちになることがあると思います。

 

 そういった理不尽な出来事に遭遇すると、

 

「なんで私だけ……何も悪いことをしていないのに、なぜ神様はこんな仕打ちをするの? ひどい……」

 

 と思ってしまうこともあるでしょう。心が弱くなっているときというのは、何かのせいにしたくなるのが人間なのかもしれません。

 

 生きている間に自分の身に起きることは、過去(過去世も含む)の自分の所業によって引き起こされています。よい行いをすれば幸せ(よいカルマ)が訪れ、悪い行いをすれば不幸(悪いカルマ)が訪れます。

 

 人生の中で身に振りかかるあらゆる不幸について、「今の不幸は、あなたの過去の行いによって引き起こされたものです」というのは、当人にとってはとても苦しく、受け入れがたいものだと思います。過去世の記憶などないのですから、そう思ってしまって当然かもしれません。

 

 しかし、今、自分がこうしてこの世に存在しているということは、必ず過去において罪(悪行)を犯しているからなのです。罪を犯しているから、輪廻転生から抜け出すことができないのです。それは、この私も同じこと。過去世において罪を犯したからこそ、その償いとして神様の仕事をしているのです。

 

 隣の芝生はよく見えるというように他人は幸せそうに見えますが、それぞれがそれぞれに葛藤を抱きながら生きています。「自分だけ……」ということは決してありませんし、神様は無意味な不幸を、神様の子どもである私たち人間に与えることはありません。すべて、自らの行いによるものなのです。

 

 ですから、「私は何も悪いことはしていない!」というのは、気づいていないだけ。もちろん、普通、前世の自分の罪は分かりませんから、「悪いことはしていない」と思ってしまうのはしょうがないのですが、「現実の不幸は過去の自分の罪によるもの」ということが分かっていれば、やることはただひとつ。今の自分の性格の欠点に気づき、直すことです。それが、過去の罪を償うたったひとつの方法なのです。

 

 不幸というのは、いうなれば幸せになるためのヒント、そしてきっかけです。そこで気づいて直すことができるか、ただ打ちひしがれるだけで前に進まず、卑屈になってしまうのか。

 

 あなたなら、どちらの道を選択しますか? 選ぶべき道は、当然分かっているはずです。

 

 あとは勇気を持って一歩踏み出すかどうか。それによって、今後の人生は大きく変わっていくでしょう。

 

 

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

 【発売即重版! 木村藤子の最新刊】

神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方
 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com