青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

苦しみには知識で立ち向かう

 人生は修行の場ーーー。これまで何度となく、お伝えしてきた言葉です。

 

 私は透視能力者としてこの世を生き、仕事を続けていますが、特殊な能力を持っているというだけで、なんの苦労もなく人生を過ごしてきたかのように誤解されることもしばしばあります。神は人を救うために私を使っただけで、私の利益のためにこの能力を授けたわけではありません。

 

 私もひとりの人間、神ではありません。これまでの人生で死んでしまおうと思ったこともありましたし、この数十年、仕事は頑張ってきましたが、何度も辞めようと思ったこともあります。

 

 根も葉もない誹謗中傷に意気消沈したこともありますが、私がこの仕事をしてきてよかったと思うのは、全国の多くの相談者と相まみえることで、世の中の “現実” を知ることができたということです。“神と人間” の間に立って仕事をすることで、さまざまな人の生き方、考え方、心を知ることができたのです。

 

 私たち人間は完璧ではないからこそ、この世に存在し、過去世から背負ってきたカルマの通りに人生を送っています。つまり、何度も何度も目の前に壁が現れる、その連続が人生なのです。

 

 さらに言えば、人生というのは一瞬一瞬が選択の連続ですから、その選択を間違ってしまえば(物の考え方が間違っていれば)、やがて未来において悪い結果が起こってしまいます。まさに、人生は修行の場だと言えます。しかも、誰かから与えられる試練ではなく、自己責任による試練なのです。自らの選択、考え方によって未来は決まるので、未来の良し悪しというものは今の自分の選択によるのです。

 

 そして、その一瞬一瞬の選択を間違わないためには、知識を得ることです。世の中のことを知っていれば知っているだけ、正しい判断力で正しい選択をできるようになります。

 

 拙著やテレビでも何度も何度も「知識を得なさい」とお伝えしてきましたから、「もうわかったよ!」と思ってしまう方もいるかもしれません。でも、「気づき」ということに関しても、私は20年以上ずっと言い続けてきて、やっとどうにかその意味が理解されるようになりました。

 

 知識が大切なのはお分かりいただけているかと思いますが、なぜ大切なのか、知識がどのように気づきに作用するのかというところまで理解することが大切だと思います。だからこそ、こうして何度も何度も知識のことをお話ししています。

 

 人生の苦しみに立ち向かうには知識が必要になります。知識を持って苦難に立ち向かい、自分の愚かさに気づき、直す。これを続けていくことは非常に大変なことですが、だからこそ修行であり、そこから得るものは輝かしい人生を自分の周りの人達と生きていくために欠かせないものです。

 

 苦難に立ち向かうことで幸せを手にすることができるのですから、苦しみは幸せになるチャンスだといえます。魂を成長させるチャンス、カルマを消し去るチャンスなのです。つまり、苦しみというのはその先に幸せが待っているというサインなのです。

 

 もちろん、人間は強い生き物ではありませんから、常に苦しみに打ち勝つということは難しいと思います。時には打ちひしがれてしまうこともあるでしょう。しかし、それでも前向きにいけるかどうか。ここが肝心なのです。苦しみがあれば幸せもある。些細な幸せに気づくことができるか、自分は不幸な人間だと諦めてしまうか、この考え方の違いは人生において大きな格差を生んでしまいます。

 

 明るく前向きな人でも、必ず悩みはありますし苦しみはあります。それでも、明るく生きていこうと思っているからこそ、周りから見ると幸せに見えるのです。つまり幸せになるだけの考え方、努力をしているということなのです。

 

 この世は因果の法則で成り立っています。つまり、何もせずに幸せになることは難しいのです。幸せになったのは、それまで自分がしてきた行いが善だったからなのです。過去から今までの行いが実を結んだということです。

 

 一見、厳しいように聞こえますが、善をすれば幸せになる。悪をすれば不幸になる。ただ、それだけのことです。しかし、人間は未熟だからこそ、時には悪行をしてしまい、それが未来において不幸として返ってくるのです。

 

 また、人間はひとりだけで生きていくわけではなく、人と人との複雑なつながりの中で生きていますから、善をしていても、時には不幸がやってきてしまうこともあるでしょう。しかし、それは極々当たり前のことですから、悩んでいても仕方がなく、その事実をまず受け止めたうえで、善をすれば幸せになる、という信念のもとに日々の努力をしていくのです。

 

 人を恨むのではなく、不幸を恨むのではなく、自らを反省する姿勢を持ち続け、努力すれば魂を成長させることができます。やがてお役目を終え、あの世へ帰るときまで、この生き方を貫いていただきたいと願っています。

 

 

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

 【発売即重版! 木村藤子の最新刊】

神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方
 

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com