青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

自分を助けてくれる人はいますか

 どんな人から何を学ぶかによって、未来は変わってきます。気づかぬうちに “悪意” を学んでしまえば、気づかぬうちに悪いカルマを増やしてしまうことになります。悪意というのはなかなか気づかない場合も多く、知らぬ間にお互いに悪意を学んでいる場合もあります。人間は悪意をも心地よいと思ってしまいますから、意識して自制しなければ、悪意の快楽に流されてしまうことだってあるのです。

 

「自分を助けてくれる人」は、あなたの周りにいるでしょうか。悩んだときには悩みを聞いてくれ、困ったときには手を差し伸べてくれ、何かと自分のことを気にかけてくれる人です。

 

 自我は自分にとって本当に大切な人は誰か? という判断を鈍らせてしまいます。忠告をしてくれるのは、自分のことを本気で思ってくれているからなのですが、それに気づかないこともあります。助けてくれるのも、悩みを聞いてくれるのも、相手のことを本当に大切に思っているからです。だから、無条件で手を差し伸べてくれるのです。

 

 ふたりの関係性が近いか遠いかは関係ありません。数年に一度くらいしか会わない人でも、いざというときに助けてくれる人もいますし、いつも近くで見守ってくれている人もいます。

 

 また、感情的な自分の好き嫌いも関係なく、単純に助けてくれる人、助言してくれる人を探しましょう。

 

 このような人がもしもいるのなら、一生大事にしていくべきでしょう。そのような慈しみの心を持った人からは、穏やかさ、強さを学ぶことができます。そして、相手がしてくれたように自分も人にしてあげることで、よい循環が始まるのです。

 

 人から手が差し伸べられたら反発せずに素直に話を聞き、助けてもらうのも大切なことです。意固地になって自分だけで頑張ろうとすると、内に内に気持ちが向いてしまうので、せっかくの助言に気づくことができません。自分が落ち込んでいるときに、「大丈夫、大丈夫。なんとかなるよ!」と励まされると、「私の気も知らないで」と思ってしまうこともあるかもしれませんが、相手の善意は素直に受け取ることです。

 

 ときどき、頑なに人の手助けを受けない方がおられますが、実にもったいないことだと思います。人の好意はありがたく受け、感謝をする。この間には一切、悪いカルマが入り込む余地がないので、よい循環が回るのです。

 

 

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

 

【発売即重版! 木村藤子の最新刊】

神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方
 

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com