青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

意志なくして、気づきはない

 何十年とこの仕事をしておりますので、数え切れないほどの人間の喜怒哀楽を直視してまいりました。

 

 気づき、自分の考え方を変えること(性格を直すこと)で、それまでの不幸な人生を変えた人。

 

 気づくことができず、自分を変えることができず、これまでと同じ道を歩み続けてしまう人。

 

 気づけても、なかなか自分を変えられずに苦悩し続ける人。

 

 さまざまな人の人生を視ていると、多くの問題は自分の欠点に気づいてどんどん直し、人間関係を良好にすることで解決することがわかります。

 

 物事は考え方を変えることで見方が変わるので、幸福を感じるような考え方をして人とつき合っていくことで、人生は変わるのです。

 

「人生を変える」というと、宝くじを当てるとか、サラリーマンから一転、会社を起こすとか、そのように大きなことを想像してしまいますが、人生を変えるというのは “考え方を変える” こととイコールなのです。

 

 ある男性(30代)の相談者のお話をご紹介します。

 

 彼の相談は「転職」についてでした。

 

 これまで20社以上の会社を転々とし、また転職を考えているのだが、どんな仕事がいいか? ということでした。

 

 彼の場合、仕事を辞める理由がとても短絡的で、感情的なものでした。会社で上司に怒られるとか、顧客からクレームを受けたりするとか、何かストレスがかかることがあると、途端にやる気を失ってしまうのです。

 

「なんで俺みたいに能力のある人間がこんなことをやらされるんだ」

 

「やればできるんだ」

 

 根拠のない自信に毒されていた彼は、周囲ともろくにコミュニケーションをとらず、仕事がうまくいかないことをすべて他人のせいにしていました。ですから、何か会社であると「こんな会社はダメだ」と考え、簡単に転職をしてしまっていたのです。

 

 これでは、何度、転職しても同じなのです。どんな会社に就職したとしても、このような考え方ではすぐに辞めてしまいます。そんな自分を直さない限り、ずっと同じことを繰り返すわけです。会社は利益を求めるために働く場所ですから、このように転職してばかりいる人というのは、そのうち採用してくれる会社もなくなってしまうのです。

 

 現に彼は、就職先がまったく決まらずに困っていました。これまでの転職は何かの目的があってしていたわけではないので、ビジネスマンとしてのキャリアの積み重ねが何もないのです。これでは、書類審査の段階で落とされてしまいます。

 

 彼には今の自分のままでは転職してもまた会社を辞めてしまうということ、そうならないために根拠のないプライドを捨て、一から学ばせてもらうという意気込みで仕事をすること、そのためには、やると決める強い意志が必要なことを伝えました。

 

 彼が望んでいた回答は「自分の能力を遺憾なく発揮できる会社はどこか」ですから、私の言葉に彼はキョトンとするばかりでした。彼のような反応は決して珍しくはなく、ごく日常的な光景です。皆さん、求めている回答と私の回答があまりにも違うために、驚いてしまうのです。

 

 気づけるか気づけないか、まずはここでひとつの壁があります。悩みを解決する方法を知りたくて来ているのに、その方法が自分が納得できない内容だと心を閉ざしてしまうのです。

 

 こうした人は “寝ぼけたスピリッツ” の人で、魂が覚醒していないために、気づくことすらできません。自分が気づいていないことに気づいていない状態です。

 

 彼も結局、透視から得た解決法を受け入れることができず、そのまま帰っていきました。

 

 その2年後、再び彼が戻ってきます。やはり前と同じような理由で転職をしてしまったのだそうです。「ひとつの会社で腰をすえて働きたい」という気持ちとは裏腹に、因果の法則で動く現実の世界は、当然ですが彼の思うようにはなりませんでした。

 

 2年の間に同じ失敗を繰り返した彼は、今回は決意をしていたようです。

 

 幸せになるための方法それ自体は難しいものではありません。いちばんやっかいなのは自分自身との戦いなのです。何かと理由をつけてこれまでの自分を守ろうとする “自分” を抑え、考え方を変えて行動するのは容易なことではありません。それに立ち向かう武器は、自分の “意志” の強さしかないのです。

 

 周囲ににバックアップしてくれる人がいたとしても、最後に踏ん張るのは自分自身です。誰かが代わりにやってくれるわけではないのです。

 

 彼はその後も、何度か転職を繰り返してしまいましたが、今では社内でのコミュニケーションもうまくいくようになり、安定した中で働くことができています。

 

 何事もそうですが、意志がないことを人間はすることができません。日常のすべてのことに対して、何かの意志を持って私たちは行動しているからです。食べることも寝ることも、「栄養を摂る」「身体を休める」という意志があるからこそしているのです。

 

 それと同じように、自分の欠点を直すということには意志が必要になります。この意志を無視して、「何か楽な方法で幸福になれる方法はないのか?」と考えてしまいそうですが、人間は意志で動いている以上、そのような方法はないのです。

 

 人間というのはどんなに自分では冷静だと思っていても、ついつい楽な方法を考えがちです。

 

「こんなうまい話があるわけない」と思っていながら詐欺にあってしまうのが人間という生き物の欲の深さです。そうした人間が持つ弱さは、意志によってのみコントロールできるのです。

 

 意志なくして、気づきはないともいえます。能動的な意志があるからこそ気づき、直す努力をすることができるのです。

 

 

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

 【発売即重版! 木村藤子の最新刊】

神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方
 

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com