青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

子孝行をしていれば親孝行される 

 世の中にはさまざまな親がいるもので、驚いてしまうのですが、「子どもなんだから親孝行しなさい」などと強要する親までいます。

 

 家族というのは特別な存在です。世界中で唯一、血がつながっている人間同士ですし、同じようなカルマを背負って生まれてきているので、運命共同体ともいえるでしょう。

 

 子どもにしてみれば、親は唯一絶対。生まれる前から愛情をかけて世話をしてくれ、ご飯を食べさせてもらい、いろいろなことを学ばせてくれ、大人に育ててもらいます。子どもにとって親とは何者にも代えがたい唯一の存在です。

 

 しかし、家族といえどもひとりの人間です。子どもはもちろん両親がいなければ存在しないわけですが、だからといって「親孝行してもらって当たり前」などといった考えを持つのはいかがなものかと思います。

 

 親孝行というものは、望んでされるものではありません。親孝行の裏にある子どもが持つ感情は何かと言えば、それは「愛」です。親への愛があるからこそ、望んで世話をしてあげたいと思うのです。

 

 子どもとの関係に限らず、人に何かしてもらうことを望んでしまうと、得てしてよい結果を生みません。なぜなら、それは自分の意思の範疇を超えたものを動かそうとすることなので、結果的に摩擦が起きてしまうのです。

 

 たとえば、いつも時間に遅れて来る友人がいたとします。あなたはいい加減腹が立ってしまって、口に出したとしましょう。それでも相手は遅刻してきます。何度言っても効果はなく、ついにケンカ別れしてしまいました。

 

 もちろん、時間に遅れて来ることはよいことではありませんが、だからといって相手を変えようとしても、それは思い通りにいかないことが多いのです。自分の思い通りにいかないとき、私たちの心はどうなるでしょうか? あの感情がむくむくっと湧き上がってきて、イライラし始めます。はなから無理なことをやろうとして、ひとりで腹を立ててしまっている状態です。

 

 こういう場合は、相手をどうするか? ではなく、自分がどうやって対応するか? を考えなければいけないのです。相手が遅れて来る人なのであれば、自分も少し遅れて行くとか、そういう人とわかっているのですから、どこかで時間を潰していればいいわけです。わかっていることに対して腹を立てても仕方がありません。そんな自分を直すことが、自分の生きやすさに変わっていきます。相手を変えようとすることは、自分の生きやすさには直結しないのです。

 

 これは、子育てでも同じです。子どもに何かを望むのは無意味なことです。親は無条件の愛で支えてあげなければいけないのです。それが子育てというもの。親が子どもから何か与えてほしいと思ってしまうのは、心が未熟で、身体ばかり大人で内面は子どものままだからなんですね。知識を身につけようともしてこなかったので、「親孝行しなさい」などと、理屈に会わないことを平気で言ってしまうのです。

 

 家というのは閉じられたボックスのようなもので、外の世界(社会)からは隔離された完全なるプライベートの世界です。社会で非常識なことが家の中ではまかり通っているので、ともすれば非常識を非常識と知らないまま、社会で生きることにもなるわけです。家の常識は社会の非常識である場合が多くあるのです。

 

 ですから、親自身が積極的に正しい知識を学んで、家の中の非常識を常識にしていかないといけないのです。

 

 子どもに「親孝行をしろ」と半ば強制し、子どもがいろいろやってあげたとしましょう。しかし、子どもの気持ちはどうでしょうか。「お父さん、お母さん、ありがとう。感謝しているよ」という気持ちでしょうか? 親から感謝し、奉仕することを強制されて、そんな気持ちでいられるでしょうか?

 

 また、こうした非常識を親からされると、今度は自分の子どもに同じことをしてしまうようになるでしょう。そして、閉じられたボックスである家の中では、こうした非常識が代々、連鎖して受け継がれていってしまうのです。

 

 親が正しい知識で子育てをし、愛情をかけていれば、自分では望まなくとも子どもは親孝行をしたいと思うものです。親孝行とは親にお金を使うことでも、親の望むことをするといった表面的なことではなく、親に感謝することです。

 

 どんな人間関係でも、「感謝してもらいたい」などという驕った考えを持っていては、その関係性の間に絆が生まれることはないでしょう。

 

 

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

【発売即重版! 木村藤子の最新刊】

神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方
 

 

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com