青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

臨機応変な対応を心がける

 一人の人間が成長する過程では、さまざまなステージが用意されています。それは、仲間意識を共有するための楽しい時間だったり、孤独な中で戦う学びの時間だったり、また家族や親しい人たちと過ごす穏やかな時間だったり。そういった周囲の人たちと密度の濃い時間を過ごしながら、たくさんの学びを繰り返すことで、人は自らを高め、成長させていくものだと考えています。

 

 若い頃は、大人たちに分からないような言葉を使いあったり、自分たちだけが理解できる方法で仲間意識を高めたりした経験があるかもしれません。ただ、そういったことが誰とでも、どんな時でも通用するのか? といえば、答えは「否」。

 

 どんなに仲のいい友人同士であっても、時と場所を考えず、常にくだけた態度で接していいと思うのは、非常に自分勝手な解釈でしかありません。

 

 例を挙げるならば、多くの人が行き交う街中で大声ではしゃいだり、相手の都合も考えずに深夜に電話をしたり。現在お付き合いしている方に、前に付き合っていた人とのエピソードを話してしまうなど。些細な話に聞こえるかもしれませんが、こういったTPOを無視した言動は、知らず知らずに他人を傷つけ、せっかく素敵な人間関係を築けるはずの相手を、遠のかせる結果にもなってしまうのです。

 

「友人として誇らしい」

 

「とてもお世話になっている大切な人」

 

 お互いに苦労や困ることがあっても、話し合え、心を支え合える人たちは、自分にとって何にも代え難い大切な存在です。そんな大切な人たちを尊重する気持ちや、信頼を込めたひと言を常に心がけるだけで、周囲の人たちはあなたのことを気配りのできる「有難い人」だと認識し、一目置いてくれるに違いありません。

 

「ノリ」がよく明るく楽しい人、親身になって話を聞いてくれる優しい人、他人を立てて喜ばせてくれる聡明な人。同じ相手に対しても、時と場所を考え、接し方を少し変えるだけで、相手の感じ方や人間関係は劇的に変わってきます。

 

 ご縁のある人だからといって、どんなに仲が良くても何をしても何を言ってもいいわけではありません。相手の立場を考え、その時々で対応の仕方を変えることの大切さを知ること。それをちゃんと理解してお付き合いをしていかないと、縁は浅いままで終わってしまうこともあるのです。

 

 人間関係はTPOで変化する___。

 

 大切な人たちとより深いご縁を結ぶために、臨機応変な対応を心がけてください。

 

 

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

まぐまぐ で登録できます。

  

まぐまぐ

www.mag2.com

 

 【発売即重版! 木村藤子の最新刊】

神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方
 

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com