青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

異性間では、より一層の思いやりが大切

 仲のいい恋人同士や夫婦でも、お互いの付き合いが長くなってくると、それぞれが異性であるということをつい忘れがちになります。普段、他人の前では絶対にしないようなことを平気でするようになったり、相手を気遣うことを忘れて乱暴な言葉で責め立ててみたり。血縁関係のある相手とは少し違った縁を築いているからこそ、異性の間柄では、より一層の思いやりが大切であることを知っておいてください。

 

 離婚した方々が、「元の鞘に収まるにはどうしたらいいのか?」と神殿にやって来る例は決して珍しくありません。

 

 男性の場合は、浮気によって離婚したものの一人になってみて家族のありがたみが身にしみたから、ギャンブルで妻子に苦労をかけたが心を入れ替えたから、どうしても子供に会いたくて寂しいから、などという理由が目立ちます。

 

 また女性の場合は、外で働いてみて初めて、夫がいかに家族を大事にしてくれていたかが分かったから、姑とうまくいかず離婚したが亡くなったと聞いたから、さらには不倫相手と再婚するために離婚したが、うまくいかなくなって別れてしまったから、など……。

 

 離婚の理由はさまざまですが、いつも思うのは、なぜ離婚する前に来てくれなかったのか? ということ。相談者の方を救うことができなかった虚しさが込み上げてくる出来事でもあるのです。

 

 今の時代、離婚は簡単なものと考える風潮が強くなっていますが、実際に経験してみると、思った以上に犠牲の多い、辛いものであることが実感できるでしょう。子供に影響が出るのはもちろんのことですが、双方の両親や兄弟たち、そして身近な友人にも多大な影響を及ぼすのが現実です。離婚してしまえば全てが終わりというワケにはいかず、憎しみ合いが続き、ふと冷静になった時に後悔したところで、すべて後の祭りとなってしまうのが離婚の実情なのです。

 

 こういった相談者を透視してみると、ゴミも洗濯物もゴチャゴチャになった部屋を片付けられない、整理ができない女性が数多くいるように思います。また、娘を甘やかして育ててきた両親が自分の娘の話だけを丸呑みにして義理の息子を責め立て、夫婦ゲンカをより深刻なものにしている状況も多々あります。男性の場合は、女性の心理が理解できず頭ごなしに命令する人や、母親との緊密な関係が原因でマザーコンプレックスに陥っている人など。いずれも血縁者を交えた複雑な人間関係が悪いカルマとなって現れた結果とはいえ、独りよがりが招いた事態といえるでしょう。

 

 相手の前で何の恥じらいもなく、ゲップやおならをするような関係になってしまうこと。実はそれだけでも、異性間の縁は擦り切れてしまう危険性を孕んでいます。深い縁を持つ同性や血縁者では何のことはない行為も、異性だからこそ気をつけなければならないこともあるのです。「親しき仲にも礼儀あり」。異性間でこそ、この言葉の真の大切さが問われてくるのではないでしょうか。

 

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

まぐまぐ で登録できます。

 

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

【発売即重版! 木村藤子の最新刊】

神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方
 

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com