青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

自分の表情の基本を笑顔に設定する 

 笑う門には福来る__。

 

 ご存じの通り、悲しいことや苦しいことがあっても、希望を失わずにいれば幸せがやって来るという意味の諺です。

 

 近年では、心理的な意味のみならず、肉体的にも笑いは免疫力を高めるということが発見されました。笑っている時間が多い人のほうが、そうでない人より癌が大きくなるのが遅いという研究結果もあるとか。

 

 同じ一時間を過ごすなら、泣いて過ごすより、笑って過ごした方が、精神的にも肉体的にも「いい」ということが実証されたわけです。

 

 もちろん、悲しいことがあったときに無理して笑いなさいと言っているわけではありません。

 

 時には思い切り悲しんだり、大声で泣いたり、気の置けない友達に愚痴を言う時間も大切です。

 

 「泣く」ことは「笑う」のと同様、心のそこにたまっている澱を外に出してくれる効果がありますから、泣いてすっきり、という時間も大切にした方がいいに越したことはありません。

 

 時々次のような極端な教育をする相談者に出会い、驚き、呆然とすることがあります。「自分の娘が登校拒否」という相談で訪れた夫婦の話です。「何があってもニコニコ笑っていれば良いと親が教えた。『女は愛嬌』」と言うのです。

 

 人は誰しも、楽しいことばかりして生きていけるわけではありません。かくいう私も、相談者と向かい合い、神様と対話する時間にはニコニコと笑ってばかりはいられません。どうしても気づけない相談者には、厳しい顔で接しなければならないこともしばしばです。

 

 ですが、自分の表情の基本を「笑顔」に設定する、というのはとても意味のあることです。

 

 いつも怒ったような顔をしている人には、やっぱり話しかけずらいもの。仏頂面をしていると、それだけで縁は逃げていってしまいます。

 

 笑顔は笑顔を運んできますし、笑顔が運んでくるのは、大抵いい話です。

 

 イライラすることが多い人ほど、意識して、自分の表情のスタンダードを笑顔にしてみてください。

 

 

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

まぐまぐ で登録できます。

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

  【発売即重版! 木村藤子の最新刊】

神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方
 

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com