青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

ものごとを自分と関連づけて考える習慣をつける

 自分の間違い、非を認めるのはなかなか難しい……。プライドの高い人ならなおさらです。

 

 けれども、その苦い経験から人としてあるべき姿を見出してこそ、魂は磨かれます。

 

 そのように、欠点、不足に気づいて直せば、長所が活かされるようになって、そこで本当の幸せの道を得られるのです。

 

 自分の長所や才能におごることなく、改めて自分自身で磨きをかけてこそ、人は輝きを放つからです。

 

 そのためには、何事も他人事とせず、「自分に関係があること」として捉える姿勢が大事だということです。

 

 他人の痛みや悲しみも自分のこととして捉えられれば、たとえ噂話を耳にしたとしても、「私には関係ないから」と軽々しく無視することはできないでしょう。

 

 相談者の中にも、例えば嫁姑問題や親の介護問題など、人が困っている話を聞いても、「関係ない」とそこから何も学ぼうとしない人がいます。

 

 しかし、いつそのような問題が自分の身にふりかかるかもしれず、他人の体験を知識として得ておかなければ、いざという時にどうしていいかわからず混乱するだけで、ましてや自己責任として対処などできないでしょう。

 

 明日はわが身、なんでも自分のこととして捉える、というと、不幸な事故や事件を見聞きすると怖くてとても自分のこととして捉えられない、という方もいるかもしれません。

 

 例えば、「親が誤ってわが子を車でひいてしまった」という不幸な事故をニュースなどで知ることもあります。

 

 子供を持つ親なら、誰もが少なからず衝撃を受けるでしょう。

 

 しかし、そこで心が動く、ショックを受けるということは、まさに自分と関係しているからです。関係しているからこそ、心が動く。100%絶対に自分に起こり得ないことではないからです。

 

 ですので、事実は事実として直視し、「もし自分だったら……」と置き換えて考えてみる。そうすれば、「どのような注意が足りなかったのか」「事故を防ぐために心がけておくべきことは」といった知識となって心の倉庫にしまっておくことができ、もしもという時、その知識から得た注意力が危険を回避することになります。

 

 そのように、ものごとを自分と関連づけて考える習慣をつけると、理解力や判断力が養われて、相手がいわんとすることや問題の原因や対処法についても正しい理解、判断ができるようになります。

 

 反対に、自分と関連づけられない人はすべて他人事で、自分の欠点に気づかないばかりか、相手が何をいわんとしているかも理解できないことになります。

 

 ここに相談に来られる方でも、神から透視という形で問題の原点を見せていただくので、いくらこちらが「詳しい説明はいりませんから」とお伝えしても、長々と自分のことを話し始める人がいます。

 

 そこで、こちらが不要な長話を制すると、「私の話を聞いてくれない」「早く終わらせていっぱい相談料を取りたいからだろう」などと後日電話で食ってかかる始末……。

 

 例えば、相談内容が「結婚できるかどうかを知りたい」というある男性に対して神から教えていただいた通り、次のような助言をお伝えするとします。

 

 「あなたは外見はいいけれど、日頃から頻繁に風俗通いをしていて借金もたくさん抱えている。家庭の中では自分の思い通りにならないと、暴力をふるうクセがあって……。だから、今のままではもし結婚したとしても、すぐに離婚するでしょう」

 

 この相談結果をお伝えするのに、どれほど多くの時間が必要でしょうか?

 

 それでも、本人は、「いやいや、でも私は……」といって必死でいい訳をしようとし、話を続けようとします。

 

 自分の意見をいう時も、必ず「最後まで」人の話を聞いてから。それが、人と人の正しい会話の姿だと思います。

 

 それを一方的に自分の話を聞いてほしいというのは、自己満足以外何ものでもないでしょう。

 

 そもそも、私はカウンセラーではないので、相手の話を聞くのが仕事ではありません。

 

 相談内容について透視によって神からの回答や助言をお伝えするのが仕事です。

 

 申し込みの時点で相談内容はお聞きしているので、細々した話は必要ないのです。

 

 透視力がない霊能者は詳しく聞かないと答えられないために、「聞きたい。聞かなければ何もわからない!!」のです。そこに「しゃべりすぎる相談者」がなんでもかんでもしゃべりまくると「聞きたい霊能者」の格好の相手となるのです。このことにしても、自分には「関係ない」ではすまされないのではないかと思います。

 

 カウンセラーのように自分の話を聞いてくれない、感情を受けとめてもらっていない、というのは筋違いな話なのですが、いくらそれを説明しても、自分とは関係ないと思い込んでいる人には残念ながら通じません。それは、昔から拝み屋といわれる人間が知識もないまま、まるで神のごとくに自分の考えを述べるカウンセラーの役目もしていたために、相談者がそれを期待するがゆえのことでもあるのです。

 

 たとえ宗教に関することであっても、新しい時代状況の中で自分と関連づけて考えること__これが自分を理解し、相手を理解するための第一歩です。

 

 

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

まぐまぐ で登録できます。

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

  【発売即重版! 木村藤子の最新刊】

神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方
 

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com