青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

誰にでもその人にとって輝ける場所がある

 誰にでもその人にとって輝ける場所があります。

 

 それは何も人から注目されたり、評価を得られることとは直接関係ありません。

 

 例えば、専業主婦の方が、毎日一所懸命に食事をつくったり、家事をこなすことも、家族のためにその人の才能、長所を活かすことになります。

 

 自分なりの工夫や努力を重ねながら、その役割をしっかりと果たしていく。

 

 それによって家族の身体や心の健康維持に大いに役に立ち、円満な家庭を築くうえでなくてはならない存在になる。それがその場で花を咲かせる、個性を輝かせるということです。

 

 今、主婦をされている方が、独身の頃に飲食店でアルバイトをしたり、料理教室に通っていたとしたら、それまでは自分が輝くための準備期間だったともいえるわけです。

 

 過去に得てきた知識、経験があるからこそ、自分の才能や長所を家庭というステージで思う存分発揮できるわけですから。

 

 一方で、昔と違って現在は夫の両親と同居するケースも少なくなっている分、自分の欠点、不足に気づきにくい、直しにくい面もあるかもしれません。

 

 嫁姑関係はトラブルを起こしやすい反面、ある意味、そこで気づいて直すチャンスでもあるからです。

 

 家族や親族間のトラブルを回避するうえで大事なのは、やはり同じように、相手のことを同じカルマ・運命があるからこそ出会った人、あわせ鏡として見られるかどうか、です。

 

 「明日はわが身」

 

 「許すこと 人それぞれに わけがある 時の違いの憎しみかな」

 

 と、相手を許せる心を養うのです。

 

 その心がまえがあれば、多少嫌な目にあったとしても、それをバネにすることができるでしょう。

 

 そのように、まず自分自身が変わること。そうすれば、家族や周囲の人たちの接し方や態度も変わり始めます。

 

 魂の縁が深い人ほど、相手の欠点と同時によさにも気づきやすく、心の中では応援したいという気持ちを持っている場合が多いからです。

 

 人が心から応援したくなるのは、相手の中に人としてあるべき姿が感じられた時です。

 

 だからこそ、他人を変えようとするのではなくて、あなた自身の心を養う、困難な状況の中でも弱い自分に打ち克つように一所懸命努力を続けることが大切なのです。

 

 もちろん、神仏はあなたのそのけなげな姿を見守っているでしょう。

 

 そうすれば、やがてあわせ鏡である周囲の人たちも心を動かされ、あなたのことを一目置き、あなたの隠れた才能や長所に気づかせてくれたり、そっと手を差し伸べてくれるなど、心から応援してくれるようになるでしょう。

 

 置かれた場所で輝くことは、目立つか目立たないかに関係なく、与えられたところで頑張ることにより、人のお役に立っているということで、それが自分の幸せでもあるはずです。

 

 そのように、よくよく心を養い、磨くことによって、あなたにとっての輝ける場、人生の新たなステージが与えられるのです。

 

 ささやかに、決して目立たなくてもよい、ただ自分自身の心を明るく、自信を持って日々前向きに過ごせるなら、心が輝きに満つるはずです。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】    20190208135532

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

まぐまぐ で登録できます。

 まぐまぐ

www.mag2.com

 

 【発売即重版! 木村藤子の最新刊】

神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方
 

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com