青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

トイレ掃除と、ご縁

 私の神殿に三十代の女性が「一緒に住んでいる彼の心が離れているような気がして仕方がないんです。浮気かもしれません」と相談にいらしたときに見えたもの。それは、まったく掃除も整理もされていない埃だらけのお家でした。彼氏らしき人は、そんな汚い家に帰るのがイヤで、仕事が早く終わっても一人、漫画喫茶などで時間をつぶしているのです。私は「浮気なんかじゃありません。あなたは彼がお家を掃除しても見ているだけで全然自分は綺麗にしようとしていません。あなたも掃除や整理を心がけて、居心地のいい空間を作れば、離れかけている心も戻ってくると思いますよ」と言いました。

 

 すると最初は相談者も、自分も仕事があって忙しいけれど、出来る限り頑張っているなどと言い訳していましたが、「じゃ、あなた、最後にトイレ掃除をしたのはいつですか?」と聞くと、ただ黙ってしまいました。そしてポツリと、「そういえば、いつだったでしょう。私、トイレの掃除も出来ないほど忙しいわけじゃないのに……」と呟いたのです。

 

 「よく気がつかれましたね。あなたは、毎日忙しい忙しいと言って、彼氏と一緒に住んでいる家を快適なものにしようという心を無くしていたんじゃないかしら。そしてその余裕のなさは相手を思いやる気持ちの薄さに繋がって、彼の気持ちを遠ざけているんだと思うわよ」と伝えたということがありました。

 

 トイレ掃除をすると、いい縁が舞い込む、という話を聞いたことがありませんか。

 

 トイレ掃除と、ご縁。

 

 関係があるとはとても思えない二つを結びつけるものは、なんでしょうか。

 

 それは、一日五分でいいから、ついつい後回しにしてしまうようなことに時間を使う余裕があれば、何でも物事がスムーズに運ぶし、物事がスムーズに運べば、いつも安らかでゆったりした心持ちでいられる。ゆったりした心持ちで毎日を過ごせば、人にも優しくできる。人に優しくできれば、黙っていてもいいご縁が舞い込む、ということなのだろうと思います。

 

 他人を家に呼ばない限り、どんなにトイレが汚れていても咎められることはありません。ですが、家のトイレがとても汚かったら、外ではどんなに綺麗な洋服を着て、ばっちり化粧をしていても、男性はなんだかがっかりした気持ちになってしまうと思いませんか。

 

 一番プライベートな空間を大事に出来ない人は、一番身近にいる人のこともなおざりにするのではないか、と他人は心のどこかに危険信号をともすのです。

 

 掃除が苦手でも、毎日五分でいいから手をつける。掃除機をかけながら、ぞうきんでトイレを磨きながら、その時間、頭の中で一日の整理をすれば、おのずと生活に余裕が生まれますし、休日にゴミためのようになった家中を掃除してクタクタになることもないでしょう。

 

 休日に一人家で掃除をしていても、ご縁は歩いてきてくれません。貴重なお休みをそんなことに使ってしまうのは本当にもったいないことです。

 

 一日五分の掃除タイムで綺麗なお部屋と、その部屋で楽しい時間を一緒に過ごす人を手にいれましょう。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】    20190208135532

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

まぐまぐ で登録できます。

  

まぐまぐ

www.mag2.com

 

【発売即重版! 木村藤子の最新刊】

神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方
 

 

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com