青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

夫婦間の加害者対被害者意識

 夫婦間の手綱さばきは、相手に対する心遣いや感謝の心によって、適度に引いたり押したりできる心のゆとりがあってこそ、上手にできるもの。

 

 本来であれば、魂のシナリオにそって出会った相手だからこそ、その思いは生活を共にすることでお互いにいっそう深まっていくはず……そう思っている人もいるかもしれません。

 

 ところが、結婚をしたからといって、ハッピーな関係や幸福な時期が長く続くとは限らないのが、共通のカルマを持つもの同士の関係です。

 

 お互いに、相手との関係を通して魂の課題をこなさないといけないのですから、よほど自分の至らなさに気づいて直していかないと、課題をこなすどころか、へたをすると足の引っ張り合いになって、また同じ失敗をくり返すことになりかねません。

 

 相手を尊重し、感謝する心を養わないと、相手の欠点ばかりあげつらい、相手が変わらない限り自分の非を認めない、という被害者意識に陥ってしまうケースも珍しくありません。

 

 「夫に、妻に、非がある」「私はこんなに一所懸命やっているのに……それをわかってくれない相手が悪い」という加害者対被害者意識。こうなっては、夫婦関係はズタズタになってしまうのですが、実際にそのようなケースが実に多いのです。

 

 なかには、「主人が若い頃から浮気ばかりして、さんざん苦しめられた」「可愛い女になれといわれても、悪いのは夫だから夫が謝らない限り絶対に許せない」、叫ぶようにそう訴える女性もいます。

 

 もちろん、浮気をくり返すのは悪いし、それがその人のカルマでもあるわけです。

 

 しかし、一方的に苦しめられたと被害者意識に浸る前に、自分にも落ち度がなかったか冷静に考え直してみる必要があります。

 

 鑑定にいらっしゃった50代のご夫婦の例です。

 

 相談内容は、ご主人の浮気が理由で離婚をしたいけれど離婚ができないとのことでした。

 

 透視をすると、奥さんの方はとても気性が激しい性格で、ご主人が浮気をする前から、何か気に障ることがあると激しくご主人を攻撃的に攻め立て、夫に対する不平・不満、愚痴を周囲の人にまでいいふらす姿が見えます。

 

 ご主人がそのことを知らなかったとしても、心では感じていたはず。

 

 「女遊びをするご主人も悪いけれど、なぜご主人があなたから逃げたか? そのご主人の心も考えてみて。

 

 あなたは子供を味方につけて、ご主人の悪口をそれこそ笛三味線太鼓のようにあげつらい、一つのことを100にまで広げて、相手の親きょうだいに対してまで話してはいけないことまで話すことは、あなたが苦しむ問題の原点なのです」

 

 彼女は黙って聞いていました。私は続けていいました。

 

 「もう一つ。感謝が足りない。あなたは憎しみだけでご主人を批難するだけ。でも笛三味線太鼓のように親きょうだい、子供にまで悪口を吹き込まれたご主人は、どんな顔で家に帰り、どんな気持ちで子供の学校行事に出ていたか……。それを考えてみたことはある?

 

 あなたがご主人のしたことを次から次に曝露したい気持ちもわかるけれど、自分の父親の罪を母親から曝露された子供が父親に対して尊敬する気持ちはなくなると思うの。

 

 子供たちはやがて自立して、結婚して家庭を持つでしょう。あなたが離婚をしたなら、ご自分の性格をも考慮する必要があります。お嫁さんともうまくいかないし、残るのは一人ぼっちで完全に孤独なあなたの姿が見えます。結局、あなたは自分の首をしめることになりますよ。

 

 それより、よく考えてみて。ご主人が離婚しないというなら、すべきではないです」

 

 この女性は、自分の考えや行動がどんな結果を生むか、過去・現在・未来をひとつながりで考えられないがゆえの知識不足で、そのため一歩間違うと自分の未来の寂しさまで計算できなかったのです。

 

 「女遊びは確かに悪いし、許せなかったでしょう。しかし、今まで離婚しないと頑張っていい続けたご主人の収入によって生活もできていた。なのに。自分の許せない分だけご主人に対する憎しみが大きく比重を占め、我だけを押し通そうとしてきた。

 

 それは、あなたご自身が、あなたに正しい知識を教えられない親のお腹に入り、その親元に生まれてきたからです。あなたの親が悪いというより、その親もまた自分の親に教えてもらえなかったから……。

 

 でも、それもまたあなたの魂の欠点ゆえの苦しみであり、今のご主人と出会ったのも、あなたの心の修行、魂の洗浄のためなのです。

 

 少し難しい表現かもしれませんが、時間をかけてご主人のいいところも思い出して考えてみたらいかがですか?」

 

 そういうと、まるで未知のことを耳にしたように、彼女は私の目から目を背けることなく、黙って聞き入っている姿がとても印象的でした。

 

 「もしあなた方が離婚をしたら、二人ともはたして大喜びの人生と捉えて、悔いを残さないでしょうか? これまで激しい衝突をくり返しながらも、離婚をしなかった。二人とも頑張ったんです。今、この年歳になり、ここを乗り越えていけば、あなた方の新しい孫の顔を時々見ることができます。わかりますね?」

 

 すでにお孫さんが一人いて、「すごく可愛いです」とお二人。

 

 しかし、奥さんは頷きながらも、「でも私はこんなに……」と涙ながらにご主人に理想を裏切られたというので、さらに説明を加えました。

 

 「ちょっと待ってください。あなたはいつも自分は、自分は、の考えで生きてきたでしょうけれど、相手にも理想があったんですよ。相手の感情や理想を無視していてはダメ。

 

 今、この歳になって、ご主人に『ありがとう』っていえるでしょ?

 

 なぜなら、二人で孫の顔を見られるから。寂しがり屋のあなたは、息子さんのお嫁さんとも合わず、年老いて一人になって暮らしていけないでしょう。一か月から半年はなんとかなっても、ずっと独りきりで暮らすのは大変なこと。

 

 ここに来るまで迷っていたのは離婚したくない心がある証拠でもあるわけで、よく考えてみてください」

 

 しかし、引くことができるか否か……。心残りな方でした。

 

 次は、同じような問題を抱えていたあるご夫婦の例です。

 

 職業は、夫は弁護士、妻は医師です。

 

 奥様は、「夫は10本の指では足りないほど女遊びをしてきた。親の財産まで使って、どんなにたくさんお金をつぎ込んだかもわからない。絶対に許せないし、もう顔も見たくない」と訴えました。

 

 しかし、そういいながらも離婚には至らず、マンション内で家庭内別居の状態でした。

 

 私は奥様に対して、「あなたにも落ち度はあった」「この困難な状況を乗り越えるのが二人にとっての心の修行ですよ」という話をしても、理解してもらえませんでした。

 

 一方のご主人の方は、心の修行、魂の洗浄という言葉が心に響いたようで、私がいわんとすることをよく理解してくれました。

 

 その後、奥様が子宮がんになって手術をすることになり、再びご主人が相談に来られました。

 

 ご主人は涙ながらに、「妻は助かりますか?」と尋ねます。

 

 「大丈夫です。手術をして、抗がん剤の投与になるでしょうが、助かります。がんは全部摘出できるから安心して」

 

 そう伝えたところ、男泣きに泣きながら帰って行きました。

 

 それから、ご主人は仕事を人に任せ、熱心に奥さんの介護を続け、食事も手作りのものを差し入れたり、面会時間が許す限り、ずっと奥さんのベッドの傍らで付き添っていたといいます。

 

 退院後も、仕事を始めた妻の送り迎えをし、どんなに帰りが遅くなっても起きて待っているそうで、ご主人はそれまでの自らの罪を懺悔するようにそれはそれは努力をし続けたのです。

 

 奥様は、「離婚しなくて本当によかった」といいました。

 

 「先生のことは大好きで信じていたけれど、あの時ばかりはいくら先生にいわれても、この夫ほど許せない男はいないと思って、それだけは信じきれなかった。

 

 でも、離婚しなくてよかったです。主人は今でもよく『お前には本当に苦労をかけたな。子供にも迷惑をかけて』といってくれます」と。

 

 奥様も、自分なりに苦しみ続けたと思います。

 

 奥様はどんなことがあっても、子供たちの前では決してご主人の悪口をいわず、彼女なりに必死の思いで家庭を守ろうとしたのです。

 

 その妻の忍耐をも見つめながら、自分の非を知りつつも自分自身どうしようもできなかった、ストレスのためだったといい、気づいた今こそ心を入れ替えて努力をし続けたご主人。

 

 どんなに辛い状況でも我慢し続けた奥様。そして、子宮がんという病気に遭遇し、それを二人で乗り越えたことによって両者が健康を取り戻し、心までも救われたわけです。

 

 そのように、夫婦がそれぞれに困難な状況を乗り越え、心の修行を続けたからこそ、新たなシナリオが書き加えられて、幸せな余生へと前進できるのです。

 

 

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

フーミー もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com