青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

誰にでも訪れる死という現実

 愛する家族、自分にとって大切な人や家族同様のペットが亡くなった時のショック、その辛さや心の痛手は、経験のある方ならよく理解できるでしょう。

 

 たとえ、それが運命のシナリオだったとしても、愛するものの死という目の前の現実に対して、「受け入れられない」「認めたくない」という思い……。

 

 しかも、それがあまりにも急で、予想だにしなかった形で訪れた場合、亡くなった人との関係が深ければ深いほど、精神バランスを崩してしまうほどのダメージを受けることもあります。

 

 しかし、誰にでも訪れる死という現実は、周囲の人たちにとっていかに悲惨に見えたとしても、亡くなった本人や動物にとっては、やはり運命のシナリオというほかありません。

 

 それが非業の死だったとしても、そのシナリオを定めてきたのがその人自身(魂)であるならば、たとえ肉親であったとしてもそれを受け入れなければならないのです。

 

 「できることなら自分が身代わりになりたい」と思えるほど自分にとってかけがえのない相手であっても、その道を辿らなくてはいけないのは本人であり、運命のシナリオは一人ひとり違います。

 

 ですから、もしあなたの大切な人が非業の死を遂げたとしても、あなたにはあなにしか生きられない道のりがあるのです。

 

 愛する人の死という現実に直面したとしても、それを受け入れて、心のどん底の状態から立ち上がるためには、どうしても希望を見出すための知識が必要で、一つの知識が思わぬ力を貸してくれることも多いはずです。

 

 そこで、人としてあるべき姿をさまざまな知識によって見出すことができれば、愛する人の魂が喜びをともなうような新たな人生のシナリオが書き加えられて、二人の来世へと引き継がれていくことでしょう。

 

 その意味において、この世でどれだけ長く生きたかより、人生の中で成すべきことを成したか、人として何を学んだかが大事です。

 

 そして、運命にシナリオにそって、お互いの魂の成長のために約束して出会った魂たちが、親子や夫婦、きょうだいであり、親しい友人や恩人、職場の仲間などです。

 

 そのように、縁の深い魂同士がこの世において引き合い、お互いのカルマ・運命がさまざまに交差する中で、否応なしの出会いと別れをくり返していく__それが人生という魂のシナリオです。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】    20190208135532

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

フーミー

foomii.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com