青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

魂の価値観が違う者同士の結婚はNG

 どうしても願いがかなわない理由として、そちらの方向に進むと本人にとって不幸な出来事が起きてしまうので、相談者に対して神仏がそれを止めてくださる場合もあります。

 

 テレビドラマの再現シーンなどを見ていると善悪がわかるように、神仏から見るとはるか上から地上の私たちを見下ろしている感覚で、こうなればこうなるという過去・現在・未来が見通せるので、進もうとしている方向が違うと「待った!」をかけてくれるのです。

 

 例えば、よくあるケースが結婚相手を選ぶ場合です。

 

 「この人と結婚をしたいのですが……」

 

 「神は、二人の考え方が合わないことと、相手の方は女性関係が多く、そのために添い遂げられず別れますので、やめるべきと言っています」

 

 「でも、とても良い人だし、経済的にも安定していて絶対幸せになれるはずなので、どうしても結婚したいのです」

 

 「まだ二人は互いに良い部分だけ見せ合い、互いの欠点に気づいていません」等々……。

 

 このような会話をどれだけくり返してきたかわかりませんが、神はちゃんとそこまで見通したうえで伝えてくれます。

 

 もちろん、理由は、女遊びに限らず、価値観が大きく違っていたり、双方の気質や性格上の問題、縁が薄かったりとさまざまではあるにせよ、本人にとって不幸になることがはっきりしているからであり、「相談者の上辺だけの見方と神々が見る本音の部分」の違いでもあるようです。

 

 とりわけ、「魂の価値観が違う者同士の結婚」は、そのズレが次第に露わになり、家庭内別居や離婚に至るケースも少なくありません。たとえ離婚に至らなくても、恨み辛みばかり溜まって、お互いに心の成長とはほど遠いドロ沼状態に陥ってしまうのです。

 

 根本的な魂レベルの価値観が違うと、最初は気にならなくても、掃除の仕方、料理の味付けから子供の躾、親類とのつきあい等々の違いまで我慢できなくなり、一緒に生活する年月が永くなればなるほど嫌気がさしてきて、お互いに不平・不満が溜まり、その悪影響が子供や周囲の人まで及んでしまう……。そのような不幸な夫婦、家庭を数多く見てきました。

 

 価値観の違いを無視して、見た目や条件だけで結婚を望む人があまりにも多いのには驚かされますが、魂の価値観が違えば、心が求めるものが根本的に違うので、やがては心と心が離ればなれになるのも無理のないことなのですが__。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】    20190208135532

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

フーミー

foomii.com

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com