青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

自分の心を育てるとともに他人の心も育てる

 人には皆、長所と短所があります。

 

 いいところだけの人はいませんし、悪いところしかない人もいません。

 

 よく「赤ちゃんは天使だ」と生まれたての子供には長所しかないような言い方をする人がいますが、赤ちゃんがどんなに真っさらな存在だとしても、輪廻転生の結果、人間としてこの世に生を受けたからには、長所だけを携えて生まれてくることはあり得ません。長所と短所、どちらの「種」も持っているのです。前世の行いの結果、この世に生まれるとき、誰もがしっかりと持ってくる「種」のことをカルマといいます。「カルマ」というと悪いことだけを指すように誤解しがちですが、「善いカルマ」も当然あるのです。つまり「カルマ」とは一人ひとりの運命をも左右する「心の中にある種」のことなのです。

 

 ですから、誰しもが持って生まれるカルマの「善・悪」に早く「気づいて」、悪いカルマならば、その行いを正しく直し、善いカルマなら、そのカルマを生涯そのまま持続できるようにすることが大切です。

 

 赤ちゃんを授かれば、両親は果たして自分たちが「親として正しい子育てをできるのか?」と悩むこともあるかもしれませんが、最初から完璧な子育てができる人などいないでしょう。親自身も、自分のカルマについて正しい判断をするための勉強の途中なのです。ですから両親も「親だから偉い」という態度をとるのではなくて、人生の先輩として、謙虚な心で可愛い我が子の持つ善いカルマをのばせるよう指導することが重要です。

 

 我が子の持つカルマの善悪を判断するためには、知識や教養が必要です。どんなときでも、読書や人との交流によって、新しいものの考え方や学ぶ姿勢を忘れずにいたいものです。

 

 両親が早く気づいて子供のカルマを良い方向へ導くことができれば、性格は自然と変わっていきます。歩む人生によって、その人が本来持っている素晴らしい長所が消えてしまうこともありますし、幼少時代に悲惨な環境にいて、親をはじめ周りにいた大人たちに善悪の区別をちゃんと教えてもらえなかったような人でも、その後の人生で知り合った人々によって素晴らしい人格に育てられることもあります。

 

 幸せを呼び寄せる種は、自分の心の中にあるにもかかわらず、自分の力だけでは育たず、周囲の人々の働きかけによって大きく成長の幅が変わるのです。ですから、あなたが無人島でたった一人で生きているのでない限り、生きているだけで自分自身の心の種を育てるとともに、他人の心も育てているということを忘れないでください。

 

 私の拝殿を訪れた相談者の方の中に、一緒に住んでいるお嫁さんの性格がいかに陰気臭いかを何十分もお話しされた方がいました。嫁の性格がこんなに暗いのは、何か霊の仕業に違いないからお祓いしてほしいとおっしゃる。しかし、お話を聞いていると、そのご本人がお嫁さんに非常に厳しくなさっていて、こんなに厳しいお姑さんではどんなに忍耐強い人でも反発したくなってしまうのでは、と思うほどなのです。実際に透視してみても、お嫁さんに悪い霊が憑いているということはなく、視えたのはお姑さんの心ない言葉に傷つき、心を頑なにしているお嫁さんの姿でした。

 

 人の欠点が自分に悪影響を及ぼしたとき、その欠点をあげつらって憎んでも、問題は一つも解決されないままです。

 

 私が拝殿を訪れる相談者の方々によく申し上げるのは、なぜその人があなたに対してそこまで欠点を見せつける結果になったかをよく考えてください、ということです。あなたがまず相手に対して自分の長所を十分に生かし、優しく接することができたのなら、その温かさに相手の心もだんだんと解けていくものだとお話しします。

 

 これが、自分の心を育てるとともに他人の心も育てるということです。

 

 親子関係で考えると、よりよく分かっていただけるかもしれません。親が子供のことを理解しようと努力し、愛情を精一杯注げば、子供はたとえ悪事に手を出しかけても、自分を心から心配してくれる親の存在を心の中に感じて踏み止まれる。人を思いやる心は波及し、自分を助けるとともに、他人の人生も良い方向に導きます。嘘をつかないことや、素直な心、正義感なども同じです。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】    20190208135532

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

フーミー

foomii.com

 

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com