青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

親を選んだのはあなた

 魂から見たら、似た部分が多いカルマ、課題を持つもの同士が親となり子供となって、この世で縁を結びます。

 

 仮に、知識不足と思われる親のもとに生まれてきたとしたら、それはその子供の魂が選ぶべき理由があってその親を選んで誕生に至ったわけです。

 

 ですから、同じような苦しみや喜びを親子が共有することも多々あるのです。

 

 生まれたばかりの鳥は、目の前にある声を出して動くものを親だと思って、それにつき従うといいますが、人間の赤ちゃんも同じように、親の影響を知らず知らずのうちに受け、子供の心の奥底に親の心がしみ込んでいくからです。

 

 以前、ある相談者から、自分の母親からこんな教えを受けてきたという話を聞いて、仰天したことがありました。

 

 「人前ではいい顔をしておいて、相手が後ろを向いたら舌を出して『アッカンベー』をすればいい。そんなふうに、人生、ずる賢く生きなさい」とか、「腹では相手の不幸を願っていても、笑顔で話を聞けばよい人と思われるから、そうしなさい」などなど。

 

 その話を聞いた時、私は驚き、とてもショックを受けて、その言葉が頭から離れませんでした。

 

 このような親に育てられた子供は、その運命のシナリオをこれから自分の手でどのように新たに書き換えることができるのでしょうか。

 

 書き換えられる方法は、正しい知識をしっかりと身につけていくこと__それに尽きると思います。

 

 親の教えは、はたして人として正しかったのか?

 

 親の無知があったのならば、自分にどのような影響が及んでいるのか?

 

 すなわち、「自分自身がどのように変わるか」が最も大事なことであり、それがひいては親の罪、カルマをこれ以上重ねないことにつながります。

 

 もし、あなたが、「こんな親のもとに生まれてきたのが間違いだった」と思っているとしたら、その愚かな親を責めたり、いくら嘆いてみても、あなたの魂が清まるわけでは決してありません。

 

 その親を選んだのは、あなた自身です。

 

 魂が引き合ったからこそ、その無知な親元に生まれてきたのです。

 

 今、あなたが成すべきことは、新たな知識を得て、正しい理解力と判断力を身につける中で、親の文化の誤りをしっかりと見極めながら、人としてあるべき姿、道を見出し、あなたなりの文化を新たにつくりあげていくことです。

 

 それが、その親を選んできたあなたの魂の課題でもあるのです。

 

 そして、あなたの文化、生き方が、一般常識に照らしてさらに間違いのないものになるよう、自分の欠点、不足に気づいて直し、あなたの才能や長所を人のために活かしていくことです。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】 

20200106112658

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

・note ・foomii ・まぐまぐ のいずれかで登録できます。

  

note

note.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

フーミー

foomii.com