青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

不幸の正体

 拝殿を訪れる方の中に、「今の不幸は、ご先祖様の霊が悪さをしているからだと思うので何とかしてほしい」とおっしゃる方がいらっしゃいます。そういう方は、中途半端な知識から、そのような考えをお持ちになってしまったのだと思います。しかし自分の孫や子孫にわざわざ災いを与えてやろうと思う霊などは、何度も申し上げているように、よっぽどの恨みや心残りをこの世に残してしまった方以外にはまずあり得ません。

 

 誰もがいつかはこの世を去りますが、その後、自分の子孫が同じように「先祖の災いで悪いことが起っている」などと考えたとしたら、どんなに無念なことでしょう。「自らの不注意」や「気づいていない」ことが原因で起こってしまう出来事を、「霊障」すなわち、他人のせいだと思うのは容易いことです。しかし、いつも自分の気づけなさから目を背けていては、悪いカルマを減らすことなど出来ません。

 

 そういう方は透視についての誤解があったり、透視や霊障についてしっかりと理解できていないがために、長々と自分の不幸について一から話そうとなさいます。ですから拝殿にいらっしゃる方はいつも、「聞きたいことの要点をまとめておしゃってください」と申し上げてきました。私は透視能力で、視えたことを相談者の方にお伝えします。

 

 神はすべてをご覧になっていますから、私自身が相談者のお話を事細かにお聞きする必要はありません。透視でお伝えすることは、私の考えや判断ではなく神の判断です。相談者が自分では気づけなかったことや、それまで知らなかったこともあるわけです。

 

 ゆっくりと話を聞いてもらいたい、また相手からのアドバイスをもらいたいという方は、私のところよりもスピリチュアル・カウンセラーと呼ばれている職業の方のところへお行きになったほうが良いと考えています。有能なカウンセラーであれば、しっかりと対処してくださるでしょう。きっと前述の方のようなお悩みには、じっくりお話を聞いてくださるカウンセラーの方にご相談する方が良くなる可能性が高いのではないでしょうか? 何か一点悩みがあるというよりは、毎日の暮らしのそこかしこに、ご自分が「気づけない」ための不満や「気づけない」がための苦しみを自ら引き寄せていることが多いものです。

 

 不幸というのは、状態を指す言葉であって、それは自分でどういう努力をしようとも、その状態から脱却できない場合にしか使ってはいけない言葉なのではないかと思います。

 

 この世の中は、心の修行の場であることを忘れてはいけません。

 

 拝殿にいらっしゃる方々は、「気づき」によっていくらでもご自分がその状態から脱却できるときにでも、平気で「不幸」という言葉をお使いになります。そしてたいていの場合は、「不幸だ不幸だ」とおっしゃるばかりで、その自分の辛い気持ちを一から吐き出すことに懸命になり、その不幸から脱出するために私のところを訪れられたということを忘れてしまうようです。

 

 「やっと助けてくださる方にお会いすることができた。さぁ、お祓いをして、私の不幸を取り払ってください」と言わんばかりにすがる方がいらっしゃいますが、神が視せてくださった、その方が不幸だと思っていることの原因を伝え「気づかせる」のが私の仕事です。

 

 ですが、自分の心の中に息づいてきた「我」が先立ち、素直になれずになかなか「気づけない」方も多く、「修行」つまりカルマからの脱出が簡単にいかない様子を見ることになります。

 

 自分が不幸だと感じてしまう人にとって「不幸」とは大きな山のようで、摑みどころのないとてつもなく強大なモンスターのように思えるのでしょう。

 

 しかし不幸の正体は、そんなものではありません。小さなさまざまなフラストレーションが固まって、不満同士がくっつき、小さな体を大きく見せているだけなのです。でも、一度不幸という概念にとり憑かれてしまうと、その正体を冷静に判断する力さえ失われて、悪いカルマに絡め取られ、人は「不幸」という強大なモンスターから、決して自分の力では逃げられないと思うようになってしまいます。

 

 では、どうやったら不幸に立ち向かうことが出来るのでしょうか。

 

 その第一は、不幸を恐れないことです。絡まった糸のようになった不幸でも恐れずに、糸が絡まってしまったのには必ず原因があるはずですから、自分の不幸の源を今一度、しっかりと見つめる。そしてその不幸が、のっぺりとしたつなぎ目のない壁ではないということを確かめてください。自分が悩んでいることを分けて考え、そのつなぎ目をひとつでもほぐせたら、その根本原因である悪いカルマが顔をのぞかせるでしょう。その顔さえ見えれば、そこから新しい気づきが生まれます。

 

 「気づいた方」は、かならず次の言葉を満面の笑みでおっしゃいます。

 

 「なーんだ! こんなにも簡単なことだったのか。こんなにも幸せな気持ちになれることなのに……。今まで自分は何と愚かだったんでしょう」

 

 あなたの不幸を解きほぐして、言葉にしてみましょう。

 

 ゆっくり考えるうちに、きっと心が少しずつ軽くなってくるはずです。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】  20200106112658

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

フーミー

foomii.com