青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

人生には苦労がつきもの

 どんな人にも生きるうえでの苦しみや障害が訪れます。

 

 それは、裏返して見れば、カルマに気づくためのチャンスなのです。

 

 苦しみの中にこそ、本人が気づかなくてはいけないカルマの種が潜んでいるのです。

 

 苦しみとは、「自分の思い通りにならない困難な状況」であり、たとえ、苦しみから逃げても、カルマは影のようについてくるため、カルマという課題を克服、解消しないかぎり、その苦しみから逃れることはできません。

 

 悪しきカルマの種を取り除くためには、苦しみと向き合うところから始まります。

 

 ブッダ(お釈迦様)は、人生は「四苦八苦」であると説いています。

 

 四苦とは、「生きること」「老いること」「病いになること」「死ぬこと」。

 

 八苦とは、この「生老病死」に加えて、「愛別離苦」「怨憎会苦」「求不得苦」「五蘊盛苦」です。

 

 「愛別離苦」とは、愛する人と別れなくてはいけない苦しみ、「怨憎会苦」とは、恨み憎む人に出会ってしまう苦しみ、「求不得苦」とは、自分が求めてやまないものが得られない苦しみ、「五蘊盛苦」とは、心と身体から生じる五つ(色・受・想・行・識)の苦しみだそうです。

 

 これらは、人間である以上、避けられない苦しみであり、人生において多かれ少なかれ誰もが経験することです。

 

 たとえば、親子関係、恋人や夫婦の関係、嫁姑の関係、親類縁者との関係、上司や部下との関係、隣近所のつきあい、子育て、進学、就職、天職、結婚、離婚、経済的な問題、仕事のやりがい、趣味、老後の生きがい等々、人生のさまざまな場面での自分の思い通りにならないこと、そんな経験があなたにもあるのではないでしょうか?

 

 この苦しみから逃げたり、他人のせいにするのではなく、自分自身の問題として正面から受けとめることが、気づきの第一歩です。

 

 そこには、必ず、自分では気づいていない、心の不足、至らなさがあります。

 

 なぜ、ものごとがうまくいかないのか?

 

 いつも同じようなことで人とぶつかるのはなぜか?

 

 どうすれば、この苦しみを乗り越えられるのか?

 

 問題を克服するために、自分に欠けているものは何なのか?

 

 などについての正しい理解力や判断力を養うことです。

 

 このように、自分の未熟な心、愚かさを改めて、成長させていくことが、苦しみからの解放につながります。

 

 お釈迦様は、それを「八正道」という方法で示されました。

 

 八正道とは、人としての八つの正しい道で、私は次のように解釈しています。

 

 1、「正見」

 

 自己中心的な見方ではなく、正しい理解力、判断力に基づいた中立的なものの見方をすること

 

 2、「正思惟」

 

 自己中心的な考え方ではなく、正しい理解力、判断力に基づいた調和的な考え方をすること。

 

 3、「正語」

 

 見栄やプライドを捨て、嘘、いつわりのない、真心のこもった言葉で語ること。

 

 4、「正業」

 

 他人を欺いたり、「良い人」を演じるのではなく、常識や良識をわきまえた、人として正しい行いをすること。

 

 5、「正命」

 

 どのような職業であっても、他人様の役に立つような仕事に一生懸命に励むこと。

 

 6、「正精進

 

 今回の人生において、自分自身のスピリット(心・精神・魂)を成長させるために生涯自助努力を続け、悪しきカルマの種を来世に持ちこさないこと。

 

 7、「正念」

 

 感情に振り回されず、冷静になって、今の自分の心の状態に気づいて、不足を直していくこと。

 

 8、「正定」

 

 特別な難行や荒行ではなく、日々の生活の中で最も実践できる、正しい心の行(修行)を行うこと。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】 

20200106112658

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

・note ・foomii ・まぐまぐ のいずれかで登録できます。

  

note

note.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

フーミー

foomii.com