青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

不幸から幸せへと転じる道

 人生は、まるで瓢箪の形のように浮き沈みのカーブがあり、うまくいくときもそうでないときもあるものです。

 

 大事なのは、その瓢箪の形がくびれている時期、思うようにいかないときこそ、自分の心を省みることです。

 

 一、夫婦、親子、恋人や知人、職場の人間関係など、うまくいかない原因はどこにあるのか?

 

 一、家族のため、妻のため、夫のために……とがんばっているといいながら、心の底では相手にばかり要求したり、自分の悪いことは棚に上げて相手の欠点や責任だけを追求してはいないか?

 

 一、何か問題やトラブルが生じたとき、自分の態度や言動に問題はなかっただろうか?

 

 一、苦しいことやうまくいかないことを、周囲の人や社会のせいにしていないか?

 

 一、問題の原点は、相手ではなく、自分の我欲、心の不足、知識不足にあるのではないか?

 

 対人関係のトラブルが生じたときには、感情に任せて対立したり、平行線の状態のままやり過ごすのではなく、いったん立ち止まってまず自分の心を省みてください。

 

 そこで、知識・常識が足りなかった自分のいたらなさに気づいたならば、それを素直に改めることもできて、相手に感謝したり、相手の非も許せるようになるでしょう。

 

 それができるようになれば、夫婦も子供もみんな仲良く和して家族の絆が深まり、仕事も順調にいって幸せへと転じることができるのです。

 

 そのように、貧しい心(不足)から豊かな心(理解できる)へと成長することが、不幸から幸せへと転じる道です。

 

 いいかえると、あなたの貧しい心、気づけない心が不幸をつくりだし、あなたの豊かな心が幸せを招き入れるということです。

 

 世の中を見れば、人々の心の貧しさ、心の汚れがもたらす問題が毎日のように起きています。

 

 それでも、一人ひとりがその原因に気づいて、物事を過去・現在・未来というつながりの中で考えて、気づかなければいけないことに気づき、欠点を直せば、必ず人生は好転していくのです。

 

 日本人一人ひとりが今こそ心の復興、魂の復興を遂げなくてはならない時期に入ったと思います。

 

 そして、誰でも、欠点に気づいて直せば、どんなことも成長の種となり、共有すべきカルマの出会いの中で暮らす人達、または、接する人達、すなわち、共なる修行仲間である家族や恋人、友人、知人、職場の人達同士がともに心を磨き、和解し、高めあえる関係を築くことができます。

 

 20代、30代で気づけなかった人が、60代、70代になって気づき、「もう少し早く気づけばこんなことにはならなかったのに……」と後悔することがたくさんあります。

 

 それだけでも、その方々の魂が向上できたということなのです。あなた自身が、本人が気づいて欠点を直さないことには、形を変えた次なる修行が待っています。これでもか! これでもか! というがごとく、さまざまな形で苦しみが繰り返されるのです。

 

 そのように人間が欠点に気づいてくれないのを、神やご先祖は、見捨てることなく気長に見つめているのです。

 

 かつて、神が私を部下として使うために、あれほどこの道が嫌だと駄々をこねていた私をなだめ、励まし、守り、まるで幼児の手を握りしめるように、慈しみながら一歩一歩手を引いてここまで見守ってくれたように……。

 

 これは、私だけでなく、あなたを守っている神や仏も同じです。「気づいてほしい、早く、早く……」と、あなたの心を気長に見つめているのです。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】  20200106112658

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

・note ・foomii ・まぐまぐ のいずれかで登録できます。

  

note

note.com

  

まぐまぐ

www.mag2.com

 

フーミー

foomii.com