青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

幸・不幸は自分で変えられる

自分の欠点、不足に気づかないとどうなるのか、そして、人生のシナリオを新たに書き加えるには何が必要かについて、いくつか具体的な事例をあげながらみなさんによくお考えいただければと思います。

 

これまで、相談者の方々が来られるたびに、「あなたが気づかなければいけないことに気づいていないことがトラブルの原因になっています」「いつまでも気づかないままでいると幸せになれませんよ」などといい続けてきました。

 

それもこれも、トラブルや問題の原因を取り除かない限り不幸がやってきて、幸せへと向かうシナリオを描けないまま、来世にまでそのカルマを持ち越してしまうからです。

 

死んでから後悔してもどうしようもないのです。

 

なかでも困った相談事は、家庭内や対人関係などのトラブルの原因を、「先祖が浮かばれていないから」「先祖供養が足りないから」と思い込んだり、誰かにいわれたことを鵜呑みにしているケースで、かつてはそのような相談で私のところに来られる方がとても多かったのです。

 

そんな言葉を聞くにつけ、私は心の中でずっと違和感を持ち続け、実際に透視をする中で、「先祖のせいではない」「問題の原点はあなたの心にあることに気づいてください」と何度もくり返し説明してきました。

 

神が見せる光景や助言によって、問題を生じさせている原因が本人の欠点、不足によるものであることが明白であることに加えて、困難な状況をすべて先祖の行いや運・不運のせいにするのは、本人の責任逃れという罪。

 

要は、人生は自己責任という自覚がまったくない。「先祖が悪いから」「運がよくないから」「私は不幸だ」というように、自己責任の運命を神や天が勝手に定めた掟のように捉え、自分とは関係ないと捉えているからこそ、先祖や他人のせいにできるのでしょう。

 

ここで述べている運命、魂のシナリオとは決してそのような意味ではなく、あくまで自分の魂があらかじめ決めてきた人生の道のりを指すことはもうおわかりかと思います。

 

もし、その道のりが自分のあずかり知らないところで勝手に決められていると思っているとしたら、それは大きな間違いです。

 

それは運命ではなく、幸・不幸のことであって、幸・不幸は自分でいくらでも変えられるのです。

 

幸か不幸かは、あくまで自分自身の心がつくりだしていることから、心が変われば幸運を呼び寄せることも幸せを得ることもできます。

 

不幸は本人の知識不足、一般常識に欠けた言動をしたことによって、結果として不幸を招いているのです。

 

そこで知識を得て、自分の言動を一般常識に照らして改められれば、不幸の種は取り除かれます。それが、人生において新たなシナリオを書き加えられるという意味です。

 

いい換えれば、何らかのトラブルや問題が起きたり、困難な状況に遭遇した場合、そこには魂の課題があって、それをどう解くかが、本人に迫られているのです。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】  20200106112658

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

・note ・foomii ・まぐまぐ のいずれかで登録できます。

  

note

note.com

  

まぐまぐ

www.mag2.com

 

フーミー

foomii.com