青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

神に仕える仕事

神に仕える仕事は、それほど甘いものではありません。

 

我を誇示したり、私利私欲のために神言(かみごと)をしようとすると、必ずその罪が数倍になってわが身に返ってきます。

 

透視力に限らず、私のように神々に使われ、この世に来ている人は、職種は違っても全国に数多く存在するはずです。

 

その人たちは、さまざまな業種の仕事を与えられ、人々の役に立っています。

 

そのような方々は、果たして「そんな自分」に気づいているでしょうか?

 

そのような方々に出会った時、独特な威厳が感じられ、ドキッとすることさえあります。

 

それは本人が自覚している、していないに関わらず、この世において、世のため人のため、人々を救うために、命がけで取り組んでいるからではないかと思います。

 

神に使われ、無我夢中で走り続けてきたこれまでの私の人生をふり返ると、心ない悪評も、またたくさんの人に支えられてきたことへの感謝も人一倍多く、山あり谷ありの道のりに今も深く感謝する毎日です。

 

これまで30冊以上の著作を出させていただきましたが、正直、いろんな人たちの受け止め方や影響を鑑み、これまで事実をありのままに書くことに躊躇しすぎて、思うように原稿が進まなかったこともありました。

 

しかし、これからは、批判を恐れずに率直に文章に表わしていきたいと思っています。

 

それは、30年以上の年月を経て、

 

「神からのご利益(透視力)を授かった者の誰かが、神仏のことを正しく教え、昔からの連鎖となっているこの世の世界の迷信の誤解を解き、子孫に正しく伝達されるように導くことが大切なのではないか」

 

そう考えるようになったからです。

 

かつて、「神に代わって、自分が霊能力を授ける」とか「霊格を上げてやる」などと豪語していた人物がいましたが、決して人間にはそのようなことはできません。

 

もし、人が他の人にその能力を与えられるようなら、私も他の人に与えて普通の生活を送りたい。

 

親子の間ですら、その能力は伝えることができないがゆえに、昔から「神に仕える者は一代限り、二代は続かない」と言われるそうです。しかし、私は二代目となり、それに対する神への責任感は深いものがあります。

 

私が自分のこの透視能力をわが子に与えたくても、与えられないのです。

 

そんな私のもとに、「光が見えたから私にも神様のご利益がある」と言ってきた女性もいましたが、大きな勘違いです。

 

話を聞いてみると、結局のところお金儲けが目的でした。

 

利益目的では、トップの神のご利益は授かることができず、修行しても魔物が巣くってしまうこともあり、その人たちは、さまざまな苦しみの果て、数年でその道から離れざるを得なくなります。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】  20200106112658

 

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

・note ・foomii ・まぐまぐ のいずれかで登録できます。

  

note

note.com

 

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

フーミー

foomii.com