青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

「見えない世界」に潜む落とし穴

人生の荒波を決死の覚悟で乗り越えようと地道に努力されている方々がいる一方で、「先祖霊のやっていること」などといっては悩める人や信者から利益を得ている一部の宗教家もいます。

 

神がどんな気持ちで私達を見ているかなど考えることもなく、「自分自身が神である」と信じ込み、信者に対し、うわべだけの言葉の巧みさに自らが酔いしれる姿は、まことに見づらいものです。

 

こうした姿は、一部の根本的には心ができていない「見えない世界」に潜んでいる落とし穴を浮き彫りにしています。

 

私が相談者から、「怒った!」「当たらない!」、あげくは、ありもしない「金を多く取った」などといわれたりしながらも、この仕事を続けているのは私の心の中の「頑固であるが、任務をまっとうする」それのみを支えにしているからです。

 

透視能力がなければなくてもよいのです。それを正直に告げればいいのです。

 

経験者として、アドバイザーとして、正直であれば足元を照らしてあげられるのです。

 

「見えない世界」に携わる人達のすべてが、特殊な能力がないと務まらないわけではないはずです。

 

人それぞれに特徴、個性があるように、能力にも多種多様な能力があります。また、誰でも自分の得意な分野を通して心を磨き、人間性を高めることによって他人の役に立つことができるのです。

 

「見えない世界」に携わったり、人々の悩み相談に応じるお役目があるのなら、心のあり方の大切さについて伝え、正しい知識を持って教えればいいのです。

 

心のあり方をなおざりにしたままで、例えば、特定の教団の信者にならなければ救われないとか、特別な修行を続けていれば必ず幸せになれる、というのは間違った考え方です。

 

こうした考えは、神の心とは無縁のもので、あくまで、生きている人間の我欲に過ぎません。

 

しかし、そこに気づくか気づけないかは、その人次第。ですから、カルマを抱えて、この世に生まれた誰しもが必ず接するはずの苦労や悲しみなどを「いつ気づいて心を直すのか?」「どのように反省して直すのか?」を神はとても気長に私達の心の成長を見守ってくださっているのです。

 

少なくとも今日に至るまで、神は、私達自身が「見えない世界」の誤った知識に気づき、自らそれを改めるのを待ってくれていたことを痛感します。

 

自ら誤りに気づいて、それを改めることができてこそ、カルマを克服・解消できるのですから……。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】  20200106112658

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

・note ・foomii ・まぐまぐ のいずれかで登録できます。

  

note

note.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

フーミー

foomii.com