青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

カルマと連鎖の現れ方

同じきょうだいであっても、たとえばかたやお金持ちでうらやましがられるような存在なのに、かたやお金に縁遠いという違いが出ることもあります。

 

これは、“その人個人のカルマ” ゆえなのです。

 

もし、きょうだいといえども、相手の良いカルマを妬み、嫌がらせや困ることをすれば、そこに “新たなカルマ” が生じます。

 

そのカルマがその人の生涯のうち、現世で現れるか、来世で現れるかも、人それぞれ違ってきます。

 

ここでひとつ、拝殿での相談者とのお話をご紹介いたします。

 

ある日訪れた女性(以下、Aさん)の相談は、

 

「孫が学校でいじめにあって、登校拒否になってしまった」

 

といったものでした。

 

Aさんが言うには、貧しかったために娘(孫の母親)は大学には行かせられなかったけど、勉強ができる子で、高校生のときは家庭教師として中学生に勉強も教えるような、優秀な娘だったと言います。高卒ながら大手の企業に就職することもでき、結婚して子供も生まれたのですが、その生まれた子供が登校拒否になってしまったのです。

 

透視をしてみると、代々そこの家では負の連鎖が続いていました。

 

Aさんはプライドが高く、人並み以上になんでもできると信じ込み、娘(孫の母親)の教育も完璧で、自分よりすごい親はいないと思っていました。

 

そんな思いだったので、こともあろうに自分の娘の子供がいじめられ、登校拒否になるなんて納得がいかない様子でした。しかし、自分が気づかないところで、負の連鎖が起きていたのです。

 

Aさんは娘を育てるとき、苦労話や、自分が子供のとき親類縁者から悪く言われていたなどと、同情させるような話を娘にしては、“かわいそうな親、哀れな親を演じて” いました。

 

娘は小さいころから母親のそのような話ばかり聞かされるので、「お母さんは気の毒な人なんだ」という気持ちが子供ながらに芽生え、どんなに叱られても、どんなに叩かれても反抗ひとつしませんでした。

 

そのような、人を僻む心を持った母親のもとで育った娘がやがて就職し、結婚して子供が生まれると、負の連鎖が現れたのです。

 

その娘は子供が生まれると、自分の母親にされたように子供を育ててしまいました。

 

同情させるような話はしませんでしたが、

 

「お母さんは大学には行けなかったけど、頭は良かったんだよ。礼儀作法も完璧で人よりずば抜けていたし、周りからも評判だったんだよ」

 

と、子供に言い続け、外見は優しそうな顔をしていながら、家の中では子供に厳しい姿勢をとり続けていたことが見えました。

 

そういったことをかねがね見ていたご主人が、

 

「この子はいい子だから、そんなに怒ることはないじゃないか」

 

と言っても、

 

「あなたに何がわかる!」

 

と言って夫婦ゲンカになり、ご主人の親類の悪口まで言っていました。そうした悪口まで言う姿はまさに、Aさんと同じ姿でした(連鎖)。

 

そのような環境で育てられた子供は、小学校の高学年にもなると、周りの友達とうまくいかなくなっていました。「勉強さえやっていればいい」と言われ、友達とのつながりとか、協調性などは家の中で教えられなかったのです。

 

この子はそのうち、「自分がいちばんだ」と学校の中で豪語し始め、

 

「あんたなんか私よりできない」

 

と、同級生に面と向かって言うようになり、学校中で「嫌な人だ」という悪評が広まり、誰にも相手をされなくなってしまいました。勉強はできたため、有名市立中学に入学したものの、そうした性格は助長されていきますから、友達とはうまくいきませんでした。

 

こういう光景を神様から見せられた私は、身体がガクガクするくらい驚いてしまいました。

 

私は見たことを目の前のAさんに伝えましたが、彼女は、

 

「うちの孫はそんな孫じゃない。娘だって、アルバイトしても、そのお金を全部家に入れてくれるような娘です!」

 

と言って聞きません。困り果てた私は、

 

「娘さんとお孫さんを救ってあげたいから……」

 

と言っても、

 

「何を言ってもだめだね」と内心思ってしまいました。人の心に土足で踏み込むわけにもいきませんから……と心の中でつぶやいていました。

 

「ありもしないようなことを言う人間の話を、どう伝えればいいんですか!」

 

と、まったく受け入れてもらえず、私は言葉に詰まってしまいました。

 

持って生まれたカルマと連鎖が、Aさんと娘にも影響し、さらに孫にも影響していたということを、痛感します。いくら貧しくても、のびのび生きている人もいるのに、僻み根性が行き過ぎたその姿は、まるで連鎖とカルマのこの世の地獄を見た思いをしました。

 

数ヶ月後、Aさんの娘が、「母親と違う生き方をしたい、負の連鎖を断ち切って、娘のことも助けたい」と相談にやって来たので、

 

「あなたは今からでも娘さんと話し合えば大丈夫。あなたは “母親と違う生き方をしたい” と考え始め、カルマと連鎖に気づいたのだから、あなたは一歩一歩直していくことができます」

 

そう伝えました___。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】  20200106112658

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

・note ・foomii ・まぐまぐ のいずれかで登録できます。

  

note

note.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

フーミー

foomii.com