青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

死と向き合うために

「死と向き合うために」というテーマでお話ししたいと思います。 非常に重いテーマですが、人生において避けて通ることのできないとても重要なことです。

私たち生きとし生けるものはいつか死を迎えます。死を迎える時期や原因はさまざまですが、この世に生きるすべての生物は例外なく死ぬ運命を背負っています。生命にとって死は絶対ですから、いうなれば死は生の地続きであり、「特別な出来事ではない」のかもしれません。人によっては死を「この世の終わり」のように考えて極度に忌避することがありますが、そのように死を「絶対の不幸」や「究極の悲劇」として考えるのは本質を見誤っているといえます。なぜなら、死とは生に内包されたごく自然な、当たり前のものだからです。

しかし、そのように頭ではわかっていても、いざ死に直面したときに激しく取り乱してしまうのもまた人の常です。身近な人、愛する人、親しい人の死は、残された者の心にとても大きな穴を開けてしまうことがあります。特に配偶者や子供の死は衝撃が大きく、死別から何年経っても立ち直れないという方も珍しくはありません。仏教ではこれを「愛別離苦(あいべつりく)」といいまして、人生における最もつらいことのひとつに数えています。事実、私のところにそういった内容の相談で来る方も少なくはありません。

ですが、死の本質は最初に申し上げたように、私たち生命みなが背負っている宿命であり、「特別な不幸」でも「究極の悲劇」でもなく、生に寄り添って存在する、ごく当たり前のものであるはずです。なのに、なぜ、人は死を悲しさと結びつけてしまうのか、おわかりになるでしょうか?

それは、人が「現世しか認識していない」からです。

逆にいえば、〝死の本質〟を正しく理解して、〝生の本質〟を知ることができれば、人は死を自然のまま、ありのままに受け入れることができるようになるのです。どういうことか、ご説明いたします。

〝生〟 とは「今の人生がすべて」ではありません。

私たちの〝本質〟は肉体ではなく〝魂〟であり、何度も生まれ変わり死に変わりをしています。今の人生(=今生)以前には無限に近い前世があり、今生の先には、前世と同じく無限に近い来世があります。魂が背負ったカルマを解消するために〝輪廻転生〟をしている。これが〝生の本質〟なのです。
 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】  20200106112658

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

・note ・foomii ・まぐまぐ のいずれかで登録できます。

  

note

note.com

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

フーミー

foomii.com