青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

自分との対話

私たち人間は、決して完璧な存在ではありません。 人に嫌な思いをさせられることもありますが、私たち自身もまた、知らず知らずのうちに誰かを傷つけてしまったりしているものです。だからといって、「人間だから仕方のないことだ」と開き直ってしまっては、…

「運命」とは?(その2)

www.kimurafujiko.com 【「運命」とは?(その1)】の続きです そもそも人間とは、命が終わればそれで終わり、というわけではありません。その人の本体である魂は永遠に存在し続け、何度も何度も生まれ変わる、いわゆる輪廻転生をくり返す存在です。そして…

「運命」とは?(その1)

「私の運命を教えてください」 「運命の相手とは、いつ出会えますか?」 「夫と離婚するのは、私に定められた運命なのでしょうか?」 みなさんが透視能力者と会ったとき、まず真っ先に知りたいと思うのは、ご自分の「運命」のことではないでしょうか。 実際…

人に求めることは空虚である

人は人と人が関わることによって、この世に生を受けます。 全く別の環境に生まれ育ったふたりが出会い、恋をして、新たな家庭を作ります。そこから生まれた新たな命もいずれは巣立ち、人生の伴侶を見つけ、自分の家庭を築いていきます。親から子へ、子から孫…

72億通りの人生

私たち人間は、〝環境の動物〟だと言われています。もちろん、ひと口に環境といってもそれは人それぞれイメージのしがたいものですが、これを兄妹の関係には当てはめてみると、非常にわかりやすいものとなります。 一般的に、長女は不器用だけれど責任感が強…

人から妬まれてしまったら

私たちの生きるこの社会は、〝妬み〟や〝嫉み〟、〝僻み〟といった感情が渦巻く世界です。それはまるで空気のように、常に私たちの隣に存在しています。 また、残念なことに、私たち人間にはこの嫉妬というものをこの世の中から消しさる力は備わっていません…

人と自分を比べても不幸になるだけ

〝妬み〟とは、自分と他人を比較して、相手が自分にないものを持っていたりですとか、自分にはできないことを相手が成功させたときに感じる羨望から生まれます。その「羨ましい……」という小さな火種が、己の劣等感や不公平感によって増幅されてしまい、嫉妬…

人生を破滅に導く〝妬み〟②

www.kimurafujiko.com ↑の記事、『人間の弱さの象徴 。人生を破滅に導く〝妬み〟①』続きです 俗に、「男の嫉妬は、女の嫉妬の100倍怖い」などと言いますが(女性の陰湿な嫉妬も怖いですが……笑)、それには男女の本質的な差があるためです。 女性は、他人との…

人生を破滅に導く〝妬み〟①

〝妬み〟——。 これは、地球上に生きるすべての人々が持つ負の感情です。人が持つ悲しい性であるといってもよく、世の中に満ち溢れているといっても過言ではありません。〝妬み〟を表す言葉を考えてみても、嫉みや僻み、嫉妬、悋気、焼きもちなど、すぐにたく…

愛される人

人はどのような人を愛すのか? 非常に大きな命題です。人間は誰しもが愛されたいと願っています。それこそ、この世に生を受けたときから母親の愛を求め、いずれは人生の伴侶と出会い、愛を育んでいきます。その愛を求める願いは、渇望を超えた本能といっても…

運命を呪うのは自分を呪うこと

みなさんこんにちは。 気分が落ち込んだとき、みなさんはその心とどのように向き合っていますか? 本日は、そんな「苦しみに立ち向かう方法」を考えてみたいと思います。 人生は修業の場――。 この言葉はこれまで何度となく、お伝えしてきました。 私は透視能…

自分を省みる方法

人に忠告を受けることによって自らの行いを正し、誰に見られても恥ずかしくない態度というものを身につけていくには、〝周りにしっかりと忠告をしてくれる人がいるかどうか〟、そして〝自分がきちんをその忠告を受け入れられるか〟、ということが重要になり…

「悪いクセ」が運を下げる

礼儀作法やマナーといったものは、学んでいくことで身につけていくことができます。また、作法やマナーのみならず、それぞれの所作が見る人にどう受け取られるのかについても、これまでにもたくさんの本が出版されておりますから、身につける努力をすること…

品格は礼儀作法から漂う

過去のブログでもお話ししましたとおり〝人は人のことを見ている〟ものです。気がつかぬうちに見られているということは、確かに気分のいいものではありません。しかし、だからといって、「私のことは見ないで! 」と言ってまわれるものでもありません。もし…

人は人を見る

人と話をしていますと、〝人は人のことを見ている〟と感じることがあります。 例えば、ご近所さんが外壁の塗り替え工事をしていると、その近くに住まわれている方が、「あそこの家はまだ建て替えて5年くらいだけど、西側の壁が少しだけ剥がれてましたからね…

真のプライド

人はなぜ、過ったプライドを持ってしまうのでしょうか。 ひとつに、私たち人間の心が弱く、儚いものであるからだということができると思います。では、弱い私たちは正しいプライドを持って生きることはできないのかといえば、その答えはもちろん、「ノー」で…