青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

運命を変える『春夏秋冬性格診断』

春夏秋冬性格診断とは? 私達人間は、自分の性格の欠点を直していくことで、幸せに生きていくことができるのですが、“自分の本来の性格”を知ることは自我が邪魔するために思った以上に難しいのが現実です。 そういった理由で、自分をなるべく客観的に見つめ…

相手の気持ちや事情を受けとめる

親兄弟、夫婦、恋人、取り分け仲のいい友人など、自分との関係が親しければ親しいほど、自分と相手を同じものとして考えてしまう傾向の人がいます。 「自分がこう思っているんだから、きっと相手もそう思っているはず」とか、「あの人だったら私の言うことは…

出会うべくして出会った魂の仲間たち

七十億もの人がいるこの地球上で巡りあったこと自体、カルマがとりもつ縁です。それを「必然」と言わずして、何と言えるでしょうか? 中には、「出会うべくして出会った」「天の力が働いたとしか思えない」という運命的な出会いを体験している方々もいらっし…

失われつつある品格やマナー 

周囲に対する配慮に欠けていて、そこに気づいていないから、マナーやエチケットが守れないのでしょう。だから、それを指摘されても「えっ、何で?……」と、自分には何の落ち度もないと開き直れるのかもしれません。 ここに気づきの難しさがあります。 マナー…

人の愚かさに惑わされないためには

神仏は、人間の幸せを願っています。 神は人間のように短気ではありません。とても気が長く、その人のこの世のまっとうすべきカルマゆえの苦しみであれば、その解決、つまりカルマからの脱出のためのアドバイスを与え、救いあげようとします。 しかし、なか…

夫婦間の日々のちょっとしたズレ 

相手が友人や職場の人なら、ある程度心の距離を保ちながら、それなりに気を遣った交流を心がけるでしょう。 ところが、家族となると、つい慣れから相手のことをわかっているつもりになったり、知らない間に甘えが「わがまま」の形で感情的に出ることも多くな…

先祖供養について 

人間関係に限らず、霊界や先祖供養についてもまだまだ知識不足の人がたくさんいます。 神は人間に対して、うわべのよさだけではなく、正直な心を望んでいます。 いつでも人の心、スピリットのあり方を見ています。 まるで、パソコンにインプットされるが如く…

今あるものに感謝する

頑張れば、どんなことでも実現できる__。 人を励ます際によく使われる言葉ですが、残念ながら現実はそう容易いものではありません。もちろん、頑張れば何とかなることも数多くありますが、どんなに努力しても手にすることが出来ないものもあると知ることが…

心と心を通い合わせるためには

心と心を通い合わせるには、次のような心がけを持って接することが大事です。 まず、人との会話において、 「相手が何を言っているか、何を伝えたいのか、聞きたいことは何なのか?」 そうしたことを、 「瞬時にキャッチし、正しく理解しているかどうか?」 …

異性やパートナーに対する知識不足

男性が女性のことをよく理解しないまま、男性のわがままを女性に押しつけていることもよくある相談です。 例えば、女性の生理を知らない男性。女性はある年代になって生理が終わると、ホルモンの関係で男性と関係を持ちたくなくなることが一般的によくありま…

“赤い糸” にはさまざまな種類がある

結婚を前提にしておつき合いをするカップルや夫婦になる男女の関係を、俗に「赤い糸で結ばれた運命の相手」などと表現しますが、特別なご縁があるからこそ、一組の男女が出会い、親密な関係や夫婦になるのは確かだと思います。 私のところにも、未婚の女性が…

魂の成長を促し合う関係

人との交流を通して自分を成長させていくために、ぜひ知っておいていただきたいことがあります。 それは、魂のレベルから見た場合、「あなたに起こっていることはすべて意味がある」ということです。 これは人との関わり合いにおいても同じことで、「あなた…

カルマを解消するうえで注意すべき点

カルマを解消するうえで注意すべき点に触れておきたいと思います。 前世のカルマは、家族以外の縁ある人との間でも浮上してきます。 カルマは、たとえ遠く離れていても、人と人、男性と女性を磁石のように引き寄せるからです。 例えば、すでに結婚してパート…

愛に飢えた人たちによる不幸の連鎖

他人のみならず、肉親であっても愛情が薄れていっている__それがトラブルや不幸を招いてしまう大きな要因のように思われてなりません。 特に、肉親間の愛情が薄れてしまうと、人に対する思いやりや信頼感に欠け、不信感や競争心だけが強くなって、不要な対…

建前だけの言葉では縁は深まらない

疲れ切った青ざめた顔で、私のところに助けを求めてきた中年女性がいました。相談の内容は、大学を卒業してさほど経っていない一人息子がニートになり、部屋からほとんど出てこなくなって困っているというのです。 彼女のように神殿に来られる方で、最近にな…

上手にコミュニケーションをはかるコツ

「どうすれば相手がこちらの意見を素直に聞いてくれるか」というと、まず相手の長所を認めることから始めると、相手の心が開きやすいと思います。 お世辞ではなく、あくまで客観的な目で見て、相手の良いところを言葉にして伝えてあげる。 「あなたにはこん…