青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

「心」をコントロールする

私たちの心は、常に変化しています。 今日は嬉しい気持ちでいても、明日は悲しい気持ちになるかもしれない。 今日は前向きな気持ちでいても、明日は後ろ向きな気持ちになるかもしれない。 このように、私たちの心は、常に揺れ動いているのです。そして、その…

考えたら、動く。

迷いの霧が心を覆い隠した時、ただ立ち尽くすのではなく、一歩を踏み出す勇気が、新たな道を切り開く鍵となります。頭の中で渦巻く思考は、しばしば不確かな妄想や杞憂の渦に飲み込まれがちです。これらの幻影に惑わされることなく、

自分がさらけ出すと相手もさらけ出す

人と人との間に生まれる絆は、しばしば不思議なほど奥深いものであり、その奥深さは、単なる趣味や興味の一致を超えた、根底に流れる価値観や世界観の共有によって生まれます。 同じ価値観を共有し、感性が合うことは、確かにそれだけで特別な関係を築いてい…

欲望を満たして得られるのは虚無感

「幸せになりたい」という願いは、人間の本質的な追求の一つですが、その本質を見失うことなく、欲望の深淵に迷い込まないように留意する必要があります。幸せとは、

幸福は他者の評価に左右されない

幸福への道は、己の内に潜む思考と言動の海を渡る航海の如し。

幸福のキーワード

人といると心が温まり、優しい気持ちになれ、元気が出るような存在。そうした人物に出会うことは、人生において大いなる恵みであり、そのような人物の特徴は、

人生をどのように生きるべきか

人生をどのように生きるべきか、という問いは確かに深遠なるものであり、その答えは各人の内面に根ざしています。人生の歩みは主観的なものであり、他者によって強制されるものではありません。人は、自らの選択と行動によって、

幸福の深め方

自分自身の持つ価値観や内面の世界に目を向け、その変化を通じて幸福感を深めていくことは重要です。これは、自己の内面に光を当て、その深淵を探求することに他なりません。自己とは、

「失敗の経験」こそ伝える価値がある

人生における失敗は、しばしば避けがたい運命のように感じられます。しかしながら、その失敗には深い意味があり、それは人生の糧となり得るのです。親が子に対して自身の失敗を語る行為は、単なる過去の告白以上のものです。それは子どもたちに、

「小さな選択」が持つ意味

私たちの日常は、無数の選択の連続であり、その一つ一つが未来への道筋を少しずつ形作っています。確かに、人生を大きく左右するような重大な決断は、時として人生の方向を大きく変えるものですが、それに劣らず、

永遠の不足

人間の心は、常に動き続ける海の波のように、絶えず変わりゆくものです。 願望が叶ったその瞬間、我々の心は最高潮に達し、喜びの頂点に立ちます。しかしその後、時間が経つにつれ心の海は静かになり、冷静さを取り戻していきます。 この平穏な時、人は不足…

言葉が持つエネルギー

言葉に宿る力は、人の心に深く響き、その内面に大きな影響を与えるものです。言葉は、単なるコミュニケーションの手段を超え、人間の感情、思考、そして行動に直接的な影響を及ぼします。人は言葉によって様々な感情を体験し、それによって

人それぞれの「訳」を思う

人にはそれぞれ「訳」があるという事実を、私たちはどれほど深く理解し、心に留めているでしょうか。表面上の笑みの裏に隠された涙は、一人一人が抱える内なる世界の複雑さ、その重層的な深さを物語っています。この微細な感情の機微は、一見しただけでは掴…

言葉が信頼を築き、壊す。

人間関係というものは、まるで繊細なガラスの彫刻のようです。その造形は時間と共にゆっくりと、しかし確実に築き上げられていきます。長い年月をかけて磨き上げられた関係は、互いの心の奥深くに根ざし、思い出という色彩をまといながら、両者の間に信頼と…

不安や恐れを消す方法

人間が未知のものを恐れるのは、古来からの本能的な反応であり、生存本能と深く結びついています。未知とは、

理想の自分になるには

会社に自分の理想を見出すことは、一見して論理的で現実的な考え方のように映ります。確かに、会社は多様な機会を提供し、個人の成長やキャリア形成に大きな役割を果たす場所です。しかし、