青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

幸福を呼ぶ女性の振る舞い

笑う門には福来る__。 ご存じの通り、悲しいことや苦しいことがあっても、希望を失わずにいれば幸せがやって来るという意味の諺です。 近年では、心理的な意味のみならず、肉体的にも笑いは免疫力を高めるということが発見されました。笑っている時間が多…

幸運を呼び寄せる気づき

今回は日々を暮らす中ですぐに実践できる「幸運を呼び寄せる気づき」についてお話ししたいと思います。 「幸せを呼び寄せる」といっても、何の努力もせずに、「アブラカダブラ……」や「チチンプイプイ」などと呪文を唱えれば幸せになれるということではありま…

肉親間で陥りやすい「心の落とし穴」

ここでは、「身近な間柄だからこそ気づきにくい点」についてお話ししたいと思います。 それは家族関係、中でも親子の間のすれ違いで、ここでは息子さんの問題で相談に来られたUさんご夫妻の例を挙げます。 相談内容は、おおよそ次のようなことでした。 息子…

「ない縁」にすがりついていませんか?

人間における四苦とは、「生老病死」だといわれます。 その中の「死」については、みなさん、いろんな意味で誤解されていることが多いようですが、「天寿」という言葉を、あなたはどう捉えているでしょうか。 たとえば、もう百歳に近いような年齢の方が亡く…

男尊女卑という連鎖

一昔前あたりまで、男尊女卑という連鎖が残っていて、この連鎖は、長い間、社会風潮の如く「当たり前」のことのように見過ごされてきました。 例えば、一家の長である父親は絶対的な存在で、食事のおかずは他の家族とは違って、肉でも魚でも必ず一品多く用意…

心のあり方が問われるとき

人生における日陰の時というのは、単に運が悪い、ものごとがうまくいかないといった程度のことがらに限りません。 時に、心が張り裂けんばかりの苦悩に直面することもあります。 まさに人生最大のピンチ、非業の運命に遭遇する「まさか!?」の出来事です。 実…

大切な子孫を守るためには

「憑依」「霊の障り」と騒ぎ立てている人ほど、「神から透視力や除霊力などのご利益を授けられていない人」たちが多く、集客目的や自我を誇示したいがために、宣伝文句のように使っている場合が多いようです。 要は、本当の「憑依」とはどのようなものかを知…

運命のつながり

結婚したいと強く願う人は多く、私のもとにも、「結婚」にまつわる相談にいらっしゃる方が大勢います。 「絶対に○歳までに結婚したい!」 「どうして私は結婚できないんでしょうか?」 「結婚」は人生最大に幸せだと捉え、「運命の人」との出会いを求め続け…

トラブルが生まれる原因

私がずっとお伝えしている「気づき」とは、自分の性格の欠点に気づき(認め)、直すことです。 「気づき」は霊的なことではなく、現実的なことなのです。 私が透視能力を授かっているのに、その分野ではない「気づき」を述べるのは、日々、拝殿で仕事をする…

カルマの解消法 

助け合う関係、支え合う関係、競い合う関係、憎しみ合う関係、傷つけ合う関係、あるいは、見守り見守られる関係、憧れ憧れられる関係、頼り頼られる関係、助け助けられる関係、託し託される関係、永く深い関係、一時期であっても決して忘れ得ぬ関係等々、そ…

子育てについての正しい知識

よくあるケースとしては、たとえ自分たちが借金地獄になっても子どもを私立の学校に入れて大学まで行かせ、エリート社員として勤めさせようとやっきになる親です。 ところが、小さい頃から勉強ばかりで友だちづき合いがなかった子どもは、小・中・高の生活の…

仕事と結婚の両立

結婚だけが女性の幸せな生き方というわけではありません。 仕事に生きがいを求めて、自由な独身生活を送る女性も数多くいるでしょう。 ですが、結婚もまた仕事と同じように、自分の心を磨き、幸せに至るための一つの道です。 仕事と結婚の両立は難しそうだと…

知識の特訓 

親が子どもに対して正しい知識の特訓をする。それが躾であり、教育です。 この知識の特訓の仕方を間違えると、子どもは大きな問題を抱えてしまいます。 親の我欲を子どもに押しつけて干渉し過ぎたり、理解ある親を演じて特訓を放棄していると、その子どもは…

愛する人の死に直面したとき

愛する家族、自分にとって大切な人や家族同様のペットが亡くなった時のショック、その辛さや心の痛手は、経験のある方ならよく理解できるでしょう。 たとえ、それが運命のシナリオだったとしても、愛するものの死という目の前の現実に対して、「受け入れられ…

気づきを迎えるには 

「気づき」を迎えるには、心に汚れのない清らかなスペースが必要です。 分かりやすく説明してみましょう。心は洋服ダンスのようなものだと想像してください。 タンスにはたくさんの引き出しがあるのに、あなたはその中に「楽しかったこと」も「失敗したこと…

“気づける人” と “気づけない人” との違い

私は今の仕事をするようになってから、「何か問題が起きた時に気づける人」と、「何度同じ目に遭っても気づけない人」との違いは何なのか? について考える場面に幾度となく出会ってきました。 そこで私なりに結論を得たのは、人には、まだ目覚めていない「…