青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

夫婦関係

相手のことを理解するうえで大事なこと

もちろん、人間である以上、誰でも間違えたり、失敗することはあります。 大切なのは、過ちに気づいて素直に直していくことです。学歴や社会的地位に関係なく、また何歳になっても、たとえ、今、この世を立つ瞬間であっても、自らの過ちに気づけばそれがカル…

共働き夫婦が心がけること

結婚だけが女性の幸せな生き方というわけではありません。 仕事に生きがいを求めて、自由な独身生活を送る女性も数多くいるでしょう。 ですが、結婚もまた仕事と同じように、自分の心を磨き、幸せに至るための一つの道です。 仕事と結婚の両立は難しそうだと…

夫婦間の加害者対被害者意識

夫婦間の手綱さばきは、相手に対する心遣いや感謝の心によって、適度に引いたり押したりできる心のゆとりがあってこそ、上手にできるもの。 本来であれば、魂のシナリオにそって出会った相手だからこそ、その思いは生活を共にすることでお互いにいっそう深ま…

トラブルや問題や根本原因

知識の大切さについては、これまでも述べてきましたが、一言で言うと、物事の理解力や判断力を養うためです。 気づくべきことに気づけないでいるのは、自分の中での知識不足が原因になっていることが多々あります。 不登校やいじめ、非行や家庭内暴力などの…

夫婦関係をより良縁にしていくための心がまえ

夫婦となりし二人 互いにののしり合うは おろかなり この詩は、夫婦の間の「慣れ」の恐ろしさをいい表したものです。 新婚時代は相手に気を遣っていたのに、日常生活の「慣れ」の中で、頭ごなしに相手を批判し、また相手も相手で、冷静になれずに、むきにな…

幸せをつかむための知識

あの時に気づいて改めていれば、人生を好転させ、幸せに向けての新たなシナリオを書き加えられただろうに……そう思われる事例にこれまでたくさん出会ってきました。 その中から例をあげることで、ぜひみなさんの人生を好転させ、自分の手で幸せをつかむための…

会話の途中で口を挟まない

会話の基本は「相手の話をよく聞く」ことから始まります。私の仕事も、神の言葉を聞いて相談者の方々に正確に伝えるというものなので、自身の知識を深め、理解力を高めることがとても重要になってきます。 ところが相談者の方の中には、私の話を聞かないばか…

親としての役目を果たしているか

親子や家族でどんな会話をしているか、お父さんとお母さんがどんな関係を築いているか、子供はそれを見ながら育ち、同じように真似るからです。 「三つ子の魂百まで」と言われるように、どんな親子関係か、どんな家庭に育ったかは、その人のその後の行き方や…

心のあり方が問われるとき

長所や短所は、自分よりもむしろ身近な人がよく見てくれていて、信頼関係があれば、何かの折にそれを言葉にして伝えてもらうのも良いでしょう。 誰でも自分の長所をほめてもらえると嬉しいし、すぐにその言葉を受け入れます。 反対に、自分の短所をずばり指…

熟年夫婦が幸せに生きていくために必要なこと

高齢化が進む中で、老後生活についての相談を受けることがよくあります。 特に、年金生活を迎える頃になると、多少なりともそれまでの生活環境とは違ってくることから、夫婦の関係にも微妙に変化が生じやすくなるので注意が必要です。 熟年夫婦にとって特に…

身近な間柄だからこそ気づきにくい点

ここでは、「身近な間柄だからこそ気づきにくい点」についてお話ししたいと思います。 それは家族関係、中でも親子の間のすれ違いで、ここでは息子さんの問題で相談に来られたUさんご夫妻の例を挙げます。 相談内容は、おおよそ次のようなことでした。 息子…

相手に何かを要求するなら

もちろん、人間である以上は、誰でも間違いを起こしたり失敗することはあるでしょう。それでも、常に前を向き、自分のやるべきことを続けていくことの先には、明るい出来事や素敵なご縁が待っていると私は思っています。 ところが相談者の中には、自分の言葉…

人との交流がうまくできない人の共通点 

人との交流がうまくできない人は、言葉のキャッチボールが苦手で、それゆえ理解力や判断力に欠け、周りから浮いてしまったり、人とトラブルを起こしやすくなります。 そもそも、会話において話がかみ合っていなければ意思の疎通がうまくいかず、何か問題が生…

夫婦円満のポイント

大事なのは、「夫婦だから……」「わかってくれているはずなのに……」という甘えや期待を一端脇に置いて、自分の心の中で何が起きているかを、次のように客観的に見つめてみることです。 ・相手に対してどんな不満があるのか、あるいは、どんなトラブルが生じた…

人との交流において重要なカギとは

思いやりや忍耐は、どんな人との交流においても、とても重要なカギになります。 相手に対する思いやりや我慢する心があれば、相手も心を開いてきずなが深まり、お互いに何かあっても助けられる、駆けつけあえる存在になり、やがてそれが幸せへとつながってい…

欠点を指摘されると攻撃的になる人

共同生活という家庭の中において、夫に注意されても、また妻や子供から忠告されても、プライドや我が強い人ほど聞く耳を持ちません。 普通であれば、家族や親しい人から注意されたら、そこで一呼吸置いて、なぜ注意されたのか、その理由について2、3日でも…

家族であってもそれぞれに違うカルマがある

我の強い人は、人との交流の中で周りの人から反発を受けたり、忠告を受けることも多いと思います。 それはその人のカルマがトラブルを引き寄せてしまうからで、言い換えれば、まさにその時が自分のカルマに気づくチャンスでもあるわけです。 いくら本人に言…

夫婦は節度のある交流が必要

人生において、男性の中には、長く連れ添った女性に対していつの間にか甘えが出てしまい、その甘えがわがままとして出たり、あるいは、時に自分の方が悪いと思い、相手に感謝をしていても、それを口に出すことが苦手な方も多くいるようです。 特に日本の男性…

気づけば運命は変えられる

気づくべきことに気づけないというのは、「自分の欠点に気づけない」のか、あるいは「自分の欠点を認めない」ことがそもそもの原因であることに気づけないでいるのか、です。 言い換えれば、自分の欠点や至らなさを素直に認められる人は、気づくべきことに気…

妻や夫が心がけておくべき点

まず、妻としては、 一、夫のメンツをつぶさないこと 二、夫を立てつつ、陰で上手に夫を誘導していくこと ではないかと思います。 世の多くの男性は、メンツをつぶされることを嫌います。まして自分の奥さんにプライドを傷つけられるような言動を取られたら…

「文化の違い」をどれだけ理解しているか

ひと口に「身近な人」と言っても、相手が家族の場合と、他人の場合では、当然、交流の仕方も違ってきます。 家族であれば、多少のいさかいがあったとしても、お互いに血を分けた家族であるがゆえの最小限の愛情があります。 喧嘩をしても、時間が経つといつ…

夫も妻もわがままを戒めることが大切 

「男は外で仕事に励み、女は家で家事や育児に専念するべきである」 この考え方は、今では時代にそぐわなくなっていますが、日本ではいまだに根強く残っているようです。 実際には、夫婦共稼ぎが多いのが現実で、そうなると妻の方に大きく負担がのしかかって…

素直さが老後の孤独を遠ざける

どんな夫婦でも「いつかは独りになる時がくる」という覚悟が必要です。 覚悟をしていれば、準備ができます。その準備の中には、幅広い知識も加えておくべきと私は思います。 そうすれば、いざその時がきても、幅広い知識が心を救ってくれますし、自分なりに…

異性間では、より一層の思いやりが大切

仲のいい恋人同士や夫婦でも、お互いの付き合いが長くなってくると、それぞれが異性であるということをつい忘れがちになります。普段、他人の前では絶対にしないようなことを平気でするようになったり、相手を気遣うことを忘れて乱暴な言葉で責め立ててみた…

喧嘩やトラブルの原因

なぜ人は感情的になるのかというと、それは、相手についての知識、その人に対する理解力が乏しいからです。 相手のことを「わかっているつもり」になっているだけで、その人の本当の気持ちや状況について実はよくわかっていない、正しく理解できていない、だ…

夫婦間の日々のちょっとしたズレ 

相手が友人や職場の人なら、ある程度心の距離を保ちながら、それなりに気を遣った交流を心がけるでしょう。 ところが、家族となると、つい慣れから相手のことをわかっているつもりになったり、知らない間に甘えが「わがまま」の形で感情的に出ることも多くな…

異性やパートナーに対する知識不足

男性が女性のことをよく理解しないまま、男性のわがままを女性に押しつけていることもよくある相談です。 例えば、女性の生理を知らない男性。女性はある年代になって生理が終わると、ホルモンの関係で男性と関係を持ちたくなくなることが一般的によくありま…

“赤い糸” にはさまざまな種類がある

結婚を前提にしておつき合いをするカップルや夫婦になる男女の関係を、俗に「赤い糸で結ばれた運命の相手」などと表現しますが、特別なご縁があるからこそ、一組の男女が出会い、親密な関係や夫婦になるのは確かだと思います。 私のところにも、未婚の女性が…

上手にコミュニケーションをはかるコツ

「どうすれば相手がこちらの意見を素直に聞いてくれるか」というと、まず相手の長所を認めることから始めると、相手の心が開きやすいと思います。 お世辞ではなく、あくまで客観的な目で見て、相手の良いところを言葉にして伝えてあげる。 「あなたにはこん…

自分と異なる常識を大切にする

人は、たった一人で生きているわけではありません。常に、周りの人に助けられながら、日々を過ごしているのです。 自分の年齢や、置かれている場所が変われば、常識も変わるのだということを理解するのは、なかなか難しいことのようですが、「郷に入っては、…