青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

甘やかされて育った子どもはどうなる?

子どもが可愛いからといって、我慢することや人とのコミュニケーションの大切さ、物事には程度があることなどを教えずに甘やかして育てると協調性も知らず、当然のことながらわがまま勝手な人間に育ちます。 その親御さんもそうでしたが、男女交際についても…

気づけない人の共通点

自分の問題の気づくことができない人に共通しているのは、わがまま、自己中心的な考えです。 「自分だけが不幸だ」「自分は正しい、悪いのは相手だ」といった被害者意識。 それも理解力や判断力が乏しいからで、ようするに知識不足です。 妻が夫をどなるのも…

インプットする時間を大切に

吸って、吐く。 ご存知のように、私たちは何をしていても、無意識に呼吸しています。空気を吸い込み、その中から自分が生きていくのに必要な酸素を身体の中に取り入れ、不必要なものを身体の外に出す。日夜、それを繰り返しています。 呼吸が私たちの身体に…

死は決して恐ろしいものではない 

ものごとを過去・現在・未来というひとつながりで考えていくことによって、自分自身のカルマや人生の課題、テーマが見えてきます。 ですから、「自分は何のために生まれてきたのか?」「なぜ人は輪廻転生するのか?」を把握することが大事なのです。 輪廻転…

勝つためだけのケンカをしていませんか

ちょっとした行き違いによる些細な口ゲンカから、、こじれにこじれた諍いまで。人と人とが関わっている場所には、大なり小なりの争い事が発生します。後々、笑って済ませられる程度のものなら心配もありませんが、お互いのためになるワケでもなく、心に傷だ…

嫁と姑の関係

結婚後、女性が抱える普遍的な悩みの一つとしてよく話題にのぼるのが “嫁姑問題”です。 一昔前までの “嫁姑問題” イコール “嫁いびり” といったケースは少なくなってきたものの、同居の場合は、嫁、姑どちらにもそれぞれに心労があるようです。 よくあるケー…

人生はさまざまな出会いの連続 

恋愛や結婚、社会的な成功ーー。そういった何かしらの幸福にまつわる話で語られることの多い “運命”、そしてそれとの出会い。 「あの人とは “運命の出会い” だった」 幸せを掴んだ人がよくそう語ることがあります。 では、“運命” とはいったいなんなのでしょ…

意見を出し合いながら信頼関係を築く

初対面の人との縁を良縁へと発展させたい時は、たとえ相手の考え方が自分の意見と違っているなと感じても、焦って答えを出すように相手を否定してはいけません。何故なら、誰もが深く知り合う前の段階では、相手のバックボーンまでは把握できないからです。…

だらしのなさは問題を引き起こす原因になる

品の良さとは、その人のちょっとした所作や立ち居振る舞いに現れるものです。 品の良さの反対が、だらしのなさです。 品がないと、周囲の人たちと衝突したり、人から嫌がられるなどの人間関係で問題が生じるだけでなく、生活態度そのものがだらしなくなり、…

思いやりが愛を生む

「真実の愛」と言ったり、逆に「偽りの愛」などと言ったり、「愛」にはさまざまな形がありますし、その登場人物もただ恋するふたりだけではありません。恋人同士の愛、夫婦の愛、親子の愛、きょうだい愛、仲間同士の愛……。ここ数年、芸能界を賑わせています…

臨機応変な対応を心がける

一人の人間が成長する過程では、さまざまなステージが用意されています。それは、仲間意識を共有するための楽しい時間だったり、孤独な中で戦う学びの時間だったり、また家族や親しい人たちと過ごす穏やかな時間だったり。そういった周囲の人たちと密度の濃…

趣味や生きがいを持つことの大切さ

今は長生きする人が増えて、八十、九十代でも楽しく過ごされている人も多いわけですが、そこまでいく前に七十代の “健康の壁” があります。 つまり、老後の生活を考えたら、まず健康を維持するための知識と努力が必要です。 ですので、私たちも「夫婦でその…

職場での人間関係

なかには、職場の環境や上司との関係が悪いことを理由に会社を辞めたいと思っている人もいるかと思いますが…… 例え上司に問題があったとしても、その上司に見合ったカルマの共有者が部下になっているのです。 職場の人間関係も、家族と同じようにカルマを共…

勇気を出して自分を変えてみる

正直になること、素直になることというのは、シンプルなようでなかなかできないものです。なぜかというと、余計なプライドや虚栄心が邪魔してしまうからです。でも、それらを捨て去ったとき、目の前には無限の幸福への道が開けます。人間関係が円滑になり、…

理想的な相性とは

「あの人とはなんだか馬が合うんだよね」 友人、恋人や夫婦、親子や会社の同僚など、人にはさまざまな人とのつき合いがあります。そこで多くの方が気にされるのが、「相性」です。 相性がいいか悪いか知りたがったり、相性が悪いのでどうしたらいいかを多く…

人生は綱渡りではない

因果の法則と言われると難しく考えてしまうかもしれませんが、なんのことはない、「なるべくしてなる」ということで、法則なのでそこに一切の人間的感情は挟まれないのです。 三角形の面積を求めるとき、「(底辺)×(高さ)÷2」という公式がありますが、い…

悪縁を呼び寄せる行為

ご縁といいましても、たくさんの種類のご縁があります。 夫婦の縁、職場の縁、兄弟の縁、親子の縁……etc。こうした縁というのは、過去世から背負って来たカルマの関わりの縁です。ですから、カルマと同じように縁にも「良縁」「悪縁」というものがあります。 …

男女の真の魅力について

みなさんにとって、魅力のある女性、男性とはどういった人でしょうか。もちろん、魅力を感じる部分というのは人それぞれだと思いますし、男性が思う魅力的な女性、女性が思う魅力的な男性、女性が思う魅力的な女性、男性が思う魅力的な男性、といったように…

人生を穏やかに生きていくためには

人生を穏やかに生きていくためには、尊重し合える人間関係を築くことがとても重要です。人間関係は、あなたの言動のひとつひとつが作っていくもの。ですから、自分の性格の至らない部分を直しながら人とおつき合いをしていくことで、相手と良好な関係を築い…

慈しみと愛着

「慈しみ」と「愛着」ということについて考えてみたいと思います。親のさまざまな感情を分析して明らかにすることで、子育ての間違いを正すことができるのではないかと思います。 ではまず、「愛着」について考えてみましょう。 愛着というと、子どもを愛す…

子孝行をしていれば親孝行される 

世の中にはさまざまな親がいるもので、驚いてしまうのですが、「子どもなんだから親孝行しなさい」などと強要する親までいます。 家族というのは特別な存在です。世界中で唯一、血がつながっている人間同士ですし、同じようなカルマを背負って生まれてきてい…

「なんで自分だけ……」という思い込み

私たちはどうしても主観的に世界をとらえてしまいます。ひとりひとりが “個” として存在し、それぞれがそれぞれの感覚、価値観で世界を解釈しているため、主観的になってしまうのは仕方がないのです。 でも、だからといって、個人主義に生きていいかというと…

最善の生き方

私たちが生きていて本当に楽しくて笑い、穏やかな幸福感や充実感を感じるのは、人間関係ではないでしょうか。何かを得たときに感じる幸福感や充実感ももちろん人生では必要なことですが、度が過ぎると欲を満たすためだけの行為になってしまいます。 しかし、…

努力をしても結果がでない

自宅の拝殿で相談を受けていますと、「私はちゃんとやっているのに子どもが言うことを聞いてくれない」「婚活しているのに結婚相手が見つからない」「遅くまで残業して頑張って仕事をしているのに給料が上がらない」「せっかく子どもを塾に行かせてあげてい…

人生の師との出会い

人生を正しく生きていれば、物事を教えてくれ、適切なタイミングで上に引き上げてくれる人と出会います。こうした人はまるで親のように、慈悲深い感覚であなたを見守ってくれます。 このような人は、適切な知識を持ち、自分を戒め反省をしながら生きてきた人…

子どもに判断力を教える

判断力を教えるのは正しい生き方ができるようになるためですが、自我を超えた人間の本質的な生における “正しさ”というのは、社会で人間が価値を置いている事柄で判断できるとは限らないということは、親自身がよく理解しておかなければいけません。 現代社…

「感覚派」の人たち

自分で自分のことを理解しようとするのは意味のあることですが、絶対的な答えがあるわけではありません。理解したと思っていても、それは “自分でそうだと思い込んでいる自分” かもしれませんし、そもそも人間自体、時間とともに変わっていくものですから、…

人を見る目を養う

人間が成長していく過程では、生き方の指針となってくれる人の存在はとてもありがたいものです。そういった人からは、知らなかった価値観や実践的な生き方など、多くのことを学ぶことができるので、大きな目標として前向きに生きていくことができるのです。 …

人間も「アクを抜く」ことで磨かれる

素直、素直といいますが、では、素直とはどういったものだと思いますか? これは、「ありのまま」とか「飾り気のない様」といった意味ですね。ここで大切なのが、単純に「ありのままの飾り気のない私を出していけばいい!」ということではなくて、自分の「素…

不幸とは幸せに気づけないこと

「あなたは自分の思い通りに人生を生きていますか?」 そう尋ねられたら、みなさんはどう答えるでしょうか。 おそらく、多くの人は「思い通りには生きていない」と答えるのではないでしょうか。その理由は、「やりたいことをやってこなかった」とか、逆に「…