青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

本物の友情、まがいものの友情

みなさんの周りには、真の友達と呼べる人はいるでしょうか? 夫や子ども、親兄弟を愛せる人は多いですが、友達をきちんと愛せる人はどれくらいいるでしょうか、逆に言うなら、友達を愛することができるようになるということは、すなわち他人を愛せるというこ…

困難は不幸ではなく、幸せへの道しるべ

自分は幸せか? 不幸か? という問いは、人間にとって逃れがたいものです。生きていればついついそんなことを考えてしまいます。そして、上辺のことだけを見て「自分は不幸だ」と結論づけてしまう人も多くいらっしゃいます。 「自分は不幸だ」と思ってしまう…

家族だからこそ言葉で気持ちを伝え合う

家族というのは、血のつながり以上に「カルマ」の深いつながりで結ばれています。家族というのは同じカルマを背負った「運命共同体」ともいえます。 しかし、ここ青森で相談を受けていますと、同じカルマを背負った運命共同体だからこそ発生する、家族間の相…

気づきの入り口

人間はいざ自分が当事者となると、「まさか!」と思いがちです。まさか自分の子が、まさか自分の性格に問題が、まさか自分の教育に問題が……etc。 この「まさか」が気づくことを阻害しているのです。確かに、人間は自分に過ちがあるとは思いたくないでしょう…

相手への思いやりがない間柄に、良好な人間関係を築くことなどできない

今は核家族化が進み、夫婦共働きという家庭もかなり多くなっています。そうすると、夫婦共に家庭という閉ざされた箱の中だけではなく、社会に出て働いていますから、昔ほど嫁姑の問題が勃発する原因がないように思えます。 しかし、実際は昔と変わらずに、嫁…

表面的な幸せと本当の幸せの違い

毎日、相談を受けていますと、「幸せになりたい」と悩んでおられる方々の姿を多く目の当たりにします。幸せになりたいというのは人間に生まれた以上、当然の気持ちです。しかし、「幸せって何?」と深く考えてみる方は少ないのではないでしょうか。 「幸せ」…

現実の不幸は過去の自分の罪によるもの 

人生を生きていると、納得できない理不尽な出来事に遭遇したり、やりきれない気持ちになることがあると思います。 そういった理不尽な出来事に遭遇すると、 「なんで私だけ……何も悪いことをしていないのに、なぜ神様はこんな仕打ちをするの? ひどい……」 と…

結婚した子どもとは別々の家庭とわきまえる

昨今のお姑さんというのは、昔と比べるとものすごくお嫁さんに気を遣っている方が多いように思います。ただ、あまりにも気を遣い過ぎて気疲れしてしまうのでは、それがたまりにたまって「爆発」ということもあります。ですから、我慢したり、ストレスをため…

考える力

“考える”ということについてお話ししたいと思います。 「え? 普通、誰でも考えているでしょう」と思うかもしれませんが、実はなかなかできていないのではないかと思います。たしかに誰しもが考えて生きてはいるのですが、本当に考える力を持っている人とそ…

結婚のご縁

人と人との仲をつなぐご縁のこと。ことに女性にとって大きな関心事と言える結婚のご縁についてのお話をしましょう。 未婚の女性が私のところに見えた場合は、 「私はいつ結婚できるのでしょうか?」 といった質問をよく受けます。もちろん、当然の心理だと思…

人間の心を見る方法

良好な人間関係を築いていこうとするとき「相手の心を見るようにしましょう」ということを、事あるごとに述べてきましたが、相談者の方から「心を見るとはどういうことですか?」という質問が多く寄せられました。 たしかに、「心を見よう」と言葉にするのは…

負の行為をすれば不幸の結果が訪れる

カルマの精算のために転生があるのなら、人間誰しも持って生まれた悪いカルマがあるため、ひとつひとつの言動を罪と切り離して考えることはできません。 しかし今の世の中、法に触れなければ罪ではないでしょと、自分の心の中の善悪は考えず、法律というルー…

孤独に陥らないためには

人間、誰しも孤独感を感じることはあると思います。ですから、孤独を感じることに年齢は関係ありません。また、孤独を感じる状況というものにもいろんなパターンがあります。 たとえば、ワンマンで、わがまま放題をしてきた結果、周りの人から相手にされなく…

弱い自分と対峙する

拝殿で相談を受けていますと、私が伝える神の言葉を聞き、心から理解して納得する方と、烈火のごとく「自分は間違っていない!」と怒り出してしまう方がいます。 前者は“自分の欠点を受け入れ、納得することができるため、欠点を直すことで気づきの道を歩く…

男女の特質と役割の違い

女性の特質を見ていくことにしましょう。 そのためには、男女の差を見ていくと分かりやすいのではないかと思います。 たとえば、古代中国で生まれた思想に陰陽五行説というものがあります。この思想のもとになっている陰陽説は、この世にある森羅万象を陰陽…

子どもは親の人づき合いを見て育つ 

お嫁さんというのは、違う家に嫁いでいく立場ですから、その家に馴染む努力をすることは当然です。しかし、お嫁さんだけが努力をしている訳ではなく、お舅さんやお姑さん、そしてご主人も同様に気を遣い、家を支えていく努力をしていることを忘れてはいけま…

悩みの本質に迫る 

人生は心の修業の場ですから、生きていれば悩みがあるのは当然です。その悩みこそが乗り越えなければいけないカルマであり、悩みがあるからこそ、人間は成長できるとも言えると思います。 でも、“悩み” とはなんなのでしょうか。悩みひとつとっても、その種…

自分を成長させるには

仕事を辞めたい……。職場で孤立している……。毎日叱られてばかりで、もう耐えられない……。こういった悩みを抱えて相談に来る方がたくさんいらっしゃいます。日本だと、多くの方がだいたい40年という長い期間を働いて過ごすことになりますから、仕事における悩…

ケンカとマンネリ

いくら本物の愛で結ばれていても、毎日何事もなくすべてに満足し合えている夫婦はほんのひと握り。人間ですから、機嫌が悪いときや疲れているときなどはどうしても心に余裕がなくなってしまい、パートナーに感情をぶつけてしまうこともあるでしょう。 相手の…

心を磨くレッスン

今の苦しみや悩みから抜け出すためには、自分の欠点や間違いに “気づいて直す”ことが大切であることを、私はこれまで機会あるごとにみなさんにお伝えしてまいりました。 ただし、この “気づいて直す” ということは、思った以上に難しい面があります。という…

良好な人間関係を築くコツ

良好な人間関係を築くコツとでもいいますか、そもそも基本中の基本であるがゆえにないがしろにしがちなのが「人の話を聞く」こと。さらにいえば「 “最後まで” 話を聞く」ことです。 「話を聞く」ということに関して、こんな格言があります。 『神が人間にふ…

老年期の心構え

“アンチエイジング” という言葉をよく耳にすると思います。これは、加齢による老化を抑えるといった意味を持つ言葉で、ことに美容や健康の分野では、様々な成分で肌の老化を食い止めるアンチエイジングをうたった美容液やサプリメントが続々と開発され、高い…

夫婦がよい関係を築いていくには

夫婦になる相手というのは、特別なご縁で結ばれています。しかし、特別なご縁だからといって、ただそれだけで自動的に幸せになれるということではありませんし、ただそれだけで強い絆で結ばれる訳ではありません。お互いに尊敬し合い、信頼し、思いやりを持…

美しく振る舞うエチケット

女性を美しく見せるエチケットとは、いわば、日本女性として身につけたい礼儀作法やマナー。時代の移り変わりと共に、いつの間にか忘れ去られてしまっているものもあるのではないかと思います。 たとえば、和室の部屋で畳のへりを踏み、しかも立ったまま目上…

介護について

「介護」に関するご相談が本当に多くなったように感じています。顕著なのは、介護問題やストレスをひとりで抱えてしまっていらっしゃる方が多いということです。 介護をする場合、多くの場合は被介護者と同居している方、もしくは被介護者といちばん関係が深…

芯がある人と頑固な人の違い

芯がある人、ブレない人などは見ていて気持ちがいいものですし、信頼感、安心感もあると思います。しかし、ここでのお話は“変化できる強さ”です。これでは、芯がある人、ブレない人とは相反するものだと思うかもしれません。 ここでお伝えしたい“変化できる…

本物の愛、まがい物の愛

夫婦の愛、子どもへの愛、恋人同士の愛、不倫愛、友人への愛……人間関係においては、さまざまな愛の形があります。また、たとえ同じ男性を愛し続けるにしても、恋人から夫婦となり、さらに長い年月を経ていくなかで愛情は深化し、その形は変わってくるもので…

生涯独身という生き方

生涯、未婚のまま過ごすという人が、昨今は男女ともに増えてきているようですが、それも人生のひとつの形なのではないかと考えています。 私はこの拝殿で、様々な悩みや苦しみを抱えた方々と日々、向き合っていますが、不幸やトラブルから抜け出したい一心で…

運命を変える『春夏秋冬性格診断』

春夏秋冬性格診断とは? 私達人間は、自分の性格の欠点を直していくことで、幸せに生きていくことができるのですが、“自分の本来の性格”を知ることは自我が邪魔するために思った以上に難しいのが現実です。 そういった理由で、自分をなるべく客観的に見つめ…

幼い頃から娘に伝えるべきこと

まず、子どもが幼い頃からしっかり教えてあげて欲しいことは、挨拶と礼儀作法についてです。当たり前のことだと思うでしょうが、こうしたことは当たり前すぎて逆に忘れてしまうことも多いのではないでしょうか。 挨拶については「おはよう」「こんにちは」「…