青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

迷信にとらわれていると、気づけないままの人生を送る

連鎖には、家族間だけでなく、根拠のない「迷信」を信じ、それを後世にまで引き継いでしまっている時代錯誤なものもあります。 その代表的なものの一つが、何でもかんでも霊障や先祖のせいにする考え方です。 家族や親族に何か問題が起きると、「先祖の障り…

厳しい経験を通してこそ魂は磨かれる

苦しいこと、辛い体験から逃げずにそれをバネにする。 それができれば、それ以降の人生が新たなシナリオとなって、幸せを呼び寄せます。 困難な状況に置かれた時、そこで自分の課題、責任をまっとうしようと一所懸命に努力しながら、その壁を乗り越えていく…

接触する人たちすべてが修行の対象

幅広い知識がない人ほど、不幸を招いた源を人のせいにしがちです。 例えば、自分の忘れていた過去の出来事を、相手は忘れていなかったこともあるように、根底の原因もわからないままでは、当然、物事を良く考えたうえで自分が解決すべきこととは思いもしない…

いい人でいたいのはなぜ?

これまでも申し上げてきたように、ぼんやりと自分の頭で何かを考えていても、テレパシーでもない限り、あなたがいま考えていることは人には全く伝わりません。自分が思っていること、抱えている感情、嬉しく感じること、悲しい出来事。どうぞ出来るだけたく…

家庭内文化についての知識不足

家庭内の文化は、「うちではこれが当たり前」といういわば家族の “常識” になっていて、普段は他の家庭との違いを意識してはいないのが普通です。 ところが、例えば結婚をして別の家庭に入ると、そこで嫁ぎ先の家庭の文化、“常識” との出会い、「なんでこう…

守護霊の働きについて

守護神と守護霊は別で、守護霊は本人の人格に応じて変わっていくことができます。 守護神は、「守護する神」であり、守護霊は、「守護する霊(ご先祖)」と考えてください。 守護霊は、すでに亡くなっている親族の魂たち=先祖霊ですが、子孫の人格が高いと…

学べる相手と結婚しても気づけない愚かさ

頭では欠点だとわかっていても、開き直るようなタイプの人もいて、そのような人は当然のことながら人間関係もうまくいかず、下手をすると悪いカルマの上塗りになりかねません。 ある一つの例です。 Aさんは、何度同じことをくり返しても、いくら他人から指摘…

思い込みや無知から生まれる迷信

「憑依、憑依」「霊の障り」と騒ぎ立てている人ほど、「神から透視力や除霊力などのご利益を授けられていない人」たちが多く、集客目的や自我を誇示したいがために、宣伝文句のように使っている場合が多いようです。 ようは、本当の「憑依」とはどのようなも…

時代の変化にともなって知識も変わる

時代は今、科学や物質文化の発展によってすごいスピードで進んでいます。 それだけ新しい知識も増え、以前は不可能と思われていたこともどんどん可能になっていくでしょう。 ひと昔前は、「遠くの人と話をしたい」と思っても、とてもかなわぬことだったのが…

夫婦の気づき

みなさんこんにちは。 気がつけば12月。もう1年が過ぎてしまいました。 時がすぎるのは本当に早いものです。 さて、本日は今年最後のnoteの公開になります。 今年最後のnoteは、「夫婦」をテーマにまとめてみました。 私は30代のとき、神様に言われるがま…

聞く力を養う

魂のシナリオにそって生きるなかで、自分の課題と向き合っていく。 そして、人生の困難な状況の中で、自己責任を果たしながら魂を浄化し、人としてあるべき姿、道にそってその壁を乗り越えて、新たなシナリオを描いていく。 そのための第一歩が、気づくべき…

毎日のリズムにめりはりをつける

人には一人一人、違った時間感覚があります。何事にもゆっくりしたペースで臨む人は、せかせかと忙しなく物事を瞬時にどんどん判断していく人のことを「付いていけない」と思い敬遠しているかもしれません。 逆に、感情でも仕事においても処理能力が高く、素…

人生における悩みの大半は人間関係

「私は◯◯大学卒」とか「有名企業に勤めている」、「昔は勉強ができて成績が良かった」などと、昔とった杵柄をいつまでも自慢しているようなタイプの方々は、それが他人にはピエロのように見えていることさえ気づかない……。 これが、本人が気づけない大きな理…

透視とカウンセリングとの違い

「透視」というものを理解されていない方がまだ少なからずいらっしゃいます。 透視はカウンセリングとは全く異なります。 カウンセラーや透視能力がない人は、相手の話をよく聞いていろいろ情報を得る必要があるでしょうが、透視をすると、その場で、問題の…

同じ美味しさを共に味わう時間を大切にする

生活の基本といえば、やはり「食」です。 ところが、最近は一人暮らしの人に限らず、惣菜屋のおかずばかりが並ぶ食卓で家族が食事をしたり、夫婦でお互いに好きな物を買ってきてバラバラのものを食べたりと、食生活の乱れが取り沙汰されることも多くなってき…

逆境や試練という人生の壁

運命のシナリオに記されている逆境や試練という人生の壁。 そんな壁に直面した時でも、豊かな知識を蓄えておけば、それを活かして乗り越えることによって、幸せを得るための新たなシナリオを書き加えることができます。 人生の「まさか」の時、困難な状況に…

すべての出会いには意味がある

世の中には「縁」というものがあります。 どんな出会い方をしても、たとえ憎しみ合うような関係性だとしても、自分と接点があったということは何かしらの「縁」があったということです。 よく「赤い糸で結ばれた運命の相手」などという表現がなされることが…

気づくべきことに気づけない理由

人は誰もが、人生という学びの中で自らの不足に気づいてそれを改め、少しでも心(魂)を成長させるために生まれてきている。 なのに、なぜ多くの人が、気づくべきことに気づけないのか? 私は日々相談者と向き合う中で、ずっとその理由について考えてきまし…

自分の心を育てるとともに他人の心も育てる

人には皆、長所と短所があります。 いいところだけの人はいませんし、悪いところしかない人もいません。 よく「赤ちゃんは天使だ」と生まれたての子供には長所しかないような言い方をする人がいますが、赤ちゃんがどんなに真っさらな存在だとしても、輪廻転…

正しい判断力と偏った判断力の違い

神の愛を受け入れて、それに応えられる自分になるためには、正しい判断力を養う必要があります。 これは、私が自分のお役目を果たしていくうえで特に心がけていることですが、私に限らず誰でも同じだと思います。 私の場合は、神から見せられた相談者の状況…

魂の価値観が違う者同士の結婚はNG

どうしても願いがかなわない理由として、そちらの方向に進むと本人にとって不幸な出来事が起きてしまうので、相談者に対して神仏がそれを止めてくださる場合もあります。 テレビドラマの再現シーンなどを見ていると善悪がわかるように、神仏から見るとはるか…

霊能者に対する正しい知識

これからの時代に求められる知識は、どんな知識でしょうか? 神から透視能力を授かっている私としては、まだ人々の中にある透視(霊視)についての誤解や霊能者に対する偏見を正していくのも大事な役目だと思っています。 私の兄の例をあげます。 兄が30年ほ…

筆まめになる

日頃、相談者の方からたくさんのお便りをいただきます。神殿に相談に来られた後に、気づきを得たことで人生が明るくなった、こじれていた人間関係が自分が変わったことによってよくなったなどと報告してくださる内容だと、この仕事を続けてきてよかったと、…

家庭の常識は社会の非常識

誰もが自分の生まれ育った家庭の習慣や文化を「常識」「当たり前」だと思ってしまうところに、連鎖の怖さがあります。 例えば、毎日家事をきちんとこなし、片付け上手できれい好きの母親のものとで育った子供は、そうすることが当たり前だと思うでしょうし、…

短所も長所に変えていくことはできる

どんな人でも、家庭や仕事、職場の人間関係などを通して、人として成長する機会が与えられます。 私が娘に対して、飾る心もなく、自分の姿を「ダメ親だから……」と言えたのも、私の中に「テレビやマスコミに出ていても、これは仕事の上での人生の一コマのこと…

すごい反響をいただいております。

みなさんこんにちは。おかげさまで好評をいただいておりますnoteの原稿を、少しですがブログでご紹介させていただきます。ご興味ある方はお読みいただけますと幸いです。 「継続的に原稿をまとめてほしい!」という声が多いので、これから定期的にnoteで原稿…

今、自分がここにいることに感謝する

私たちは、今日一日が終わって眠りにつくとき、今日と同じようにまた「明日」が来ると信じています。何か特別なことが控えているという場合でない限り、「明日も平穏に暮らせるだろうか」という心配は抱かないものでしょう。日々は当たり前に続いていく、と…

動物(ペット)との触れ合い

孤独を感じている現代人も多く、動物との触れ合いが生きがいという人も増えています。 ただし、動物もいずれは死を迎えることになるので、それなりに覚悟が必要です。 相談に来られる人の中にも、ペットを亡くしたショックを抱えた方々もたくさんいらっしゃ…

頭で考えるのではなく気持ちと向き合う 

「七度契りて親子となり、三度結びて兄弟と生まる」という古い諺があります。 これは、親子や兄弟の縁は、遥か前世から続くカルマによる因縁からつながっているということを表した言葉ですが、永く繰り返されてきた輪廻転生の中でも、とくに深い絆を持って誕…

体験を通して知識を蓄積する

例えば、夫婦でも相手の気持ちや考えを聞かずに、「こうに違いない」と勝手に思い込んで、実は違っていたということがよくあります。 たいていそれが夫婦喧嘩の元になっているのですが、これも知識不足からやってきています。 夫婦といえども、「なぜそう思…