青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

カルマ

悪しきカルマを生まないために

不幸は、いろいろなことに対する知識不足から起きています。 その知識には、自分自身の欲望も含まれます。 自分の欲望についてもきちんと理解をしておかないと、カルマの解消どころか、カルマの積み重ねになりかねません。 もちろん、人間である以上、食欲、…

「文化の違い」を理解する

ひと口に「身近な人」と言っても、相手が家族の場合と、他人の場合では、当然、交流の仕方も違ってきます。 家族であれば、多少のいさかいがあったとしても、お互いに血を分けた家族であるがゆえの最小限の愛情があります。 喧嘩をしても、時間が経つといつ…

心の壁を乗り越えていくには?

心の奥では、「もっと仲良くしたい」「理解しあいたい」と思っていたとしても、実際にはそう簡単にはいかなかったり、つい衝突してしまったり、溝ができてしまうのがこの世の現実です。 そこには、お互いに越えていかなくてはならないカルマゆえの課題が潜ん…

「死」について

生きている私たちにとって、死とは非現実的な出来事と思ってしまいがちですが、どんな人間にも、平等にいつか必ず訪れるもの、それが「死」です。 ですから死が目前に迫っても、しっかりと平常心を保っていられるよう、常日頃から死について考えてみるのも大…

カルマからの脱出

「気づきとはどういう意味ですか?」 私の本を読んでそう聞いてくる方もけっこうおられます。 気づきとは知識です。 知識を得ることで理解力や判断力が養われます。 ですから、気づかなければいけないことに気づくためには、「幅広い知識を得ること」です。 …

親として子どもに何を伝えていくべきか

子育ての悩みから抜け出し、正しい道へと進むために、しっかりご理解していただきたいことがありますので、そのことをお伝えしたいと思います。 それは、スピリチュアルな視点から見た親と子の関係です。親子というのは、共通するいいカルマ(いい行い)、悪…

嫁姑はお互いの歩み寄りが大切

今は核家族化が進み、夫婦共働きという家庭もかなり多くなっています。そうすると、夫婦共に家庭という閉ざされた箱の中だけではなく、社会に出て働いていますから、昔ほど嫁姑の問題が勃発する原因がないように思えます。 しかし、実際は昔と変わらずに、嫁…

家族は魂の修行仲間

我の強い人は、人との交流の中で周りの人から反発を受けたり、忠告を受けることも多いと思います。 それはその人のカルマがトラブルを引き寄せてしまうからで、言い換えれば、まさにその時が自分のカルマに気づくチャンスでもあるわけです。 いくら本人に言…

“生きた知識” とは

私は知識がある、あれも知っている、これも知っている、もう人から学ばなくてもいい。 でも、その知っていると思っている知識は、何百万、何千万という知識の中のごくわずかです。 有名な大学を出ている、◯◯の資格を取った、雑学が得意、教養がある、などと…

この世で生きる意味

運命のシナリオにそって生きる中で、魂を浄化することがこの世で生きる意味です。 それは、置かれた場所で自分自身の心を磨きながら一所懸命に生きることです。 草花は、人間と違って、「ここは条件がよくない」「こんな場所では咲けない」「あちらの場所が…

本当の “素直” とは 

誰でも「素直に生きられたら楽なのに……」と思ったことがあると思います。子どものように自分の気持ちに正直でいられたら、毎日は楽しいものになるでしょう。 ですが、“素直” とはいったいどんなものなのでしょうか? 大人は往々にして、自分の行動、時には思…

親が子どもを愛せないのはなぜ?

たくさんのご相談を受けていますと、親であるのに子どもを愛せないといった相談者が来ることがあります。我が子が邪魔だからと、家に閉じ込めて餓死させる事件も報道されていました。 親が子どもを愛せないのはどうしてなのでしょうか。 精神的にまだ大人に…

よい相性を築き上げるには

「あの人とは相性が悪い……」といったように、私たち人間はよく人との相性を気にします。私のところでも、たとえば結婚しようとしている人との相性を知りたいといったようなご相談が多くあります。 人との相性というのは、非常に難しいもので、最初は性格が合…

結婚だけが人生のすべてではない

生涯、未婚のまま過ごすという人が、昨今は男女ともに増えてきているようですが、それも人生のひとつの形なのではないかと考えています。 私はこの拝殿で、様々な悩みや苦しみを抱えた方々と日々、向き合っていますが、不幸やトラブルから抜け出したい一心で…

家族間の問題 

家族というのは、血のつながり以上に「カルマ」の深いつながりで結ばれています。家族というのは同じカルマを背負った「運命共同体」ともいえます。 しかし、ここ青森で相談を受けていますと、同じカルマを背負った運命共同体だからこそ発生する、家族間の相…

物事には原因と結果がある

カルマの清算のために転生があるのなら、人間誰しも持って生まれた悪いカルマがあるため、ひとつひとつの言動を罪と切り離して考えることはできません。 しかし今の世の中、法に触れなければ罪ではないでしょと、自分の心の中の善悪は考えず、法律というルー…

真の友達と呼べる人はいますか?

夫や子供、親兄弟を愛せる人は多いですが、友達をきちんと愛せる人はどれくらいいるでしょうか。逆に言うなら、友達を愛することができるようになるということは、すなわち他人を愛せるということでもあり、究極の形である「無償の愛」に一歩近づいたことに…

心を磨く5つのレッスン

今の苦しみや悩みから抜け出すためには、自分の欠点や間違いに “気づいて直す”ことが大切であることを、私はこれまで機会あるごとにみなさんにお伝えしてまいりました。 ただし、この “気づいて直す” ということは、思った以上に難しい面があります。という…

天から授けられた寿命

人間における四苦、「生老病死」の「死」において誤解の多いものには、「寿命」ということがあるかと思います。 たとえば、その家のおばあさんが百歳近い年齢で亡くなったりすると、そのご遺族が、「おかげさまで、祖母は天寿をまっとうさせていただきました…

愛という言葉の意味

「愛」 この言葉を聞いて、あなたは何をイメージするでしょうか? 子供、夫、妻、親、兄弟、恋人……誰か特定の人との情愛を思い浮かべた人もいるかもしれませんね。 しかし、他者というのはあくまで「愛情の対象」であって愛という言葉が示すもののうちのひと…

天から与えられた使命

みなさんの中には、 「私に与えられた使命とは、いったい何なのだろう?」 「この世に自分が生まれてきた目的は何なのか?」 といった疑問を持って、私のところを訪れる方もいらっしゃると思います。しかし、実はそういった使命や目的というものも、運命によ…

人はなぜ噂をしてしまうのか?

人は噂が好きなものです。〝人の悪口は蜜の味〟といわれるように、噂については事の真相を確かめることなく、他人事として興味を持つのが、一般的な人間関係の姿です。昔から、井戸端会議なんていう言葉があるくらい、私たちの日常のすぐ近くにも、噂はたく…

美しく生きる道とは 

日々、多くの相談者と接していてつくづく思うことがあります。それは、自分のことばかり考える人が驚くほどたくさんいらっしゃるということです。 たとえば、人の話を神経を集中させて聞かないため、また、自分にとって都合のいい部分しか頭に入れないためこ…

許す心が世界観を広げる 

悪いカルマの連鎖はとても複雑です。いったいどこが始まりで、どこまで続いていくのか、皆目見当もつかなくなって、どうしたらよいのかさえわからなくなってしまいます。 ある女性は、友人などから「人を見下している」と言われることが何度もあったため最近…

気づきは連鎖していくもの

「気づき」というものは、間違った考え方に気づいて直していくという、精神的な活動を源として、生き方を正しい方向へ軌道修正するというものです。 ある20代の男性は、自分には才能がないと感じてしまい、大学での研究に身が入らず結果が出せないため、この…

家族は同じカルマを背負った共同体 

〝親子の愛〟を感じることができない方がいます。親の愛とは人間の根源的な部分ですから、ここが欠如していると心に問題を抱えてしまう場合があります。 相談者の女性は、「世界でいちばん嫌いなのは両親」と言い切ります。 父親は借金と失踪を繰り返し母親…

相手を攻撃するのは、自分を攻撃すること

気づけていない人というのは、端から見れば間違ったことをしているのですが、自分では正しいことをしていると思い込んでいます。 ある男性は、会社内の後輩(男性)を恨み、彼の女性関係を内部告発をして恨みを晴らしたいという欲望にかられると言います。 …

人生は鯉の滝登り 

私は、相談にいらっしゃった方が幸せになるため、あるいは、不幸の中から立ち上がるために、透視能力を用いてアドバイスをさせていただいていますが、それはあくまでもヒントでしかありません。 もちろん、霊能者としてのお役目を天から授かり、神の使い手と…

意識のズレから起こる親子問題

子供がある程度大きくなったら、今度は、親御さんが人生の先輩という立場で教え導いていくことが大切だと思います。 たとえば、親の威厳を保とうとして、自分は若い頃にはこんなことができた、こういう才能があった、などという自慢話をする方がいますが、そ…

「気づき」を得るための心がけ

私はこれまで、相談ごとや悩みを抱えて私のところにいらっしゃる方々にはもちろん、本や講演会など、機会を得るごとに「気づき」の大切さについてお話をしてまいりました。 それは、「気づく」ということが、幸せになるためには欠かせない、大事なことだと思…