青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

カルマ

相手のことを理解するうえで大事なこと

もちろん、人間である以上、誰でも間違えたり、失敗することはあります。 大切なのは、過ちに気づいて素直に直していくことです。学歴や社会的地位に関係なく、また何歳になっても、たとえ、今、この世を立つ瞬間であっても、自らの過ちに気づけばそれがカル…

天国・地獄はこの世に生きている人の心にある

人は死んであの世に行くと、天国か地獄のいずれかに行く、という話は誰しもよく耳にしていることと思います。 これは、現世で心を戒め、改めるための、見えない世界の比喩として伝えられていることの一つです。 実際には、あの世はそれぞれの人の生前のカル…

自分の歴史を豊かにするためには

カルマを歴史に置き変えて考えてみてください。 人間、誰もがそれぞれに歴史があるように、この世を去っても輪廻転生をくり返しながらまた新たな歴史(カルマ)をつくっていきます。 自分の歴史を豊かにするためには、他人の歴史に学ぶことが大切です。 昔の…

先祖との関わり

「ご先祖様は私たちを守ってくれているんでしょうか?」という質問を受けることもよくあります。 どのような方々でも神仏のご加護があり、ときには亡くなられた先祖が見守ってくれている場合もあるようです。 たとえば、私の場合、亡くなった母が生前と同じ…

気づけるかどうかの分かれ道 

皆さん、遠方からそれなりの交通費や宿泊費をかけてここまで鑑定にいらっしゃるわけですから、一人でも多くの方に気づいていただきたいという気持ちで接しています。 「時間が短い」と言われる方には、透視というものはどういうものかを説明して、「時間をか…

夫婦間の加害者対被害者意識

夫婦間の手綱さばきは、相手に対する心遣いや感謝の心によって、適度に引いたり押したりできる心のゆとりがあってこそ、上手にできるもの。 本来であれば、魂のシナリオにそって出会った相手だからこそ、その思いは生活を共にすることでお互いにいっそう深ま…

苦手な人との接し方 

カルマとは、前世の業のこと。 善い行い、悪い行いのすべてが前世から現世へと受け継がれ、人と人との繋がりも、カルマによって運命づけられていると言っていいでしょう。誰もがカルマがあるゆえの人生を歩み、自分自身で心の安らぎを求めて現世を生きていま…

なぜ自己を過大評価してしまうのか?

さまざまな理由があると思いますが、一つには時代の影響も大きいかと思います。 今の若い世代の親、またその親の世代は、一般的に子や孫に比べて知識不足な世代だったと言えるのではないでしょうか。 自分は大学にも行けなかったのが、子や孫は大学卒が当た…

人が生まれ変わる理由

人が生まれ変わる理由、すなわち、あなたがここに生まれてきたわけ__それは、あなたの人生において、苦しみの原因となっている悪しきカルマの連鎖を止められるように、できるだけ心をきれいに磨いて、あなた自身のスピリットを成長させていくため。 苦しみ…

一般常識の理解を阻む壁 

鑑定に来られる方々はリピーターが多いのですが、なかにはいくらこちらがトラブルの根本原因、問題の原点を理解してほしくて相談者の心の不足について伝えても、それが理解できない方もあり、結果的に同じ不幸や過ちをくり返してしまう……。 そうした方々の過…

結んだ良縁をより深いものにしていくには

ここでは、結んだ良縁をより深いものにしていくためには、どのような方法があるのかをお話ししていきましょう。 互いのカルマが引き合い、現世で結ばれた縁の中には、長い時間をかけて良縁に変わっていくものがあります。「良くも悪くも縁」。運命的な関わり…

気づきが福を呼ぶ

誰もが幸せを求めています。 なのに、心から幸せを感じられる人生を送れている人が少ないのはなぜでしょうか? それは、各々のスピリットの修行の中で、幸・不幸の時期の差があるのと同時に、幸福についての知識が不足しているからだと思います。 幸福にはい…

夫婦関係をより良縁にしていくための心がまえ

夫婦となりし二人 互いにののしり合うは おろかなり この詩は、夫婦の間の「慣れ」の恐ろしさをいい表したものです。 新婚時代は相手に気を遣っていたのに、日常生活の「慣れ」の中で、頭ごなしに相手を批判し、また相手も相手で、冷静になれずに、むきにな…

親としての役目を果たしているか

親子や家族でどんな会話をしているか、お父さんとお母さんがどんな関係を築いているか、子供はそれを見ながら育ち、同じように真似るからです。 「三つ子の魂百まで」と言われるように、どんな親子関係か、どんな家庭に育ったかは、その人のその後の行き方や…

この世で生きる意味とは

運命のシナリオにそって生きる中で、魂を浄化することがこの世で生きる意味です。 それは、置かれた場所で自分自身の心を磨きながら一所懸命に生きることです。 草花は、人間と違って、「ここは条件がよくない」「こんな場所では咲けない」「あちらの場所が…

熟年夫婦が幸せに生きていくために必要なこと

高齢化が進む中で、老後生活についての相談を受けることがよくあります。 特に、年金生活を迎える頃になると、多少なりともそれまでの生活環境とは違ってくることから、夫婦の関係にも微妙に変化が生じやすくなるので注意が必要です。 熟年夫婦にとって特に…

身近な間柄だからこそ気づきにくい点

ここでは、「身近な間柄だからこそ気づきにくい点」についてお話ししたいと思います。 それは家族関係、中でも親子の間のすれ違いで、ここでは息子さんの問題で相談に来られたUさんご夫妻の例を挙げます。 相談内容は、おおよそ次のようなことでした。 息子…

赤い糸に対する身勝手な幻想

比較的多い男女関係の例をあげます。 よく独身の女性の方から「赤い糸はあるんでしょうか?」という質問を受けることがあります。 そのような質問を受けた時には、「ある場合とない場合があります」と答えます。 質問をした方は、「はい、あります。あなたの…

どんな人でも、試練がある

どんな人でも、多かれ少なかれ、人生の壁、すなわち試練があります。 しかし、試練を乗り越えてきた人は、その苦労した経験を新たな知識として、必ずその後の人生に役立てることができます。 例えば、こんなケースがありました。 若い頃、あるスピリチュアル…

あの世のついての誤った知識

私たちが今、知らなくてはいけない知識は、目に見える世界のことがらだけでなく、目に見えない世界の知識も必要です。 その基本となるのが、魂、スピリットは肉体を離れても存続する、輪廻転生するということなのです。 また、あの世についての誤った知識も…

誰にでもその人にとって輝ける場所がある

誰にでもその人にとって輝ける場所があります。 それは何も人から注目されたり、評価を得られることとは直接関係ありません。 例えば、専業主婦の方が、毎日一所懸命に食事をつくったり、家事をこなすことも、家族のためにその人の才能、長所を活かすことに…

判断力や理解力が乏しいと気づけない

「気づきとはどういう意味ですか?」 私の本を読んでそう聞いてくる方もけっこうおられます。 気づきとは知識です。 知識を得ることで理解力や判断力が養われます。 ですから、気づかなければいけないことに気づくためには、「幅広い知識を得ること」です。 …

悪しきカルマの連鎖 

家族は、お互いに成長しあうために関係を結んだ「運命共同体」とも言えます。 しかし、中には、人としての心のあり方、心の知識を教えられない親もいます。 うわべだけの格好よさや学歴など、親の我欲を子供に押しつけたり、自分の無知や非常識さに気づかな…

これからの時代を生きるための知識とは

私は知識がある、あれも知っている、これも知っている、もう人から学ばなくてもいい。 でも、その知っていると思っている知識は、何百万、何千万という知識の中のごくわずかです。 有名な大学を出ている、◯◯の資格を取った、雑学が得意、教養がある、などと…

家族であってもそれぞれに違うカルマがある

我の強い人は、人との交流の中で周りの人から反発を受けたり、忠告を受けることも多いと思います。 それはその人のカルマがトラブルを引き寄せてしまうからで、言い換えれば、まさにその時が自分のカルマに気づくチャンスでもあるわけです。 いくら本人に言…

心の葛藤や悩みがない人はいない

人生には、カルマを清算し、スピリットを成長させるためのシナリオがある。 それは自分の欠点、不足に気づいて直し、長所を活かして人の役に立つことを促すための課題であり、いわば魂の浄化と成長を促す宿題のようなものです。 宿題である以上、逃げられな…

気づけば運命は変えられる

気づくべきことに気づけないというのは、「自分の欠点に気づけない」のか、あるいは「自分の欠点を認めない」ことがそもそもの原因であることに気づけないでいるのか、です。 言い換えれば、自分の欠点や至らなさを素直に認められる人は、気づくべきことに気…

度の過ぎた優しさは問題

例えば、優しい親であろうとして、しっかりと子供のしつけをせずに、子供が勝手放題やっていても「ニコニコしながら見守っている」というケースや、身近な人があからさまに周囲を巻き込んで事態を悪化させているのに、何も注意や手助けもせず、ただ他人事の…

妻や夫が心がけておくべき点

まず、妻としては、 一、夫のメンツをつぶさないこと 二、夫を立てつつ、陰で上手に夫を誘導していくこと ではないかと思います。 世の多くの男性は、メンツをつぶされることを嫌います。まして自分の奥さんにプライドを傷つけられるような言動を取られたら…

「文化の違い」をどれだけ理解しているか

ひと口に「身近な人」と言っても、相手が家族の場合と、他人の場合では、当然、交流の仕方も違ってきます。 家族であれば、多少のいさかいがあったとしても、お互いに血を分けた家族であるがゆえの最小限の愛情があります。 喧嘩をしても、時間が経つといつ…