青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

カルマ

美しく生きるために

日々、多くの相談者と接していてつくづく思うことがあります。それは、自分のことばかり考える人が驚くほどたくさんいらっしゃるということです。 たとえば、人の話を神経を集中させて聞かないため、また、自分にとって都合のいい部分しか頭に入れないためこ…

運命は変えることができる?

“運命”という言葉を聞いたとき、みなさんはどのように考えるでしょうか。 「運命は決まっているのだから抗うことはできない」「運命は自分で選ぶこともできるし、変えることもできる」 恐らく、このどちらかに分かれるのではないでしょうか。今日は、この“運…

恨みが生み出すものとは?

気づけていない人というのは、端から見れば間違ったことをしているのですが、自分では正しいことをしていると思い込んでいます。 ある男性は、会社内の後輩(男性)を恨み、彼の女性関係を内部告発をして恨みを晴らしたいという欲望にかられると言います。 …

カルマと連鎖の現れ方

同じきょうだいであっても、たとえばかたやお金持ちでうらやましがられるような存在なのに、かたやお金に縁遠いという違いが出ることもあります。 これは、“その人個人のカルマ” ゆえなのです。 もし、きょうだいといえども、相手の良いカルマを妬み、嫌がら…

不幸の種を取り除く方法

自分の欠点、不足に気づかないとどうなるのか、そして、人生のシナリオを新たに書き加えるには何が必要かについて、いくつか具体的な事例をあげながらみなさんによくお考えいただければと思います。 これまで、相談者の方々が来られるたびに、「あなたが気づ…

なぜこの世から悪がなくならないのか?

どんなに立派に見える人であっても、この世に生まれてきたということは、どこかに心の不足(欠点)があるからこそ。 無知や我欲、人の道に外れた悪行と呼ばれるさまざまな行いも、そこから生じています。 しかし、それでも、神は、たとえどのような人であっ…

はじめの一歩をあなたから 

「妻との溝がいつの間にか広がって、最近は何を話してもことごとく喧嘩になるようになりました。喧嘩ばかりでは子どもの教育にもよくないので、こんなことなら離婚したほうがいいのではないかとも思うのですが、離婚は妻が承諾しません。この生活を改善する…

親子ゲンカは気づきのチャンス

人が生きて行く上で他人と関われば、意見の対立が起きるのは当たり前のこと。それは縁を結んだ親しい間柄の人であっても、変ることはありません。 だからといって、意見の食い違いがすべて悪いことだというわけではありません。 似通ったカルマを持って生ま…

人間がこの世に生まれる目的

前世から持ってきた自分の性格の中に、「すぐに飽きる」「目立ちたい」「人から称賛されたい」「人を見下す」「名誉がほしい」といった傾向が潜んでいないかどうかを、まずよく見てみること。 こうした性格傾向により、自分の周りの人々を小馬鹿にしたり、他…

「見えない世界」の誤った知識

人生の荒波を決死の覚悟で乗り越えようと地道に努力されている方々がいる一方で、「先祖霊のやっていること」などといっては悩める人や信者から利益を得ている一部の宗教家もいます。 神がどんな気持ちで私達を見ているかなど考えることもなく、「自分自身が…

カルマ・グループのご縁

カルマ・グループとは、同じような欠点、短所を改めるという課題を背負っている仲間、グループのことですが、それがどんな欠点であっても、共通しているのは、自己中心的な考え、傲慢さ、わがまま、つまり我欲と、知識・常識不足です。 人からよく見られたい…

気づくためのきっかけ

誰もがカルマがあるゆえの人生です。 カルマとは前世の業です。業というのは善い行い悪い行いのすべてです。 現世には、前世でやり残した課題を持ち越してきます。 個々のカルマの持つ運命にあう両親のお腹を借りて、前世の記憶を消し、まるですべてを忘れて…

親が過ちに気づいて変われば子どもも変わる

親が自らの過ちに気づいて変われば、必ず子どもも変わっていきます。 「人としてどうあるべきか」「自分には何が欠けていたのか」、その心の大切さに親が気づけば、写し鏡のように子どもにもそれが伝わるのです。 ですから、子どもに変わってほしければ、ま…

現世の道のりを歩むうえで大事なこと

一時の我が身を守り 罪を隠してみても いずれは返る 我が身の元へ この世の誰もが輪廻転生をくり返している限り、人生というものは、前世(過去世)から現世、そして、来世における生をもすべて含んで、自らの罪を贖う旅。である以上、罪を隠すのは愚かなこ…

幼児教育の大切さ

お子さんがいる方であれば、子育てに悩み、途方に暮れてしまったことがあるのではないでしょうか。 とくに、幼児のときは手に負えずに振り回されてしまい、精神的に疲れてしまう方も少なくありません。また、子どもは無力な存在ですから、将来を考えると「こ…

あなたの人生のシナリオ

自分らしい花を咲かせる場所、自分の才能や長所を活かして輝ける場……。 実のところ、それはその人自身の魂が決めてきています。 私たちは輪廻転生をくり返す中で、誰もがカルマを積み重ねています。 カルマがあるがゆえに再びこの世に生まれ変わることを決意…

自分の歴史を豊かにするためには

カルマを歴史に置き変えて考えてみてください。 人間、誰もがそれぞれに歴史があるように、この世を去っても輪廻転生をくり返しながらまた新たな歴史(カルマ)をつくっていきます。 自分の歴史を豊かにするためには、他人の歴史に学ぶことが大切です。 昔の…

ご先祖と子孫の関係

守護神と守護霊は別で、守護霊は本人の人格に応じて変わっていくことができます。 守護神は「守護する神」であり、守護霊は「守護する霊(ご先祖)」と考えてください。 守護霊は、すでに亡くなっている親族の魂たち=先祖霊ですが、子孫の人格が高いと霊格…

心の修行

幅広い知識がない人ほど、不幸を招いた源を人のせいにしがちです。 例えば、自分の忘れていた過去の出来事を、相手は忘れていなかったこともあるように、根底の原因もわからないままでは、当然、物事を良く考えたうえで自分が解決すべきこととは思いもしない…

幸せな人生を歩んでいますか?

神や、守護神・守護霊は、どんな人であってもその人の幸福を願っています。 ということは、どんなカルマがあろうとも、神に愛される生き方を望む、すなわち、自分の欠点に気づいて直すならば、自分の心次第で幸せを手に入れることができるのです。 そのよう…

結婚生活に必要なこと

夫婦関係は家族の中でも最も重要なものです。この関係にヒビが入り壊れてしまうと、離婚。つまり、家庭の崩壊です。 もちろん、片親でも幸せな家庭を築いている方もたくさんいらっしゃるので、一概に離婚が悪いことだとはいえませんが、両親の離婚によって子…

カルマがとりもつ縁

七十億もの人がいるこの地球上で巡りあったこと自体、カルマがとりもつ縁です。それを「必然」と言わずして、何と言えるでしょうか? 中には、「出会うべくして出会った」「天の力が働いたとしか思えない」という運命的な出会いを体験している方々もいらっし…

離婚の悩み

離婚の悩みで私のもとを訪れる人は、本当にたくさんいらっしゃいます。 結婚する相手とは、カルマのご縁で結ばれていますが、このカルマの種類は実に様々で、前世で受けた恩を返すために結ばれるご縁、難病で生まれる子どもの親となり、共に力を合わせて乗り…

魂を磨いていくためには

気づきや知識は、いうなれば、心を成長させ、魂を磨いていくための推進力のようなもの。 善と悪の両方があるこの世にあって、自分の心の一つの欠点に気づいて直し、そしてまた別のカルマに気づいてそれを克服しながら、心の垢を落として人間的な成長を遂げて…

負の連鎖から抜け出す方法

疫病神というのは「神」という言葉がついているが故に、「何か神秘的なもの」「人間の範疇では計れないもの」というイメージを持ちますが、実際、なんのことをいっているのかというと、「人間」のことなのではないでしょうか。 では、その「人間」というのは…

心の知識不足について

不登校、ひきこもり、そして不満があるとすぐに会社を辞めたり、簡単に離婚する、そのような若者や大人達が珍しくない状況です。 こうした用件で、私のもとを訪れる相談者の何と多いことか……。 昔は「地震・雷・火事・親父」といわれ、恐い存在がいたことで…

子どもの気持ちに気づけない親

中学1年生の子どものお母さんの相談話です。 そのお母さんがいうには、その子はとっても良い子で、何一つ親に反発しなかったそうです。 ある日の朝、その子が起きてこないので、おかしいなと思ってお母さんが子どもの部屋に見にいった。 すると、その子が首…

「心の固定資産」とは

知識・常識不足やお互いの我欲のぶつかりあいによって起きるさまざまな家族間の問題、たとえば、離婚問題、子供のひきこもり、家庭内暴力、DV、介護や遺産相続のもつれ、同族経営会社内のトラブルなど、一度火がついてしまった家族間の問題は信じがたいほど…

家の中の負の連鎖を断ち切る方法

私たちの親子関係が始まるときにも、カルマは強く関わっています。 人は生まれるときに、自分が背負っているカルマと関わりのあるカルマを持っている両親を選んでいます。 新たに生まれたときは当然、前世の記憶はありません。 しかし、過去世(生まれる前)…

子どもは親の心を映し出す鏡

突然の事故や病気による急死など、家族や周囲の人達が思いもよらない形で、人が亡くなる場合も、やはりそれはその人の運命、寿命だったといえます。 例えば、親子喧嘩をした後、息子さんが家を飛び出してバイクに乗って出かけた直後に、大型ダンプカーに衝突…