青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

カルマ

人生には苦労がつきもの

どんな人にも生きるうえでの苦しみや障害が訪れます。 それは、裏返して見れば、カルマに気づくためのチャンスなのです。 苦しみの中にこそ、本人が気づかなくてはいけないカルマの種が潜んでいるのです。 苦しみとは、「自分の思い通りにならない困難な状況…

悪しき連鎖を断ち切るには

悪しき連鎖を断ち切るには、まず知識を得ること、そして教育がとても大切です。 とりわけ、封建的な考え方の誤りに気づくには、いかに教育が大切か__それは、これまでの歴史をふり返るとよくわかります。 かつて、日本では「女性には学問は必要ない」など…

仲直りは自分から

人が生きて行く上で他人と関われば、意見の対立が起きるのは当たり前のこと。それは縁を結んだ親しい間柄の人であっても、変ることはありません。 だからといって、意見の食い違いがすべて悪いことだというわけではありません。似通ったカルマを持って生まれ…

気づけない心の連鎖は親子間の歪みをも生む

理解力や判断力が足りない親に育てられた子供が対人関係で失敗するケースの大半は、子供の頃、一度は人間関係で失敗したり、「良い人」を演じ続け、神経を使い過ぎて人との交流がうまくできず、仕事でしくじったり、精神を病んでしまい、薬を飲んでも効かず…

幸せになるための条件

今回は日々を暮らす中ですぐに実践できる「幸運を呼び寄せる気づき」についてお話ししたいと思います。 「幸せを呼び寄せる」といっても、何の努力もせずに、「アブラカダブラ……」や「チチンプイプイ」などと呪文を唱えれば幸せになれるということではありま…

神様が嫌う心とは

感情の起伏が激しい人、人を陥れようとする人、もう一つは、ひがみ根性の人です。 感情の起伏が激しいと、いくら神が善い方向に導こうと思っても、本人の心が乱れているためにその援助を受け取れず、それだけ自分の不足、欠点にも気づきにくくなるのです。 …

不幸の正体

拝殿を訪れる方の中に、「今の不幸は、ご先祖様の霊が悪さをしているからだと思うので何とかしてほしい」とおっしゃる方がいらっしゃいます。そういう方は、中途半端な知識から、そのような考えをお持ちになってしまったのだと思います。しかし自分の孫や子…

心の固定資産とは

知識・常識不足やお互いの我欲のぶつかりあいによって起きるさまざまな家族間の問題、たとえば、離婚問題、子供のひきこもり、家庭内暴力、DV、介護や遺産相続のもつれ、同族経営会社内のトラブルなど、一度火がついてしまった家族間の問題は信じがたいほど…

願いがかなわないのにはかなわない理由がある

どのような形であっても、普段から心の中できちんと神仏を守っている人は、「神に守られている」ことにも気づきやすいかもしれません。 ところが、昨今、「神様、◯◯してください!」と願い事をする人はたくさんいても、「神様、いつも守ってくださり、ありが…

自分の心をよく観察してみる

前世から持ってきた自分の性格の中に、「すぐに飽きる」「目立ちたい」「人から称賛されたい」「人を見下す」「名誉がほしい」といった傾向が潜んでいないかどうかを、まずよく見てみること。 こうした性格傾向により、自分の周りの人々を小馬鹿にしたり、他…

親を選んだのはあなた

魂から見たら、似た部分が多いカルマ、課題を持つもの同士が親となり子供となって、この世で縁を結びます。 仮に、知識不足と思われる親のもとに生まれてきたとしたら、それはその子供の魂が選ぶべき理由があってその親を選んで誕生に至ったわけです。 です…

他人の物差しで自分を計っていませんか

「気づき」を迎えるには、心に汚れのない清らかなスペースが必要です。 分かりやすく説明してみましょう。心は洋服ダンスのようなものだと想像してください。 タンスにはたくさんの引き出しがあるのに、あなたはその中に「楽しかったこと」も「失敗したこと…

荒行をすることは無意味

あなたの願いを叶え、幸せを手に入れるためには◯◯行をしなければいけない。 不幸の原因は、神の通り道である霊道だから。 あなたの人生がうまくいかないのは、悪霊が憑いているから。 困っていたり、悩みを抱えているときに、いかにも能力者然とした人からそ…

心と心を通い合わせる交流の基本とは

連鎖は、人が見ていないところでも何気ない仕草などに現れます。 昔、母がこんな話をしてくれたことがありました。 それは知人宅での出来事です。母がふと台所のほうに目をやったところ、奥が見えた。すると、その家人は他の人が食べたお皿を洗わず、それに…

スピリットの目覚め

人生のさまざまな苦悩に直面した時が、目覚め、すなわち、気づきのチャンスです。 一見不幸に思える困難や苦しみは、スピリット(精神・魂)が目覚めるためのきっかけになるからです。 目覚めとは、自分の運命、カルマに気づくことです。 神から透視(霊視)…

神様が私達に望んでいるこことは?

神に愛される生き方__もしあなたがそのような生き方を真に望まれているなら、まず、「神は、この世に生きている私達に何を望まれているのか?」を正しく知る必要があります。 神とは、私達を守護してくださっている神霊界(あの世)の神仏のことですが、そ…

カルマの法則について

私がこれまで折に触れて皆さまにお伝えしてきた、カルマの法則についてもう一度お話ししておきたいと思います。 このブログを初めて読まれる方にとっては、新たな知識として、また何度か読まれている方々にとっては、再確認の意味で、改めて心に留めておいて…

幸せへの扉

神や、守護神・守護霊は、どんな人であってもその人の幸福を願っています。 ということは、どんなカルマがあろうとも、神に愛される生き方を望む、すなわち、自分の欠点に気づいて直すならば、自分の心次第で幸せを手に入れることができるのです。 そのよう…

自分の魂が後悔しない生き方を

私たちは、この世に生まれ出でて、何を目的として生きるべきか? あなたが、魂の幸せを求めるのであれば、良質な魂の仲間づくりが必要でしょう。 そして、人生における困難な状況もまた、心を成長させてくれるチャンスです。 人生が順調に行っている時よりも…

人生には必ず光と陰の両面がある

運命(魂)のシナリオに書かれていることがらは、この世において否応なしに直面することになり、それはまるで磁石のように見えない力で引き寄せられます。 ここで、私自身の例をあげたいと思います。 本のテーマを決めるにあたって、編集者の方々と最終的な…

時には弱音を吐くことも大切な行為

このあいだ拝殿にみえた女性の相談は、「いつになったら夫の事故の後遺症は良くなるのか。それより、もう諦めて離婚したほうがいいのか」ということでした。神にお伺いすると、「リハビリによって少しは良くなるけれど、夫の体は決して元通りにはならない」…

人生をしくじってしまうプライド

相談者の中でも特に多いのは、社会的地位の高い夫を持つ妻が、自分までもが「偉い!」「人よりも優れている!!」と思い込んでいて人を見下し、そのあげく、子育てにおいても失敗してしまうケースです。 このプライドがとてもやっかいなのは、本人がその愚かさ…

カルマの壁を乗り越えるためには

ほぼ三十年の間、何万何千という方々の人生相談に応じる中で、前世と現世がどのように関係しているのか、過去のカルマが今の人生にどのような影を落しているのか、本人がそれに気づけないのはどうしてか、等々について、神からその原因と結果を目の当たりに…

親から子への負の連鎖

心の不足、知識不足ゆえの連鎖__それは足音もなく子供の心に忍び寄り、いつしか「気づけない大人」となってしまい、結婚、出産を経て、さらに子や孫へとその連鎖が続いていきます。 かれこれ30年以上、数多くの人たちと接してきた中で、私はそのような気…

難行苦行では苦しみからは解放されない

ブッダは、長期間にわたる断食など、それまでインドで行われていた肉体を痛めつけるような苦行を否定し、人として正しい心のあり方を示されました。 ご自身が、長い断食と瞑想を続けた結果、やがて意識を失って倒れ、死にかけたところをスジャータという村の…

なぜ人は生まれ変わるのか?

この世に転生し、生まれ変わったということは、「やり直すチャンス」が与えられている、ともいえるのです。 今、この世に生を持って生きている私たちの誰もが、やり直すチャンスを与えられている、だとしたら、何をやり直せばよいのか? それはその人のカル…

対人関係のもつれや争いの原因

宗教間の対立や戦争が起きるのはなぜか? それは宗派という個別の文化が壁となって、相手の文化を認めず、自分の文化が絶対的に正しい、相手もそれを受け入れるべきだという押しつけが高じてしまうからです。 共通するモノサシ(規範)や理想とする姿を求め…

カルマを克服するための試練

神からすると、どんな人間にもカルマがある以上、本人がそのカルマに気づいて改めるまで諦めることなく手を差し伸べ続ける。そのようにすべての人間を我が子のように見守り、成長を望んでいます。 わかりやすくいえば、神から見たら、人間は皆、大なり小なり…

接触する人たちすべてが修行の対象

幅広い知識がない人ほど、不幸を招いた源を人のせいにしがちです。 例えば、自分の忘れていた過去の出来事を、相手は忘れていなかったこともあるように、根底の原因もわからないままでは、当然、物事を良く考えたうえで自分が解決すべきこととは思いもしない…

守護霊の働きについて

守護神と守護霊は別で、守護霊は本人の人格に応じて変わっていくことができます。 守護神は「守護する神」であり、守護霊は「守護する霊(ご先祖)」と考えてください。 守護霊は、すでに亡くなっている親族の魂たち=先祖霊ですが、子孫の人格が高いと霊格…