青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

カルマ

カルマに気づくためのチャンス

どんな人にも生きるうえでの苦しみや障害が訪れます。 それは、裏返して見れば、カルマに気づくためのチャンスなのです。 苦しみの中にこそ、本人が気づかなくてはいけないカルマの種が潜んでいるのです。 苦しみとは、「自分の思い通りにならない困難な状況…

間違った “親孝行”

理解力や判断力が足りない親に育てられた子どもが対人関係で失敗するケースの大半は、子どもの頃、一度は人間関係で失敗したり、「良い人」を演じ続け、神経を使い過ぎて人との交流がうまくできず、仕事でしくじったり、精神を病んでしまい、薬を飲んでも効…

本当のお役目

「自分のお役目がわからない」と相談に来られる方々も多くいらっしゃいます。 会社の社員としてちゃんと勤めている人であっても、「何かもっとお役に立つことをしたいんです」といって相談に来られる。 私は内心「えっ、なんで」と思いながらも、透視をして…

人生には必ず光と陰がある

運命(魂)のシナリオに書かれていることがらは、この世において否応なしに直面することになり、それはまるで磁石のように見えない力で引き寄せられます。 ここで、私自身の例をあげたいと思います。 本のテーマを決めるにあたって、編集者の方々と最終的な…

あなたの魂の課題

魂から見たら、似た部分が多いカルマ、課題を持つもの同士が親となり子どもとなって、この世で縁を結びます。 仮に、知識不足と思われる親のもとに生まれてきたとしたら、それはその子どもの魂が選ぶべき理由があってその親を選んで誕生に至ったわけです。 …

共有するカルマの持ち主たち

「七度契りて親子となり、三度結びて兄弟と生まる」という古い諺があります。 これは、親子や兄弟の縁は、遥か前世から続くカルマによる因縁からつながっているということを表した言葉ですが、永く繰り返されてきた輪廻転生の中でも、とくに深い絆を持って誕…

原点を知り、原因に気づく

皆さん、遠方からそれなりの交通費や宿泊費をかけてここまで鑑定にいらっしゃるわけですから、一人でも多くの方に気づいていただきたいという気持ちで接しています。 「時間が短い」と言われる方には、透視というものはどういうものかを説明して、「時間をか…

自分は不幸だと嘆いてしまう理由

なぜ自分は不幸だと嘆いてしまうのでしょうか? それは自分の思い通りにならないことを、すべて自分以外の人や出来事のせいにしているからです。 そのような人に限って、不幸の原因は本人の心の未熟さにあり、自己責任であることを指摘されると、烈火のごと…

調和や平和をもたらすカギ

宗教間の対立や戦争が起きるのはなぜか? それは宗派という個別の文化が壁となって、相手の文化を認めず、自分の文化が絶対的に正しい、相手もそれを受け入れるべきだという押しつけが高じてしまうからです。 共通するモノサシ(規範)や理想とする姿を求め…

気づけない心から気づける心へ

心の不足、知識不足ゆえの連鎖__それは足音もなく子どもの心に忍び寄り、いつしか「気づけない大人」となってしまい、結婚、出産を経て、さらに子や孫へとその連鎖が続いていきます。 かれこれ30年以上、数多くの人たちと接してきた中で、私はそのような…

目に見えない世界の知識も必要

私たちが今、知らなくてはいけない知識は、目に見える世界のことがらだけでなく、目に見えない世界の知識も必要です。 その基本となるのが、魂、スピリットは肉体を離れても存続する、輪廻転生するということなのです。 また、あの世についての誤った知識も…

カルマとの闘い

親が気づけないのは、その親も気づけなかったから。ということは、その親も、またその親も正しい知識を子どもに教えられなかったということです。 気づけなかったために、また縁のある親のもとに生まれてくる。 自分の子どもとして生まれてきたのは共通する…

誰にでも輝ける場所がある

誰にでもその人にとって輝ける場所があります。 それは何も人から注目されたり、評価を得られることとは直接関係ありません。 例えば、専業主婦の方が、毎日一所懸命に食事をつくったり、家事をこなすことも、家族のためにその人の才能、長所を活かすことに…

不幸に立ち向かうには

拝殿を訪れる方の中に、「今の不幸は、ご先祖様の霊が悪さをしているからだと思うので何とかしてほしい」とおっしゃる方がいらっしゃいます。そういう方は、中途半端な知識から、そのような考えをお持ちになってしまったのだと思います。しかし自分の孫や子…

あなたがここに生まれてきたわけ

人が生まれ変わる理由__それは、あなたの人生において、苦しみの原因となっている悪しきカルマの連鎖を止められるように、できるだけ心をきれいに磨いて、あなた自身のスピリットを成長させていくため。 苦しみをつくりだしている自分自身の中にある原因、…

欠点は自分自身でしか直せない 

頭では欠点だとわかっていても、開き直るようなタイプの人もいて、そのような人は当然のことながら人間関係もうまくいかず、下手をすると悪いカルマの上塗りになりかねません。 ある一つの例をご紹介いたします。 Aさんは、何度同じことをくり返しても、いく…

気づかなければ何も変わらない

私たちは、今日一日が終わって眠りにつくとき、今日と同じようにまた「明日」が来ると信じています。何か特別なことが控えているという場合でない限り、「明日も平穏に暮らせるだろうか」という心配は抱かないものでしょう。日々は当たり前に続いていく、と…

ご先祖様は私たちを守ってくれている?

「ご先祖様は私たちを守ってくれているんでしょうか?」という質問を受けることがよくあります。 どのような方々でも神仏のご加護があり、ときには亡くなられた先祖が見守ってくれている場合もあるようです。 たとえば、私の場合、亡くなった母が生前と同じ…

自己を過大評価してしまう理由

理由はさまざまあると思いますが、一つには時代の影響も大きいかと思います。 今の若い世代の親、またその親の世代は、一般的に子や孫に比べて知識不足な世代だったと言えるのではないでしょうか。 自分は大学にも行けなかったのが、子や孫は大学卒が当たり…

苦手な人は誰ですか?

世の中には「縁」というものがあります。 どんな出会い方をしても、たとえ憎しみ合うような関係性だとしても、自分と接点があったということは何かしらの「縁」があったということです。 よく「赤い糸で結ばれた運命の相手」などという表現がなされることが…

カルマを解消するうえで注意すべきこと

前世のカルマは、家族以外の縁ある人との間でも浮上してきます。 カルマは、たとえ遠く離れていても、人と人、男性と女性を磁石のように引き寄せるからです。 例えば、すでに結婚してパートナーがいるのに他の異性をすごく好きになってしまう場合があります…

熟年夫婦にとって大事なこと

高齢化が進む中で、老後生活についての相談を受けることがよくあります。 特に、年金生活を迎える頃になると、多少なりともそれまでの生活環境とは違ってくることから、夫婦の関係にも微妙に変化が生じやすくなるので注意が必要です。 熟年夫婦にとって特に…

気づき合える親子関係を築く

親子や家族でどんな会話をしているか、お父さんとお母さんがどんな関係を築いているか、子どもはそれを見ながら育ち、同じように真似をします。 「三つ子の魂百まで」と言われるように、どんな親子関係か、どんな家庭に育ったかは、その人のその後の生き方や…

度の過ぎた優しさは悪いカルマとなる

例えば、優しい親であろうとして、しっかりと子どものしつけをせずに、子どもが勝手放題やっていても「ニコニコしながら見守っている」というケースや、身近な人があからさまに周囲を巻き込んで事態を悪化させているのに、何も注意や手助けもせず、ただ他人…

カルマの解消において大切なこと

ものごとを過去・現在・未来というひとつながりで考えていくことによって、自分自身のカルマや人生の課題、テーマが見えてきます。 ですから、「自分は何のために生まれてきたのか?」「なぜ人は輪廻転生するのか?」を把握することが大事なのです。 輪廻転…

子どもをむやみやたらと叱らない

子どもが3〜4歳くらいになると、子育ての中でも、徐々に躾が大事な要素になってきます。 中でも、やってはいけないことをどう理解させるか、といったことがもっとも重要なポイントではないかと思います。 ただ、実際の様子を見ていると、小さい子どもには言…

出会うのはお互いの魂を促すため

人との交流を通して自分を成長させていくために、ぜひ知っておいていただきたいことがあります。 それは、魂のレベルから見た場合、「あなたに起こっていることはすべて意味がある」ということです。 これは人との関わり合いにおいても同じことで、「あなた…

人間の生に対する疑問

人間はどうして生まれてくるのでしょうか。 みなさんも人生のどこかで、 「人はなぜ生まれてくるのだろう」 「私は、何のために生まれてきたのだろうか」 といった疑問を自分自身の心に問いかけたことがあると思います。 いわば、人間の生に対する疑問は、人…

理解しあうためには3つの心がけが大切

人間である以上、誰でも間違えたり、失敗することはありますよね。 大切なのは、過ちに気づいて素直に直していくこと。 学歴や社会的地位に関係なく、また何歳になっても、たとえ今、この世を旅立つ瞬間であっても、自らの過ちに気づけばそれがカルマの克服…

話が通じない理由

鑑定に来られる方々はリピーターが多いのですが、なかにはいくらこちらがトラブルの根本原因、問題の原点を理解してほしくて相談者の心の不足について伝えても、それが理解できない方もあり、結果的に同じ不幸や過ちをくり返してしまう……。 そうした方々の過…