青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

気づき

試練はカルマに気づくきっかけ

気づくためには、「ピンチをチャンスに変える」ことが大事です。 失業をした、リストラにあった、事業が失敗した、失恋した、離婚した、子供がひきこもりになった、病気になった、入院生活を送ることになった、余命を宣告された。 こうした一見不幸に思える…

驕りは身を滅ぼす

我こそは 誰よりもできると 疑わず プライドだけの 根なし草かな この詩の意味するところは、「驕る平家は久しからず」という諺通り、自分の地位や才能などを理由に傲慢になって、思いあがった行いをしていると、やがては身を滅ぼす結果になる、ということで…

人としての道理

運命のシナリオは、磁石のように引き合い、深い関係を生じさせます。 関係があるからこそ、この両親から生まれてきた。 関係があるからこそ、この人と出会い、結ばれた。 関係があるからこそ、この職場に入り、成すべき仕事を与えられた。 関係があるからこ…

人生の目的

これまで、いく度となく、幅広い知識・常識を得ることが大事だと述べてきました。 しかしながら、まだその意味をよく把握されていない方もいらっしゃるかもしれません。 なぜ、知識・常識がそれほど大事なのか? それは、知識・常識があれば、正しい理解力や…

結婚すれば幸せになるわけではない

夫婦間の手綱さばきは、相手に対する心遣いや感謝の心によって、適度に引いたり押したりできる心のゆとりがあってこそ、上手にできるもの。 本来であれば、魂のシナリオにそって出会った相手だからこそ、その思いは生活を共にすることでお互いにいっそう深ま…

嫌な人との接し方 

カルマとは、業のこと。 善い行い、悪い行いのすべてが現世へと受け継がれ、人と人との繋がりも、カルマによって運命づけられていると言っていいでしょう。誰もがカルマがあるゆえの人生を歩み、自分自身で心の安らぎを求めて現世を生きています。 人が生き…

良縁に出会う旅

今回は、結んだ良縁をより深いものにしていくためには、どのような方法があるのかをお話ししていきましょう。 互いのカルマが引き合い、現世で結ばれた縁の中には、長い時間をかけて良縁に変わっていくものがあります。「良くも悪くも縁」。運命的な関わりが…

噛み合わない会話の原因

人と交流をするうえで心がけておくべきなのは、相手の気持ちをくみ取り、思いやりを持つことで、これはどんな関係、どんな間柄であっても言えることではないでしょうか。 ただし、自分では思いやりを持って話したつもりでも、相手の心がそれを素直に受け入れ…

福の神と貧乏神

誰もが幸せを求めています。 なのに、心から幸せを感じられる人生を送れている人が少ないのはなぜでしょうか? それは、各々のスピリットの修行の中で、幸・不幸の時期の差があるのと同時に、幸福についての知識が不足しているからだと思います。 幸福にはい…

気づきのヒントになるのは

気づきのヒントになるのは、あらゆる知識をあらゆる人から謙虚に学ぶ姿勢です。 知識を学ぶためには、自分に関することだけではなく、自分以外のことにも関心を持って、あらゆることに目を向けなくてはなりません。 相手が話す内容に対しても、自分に関する…

知識、理解力、思いやり

知識、理解力、思いやり(愛)、この3つがあれば、我が抑えられ、どんな人とも仲良くすることができます。 __生前、母と語りあったあの頃の会話が、まさかこんなに大切な「言葉」だったとは……。そして、その大切さを、私が語る時期が来るとは思いもしませ…

良縁の結び方

ある日、私が神殿で次の相談者の人に「どうぞお入りください」と声をかけたときのことです。 中年の女性が扉を半分開けて「木村先生、こんにちは。次は私の番なのですが、私の次の方がとてもお急ぎだそうなので、先生がご許可くださるなら、順番を替わってあ…

高学歴のプライドだけの人

ここ数年、相談に来られる方で目につくのが、可愛い女性を演じながら知識が不足している高学歴の女性が多いことです。 外面だけよくて、心にもないことをベラベラと喋り続ける。 「すばらしい理想のパートナーが現れます」などと自分が期待したとおりのこと…

生きた知識を学ぶ必要性

「何事も自分と関係がある、どんなことからでも学べる」 そのように捉え、考えられるようになると、自分の欠点、短所にも気づきやすくなると同時に、自分の長所や隠れた才能にも気づいてそれを活かしやすくなります。 それは、得た知識が心の栄養となって、…

現実が見えないと転職を繰り返す

自分にとっての適職がわからない、やりがいのある仕事や職が見つからないと、職を転々とする方がいらっしゃいます。 人それぞれに事情や理由はあるのでしょうが、そのような方の中には、現実よりも理想ばかりを追い求めている方が少なからずいらっしゃいます…

人とのつながり

若者の間で「空気を読む」という言葉が頻繁に使われるようになったのは、いつの頃からだったでしょうか。 日本人にはもともと「相手の立場を慮る」という気風があって、個人主義が確立している欧米諸国と比べると、人の「和」を何より大切にすることを美徳と…

赤い糸に対する身勝手な幻想

比較的多い男女関係の例をあげます。 よく独身の女性の方から「赤い糸はあるんでしょうか?」という質問を受けることがあります。 そのような質問を受けた時には、「ある場合とない場合があります」と答えます。 質問をした方は、「はい、あります。あなたの…

相手に何かを要求するなら

人間である以上は、誰でも間違いを起こしたり失敗することはあるでしょう。 それでも、常に前を向き、自分のやるべきことを続けていくことの先には、明るい出来事や素敵なご縁が待っていると私は思っています。 ところが相談者の中には、自分の言葉数のみ多…

人との交流がうまくできない人の共通点 

人との交流がうまくできない人は、言葉のキャッチボールが苦手で、それゆえ理解力や判断力に欠け、周りから浮いてしまったり、人とトラブルを起こしやすくなります。 そもそも、会話において話がかみ合っていなければ意思の疎通がうまくいかず、何か問題が生…

どんな人でも、試練がある

どんな人でも、多かれ少なかれ、人生の壁、すなわち試練があります。 しかし、試練を乗り越えてきた人は、その苦労した経験を新たな知識として、必ずその後の人生に役立てることができます。 例えば、こんなケースがありました。 若い頃、あるスピリチュアル…

知識の倉庫を豊かにしておくこと

例えば、交通事故に遭ったとします。 知識のストックがなければ、ただ慌てふためいたり、大声を出して一方的に相手を責めるなど、さらに問題を悪化させてしまうおそれがあります。 一方、交通ルールや法律、保険、相手との交渉の仕方などの知識がちゃんとあ…

認知症の親の介護

高齢化社会になって、認知症の親を抱えた人も増え、家族による介護の難しさが問題になっています。 施設などの受け入れ体制の問題もさることながら、家族が介護をする場合、認知症の当人には記憶力や判断力の低下があって、家族にとって適切な対応の仕方がわ…

「明日は我が身」という視点を持つ

自分の間違い、非を認めるのはなかなか難しい……。プライドの高い人ならなおさらです。 けれども、その苦い経験から人としてあるべき姿を見出してこそ、魂は磨かれます。 そのように、欠点、不足に気づいて直せば、長所が活かされるようになって、そこで本当…

神からのメッセージ

神殿を訪れる人の中には、神様のメッセージをお伺いに来たというよりも、あらかじめ自分で決めてきた答えを、私の口から聞きたいだけという方が数多くいらっしゃいます。いわば再確認みたいなことです。 いくつかの例を挙げると、仕事を辞めたばかりで、より…

悪しきカルマの連鎖 

家族は、お互いに成長しあうために関係を結んだ「運命共同体」とも言えます。 しかし、中には、人としての心のあり方、心の知識を教えられない親もいます。 うわべだけの格好よさや学歴など、親の我欲を子供に押しつけたり、自分の無知や非常識さに気づかな…

品のなさは態度に現れる

言葉づかいの乱れは、心の乱れ、だらしなさにもつながると思います。 その点、若い世代の方々で、正しい言葉づかいができていない点が気になります。 例えば、自転車を「チャリンコ」と言ったり、大切な目上の方との会話の途中で「マジですか?」などと、何…

後回しの結末

分かってはいるんだけれど……。 「イヤだな、と思うことから一番にやりなさい」と人に言われて、最初に頭に浮かぶのは、こんな言葉ではないでしょうか。 そうなんです。分かってはいるんですよね。でも、後回しにしてしまう。 人はみんな、そんな弱いところを…

本は知識や知恵の宝庫

気づきとは知識であり、学びです。 幅広い知識を学び、正しい理解力や判断力を養うことによって、気づきのヒントが得られます。 本や人、あらゆる体験から学ぶことによって、人生において何が大切なのか、うまくいかない原因は何か、といったことや自分自身…

自分を知り、人を知る

聞く耳を持つことは、自分が気づいていないこと、知らないことを受け入れる柔軟な心の受け皿をつくる、ということです。 それが、ものごとを知って覚えていくことにつながるのです。 草花で例えれば、水や栄養を吸収するのと同じです。 ほかの人の話をよく聞…

気づけば運命は変えられる

気づくべきことに気づけないというのは、「自分の欠点に気づけない」のか、あるいは「自分の欠点を認めない」ことがそもそもの原因であることに気づけないでいるのか、です。 言い換えれば、自分の欠点や至らなさを素直に認められる人は、気づくべきことに気…