青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

気づき

お願い上手になる

世の中には、「お願い上手」「甘え上手」と言われる人がいます。 それなりに大変なお願いだったりするのに、何となくその人からのお願いごとだと断れない、ついついやってあげたくなってしまうというような経験をされた方は多いのではないでしょうか。 そし…

悪しきカルマを生まないために

不幸は、いろいろなことに対する知識不足から起きています。 その知識には、自分自身の欲望も含まれます。 自分の欲望についてもきちんと理解をしておかないと、カルマの解消どころか、カルマの積み重ねになりかねません。 もちろん、人間である以上、食欲、…

「文化の違い」を理解する

ひと口に「身近な人」と言っても、相手が家族の場合と、他人の場合では、当然、交流の仕方も違ってきます。 家族であれば、多少のいさかいがあったとしても、お互いに血を分けた家族であるがゆえの最小限の愛情があります。 喧嘩をしても、時間が経つといつ…

心の壁を乗り越えていくには?

心の奥では、「もっと仲良くしたい」「理解しあいたい」と思っていたとしても、実際にはそう簡単にはいかなかったり、つい衝突してしまったり、溝ができてしまうのがこの世の現実です。 そこには、お互いに越えていかなくてはならないカルマゆえの課題が潜ん…

「死」について

生きている私たちにとって、死とは非現実的な出来事と思ってしまいがちですが、どんな人間にも、平等にいつか必ず訪れるもの、それが「死」です。 ですから死が目前に迫っても、しっかりと平常心を保っていられるよう、常日頃から死について考えてみるのも大…

カルマからの脱出

「気づきとはどういう意味ですか?」 私の本を読んでそう聞いてくる方もけっこうおられます。 気づきとは知識です。 知識を得ることで理解力や判断力が養われます。 ですから、気づかなければいけないことに気づくためには、「幅広い知識を得ること」です。 …

親として子どもに何を伝えていくべきか

子育ての悩みから抜け出し、正しい道へと進むために、しっかりご理解していただきたいことがありますので、そのことをお伝えしたいと思います。 それは、スピリチュアルな視点から見た親と子の関係です。親子というのは、共通するいいカルマ(いい行い)、悪…

物事の価値判断をどこに置くか

人生を生きていくうえでは、物事の価値判断をどこに置くかという自分の中の物差しがあり、それが自分の生き方に多大な影響を及ぼしていきます。 たとえば、“本を読む必要はない” という価値判断が自分の中にあれば読書をすることはないでしょう。しかし、“本…

親子の絆

拝殿で、親子関係についてのお悩みに対峙しながら、いつも思うことがあります。 それは、この方はそもそも子育てをどう思って相談にみえたのだろうか?もしかしたら、子育てに深い考えもなく、子供ができ、ただ淡々とした気持ちのまま、自分の感情の赴くまま…

心の幼稚さがトラブルを引き起こす

共同生活という家庭の中において、夫に注意されても、また妻や子供から忠告されても、プライドや我が強い人ほど聞く耳を持ちません。 普通であれば、家族や親しい人から注意されたら、そこで一呼吸置いて、なぜ注意されたのか、その理由について2、3日でも…

夫婦仲のヒビ割れの原因

夫婦として長年、一緒に生活していると、遠慮がなくなったり、恥じらいがなくなったり、あるいは、今まで我慢してきたことが我慢できなくなってくることが少なからずあります。 長い年月の中で育まれた馴れ合いの関係によって歯止めを忘れ、マンネリ化する中…

苦悩は気づくきっかけ

私たちはどうしても主観的に世界をとらえてしまいます。ひとりひとりが “個” として存在し、それぞれがそれぞれの感覚、価値観で世界を解釈しているため、主観的になってしまうのは仕方がないのです。 でも、だからといって、個人主義に生きていいかというと…

嫁姑はお互いの歩み寄りが大切

今は核家族化が進み、夫婦共働きという家庭もかなり多くなっています。そうすると、夫婦共に家庭という閉ざされた箱の中だけではなく、社会に出て働いていますから、昔ほど嫁姑の問題が勃発する原因がないように思えます。 しかし、実際は昔と変わらずに、嫁…

“心” が自分の世界を作り出している

みなさんは、この世界を “あるがまま” に見ていますか? 自信を持って「見ています」と言える方はどれだけいらっしゃるでしょうか。 何を突拍子もないことを、と思われた方もいるかと思いますが、実際に私たちはこの世界をあるがままに見ることができていな…

子どもに愛を伝えていますか?

「母の愛は海よりも深く、山よりも高し」という言葉がありますが、それを引き合いに出すまでもなく、ご両親が子どもにかける愛情というものには、どこのご家庭でも並々ならぬものがあるでしょう。ですから、何か問題やアクシデントが起こったときは、全力で…

男女の特質の差について

古代中国で生まれた思想に陰陽五行説というものがあります。この思想のもとになっている陰陽説は、この世にある森羅万象を陰陽に分けてとらえるのが特徴なのですが、それによると、男性は陽、女性は陰に分類されると言われます。 この陰陽の特色を見てみます…

甘やかされて育った子どもの将来

子どもが可愛いからといって、我慢することや人とのコミュニケーションの大切さ、物事には程度があることなどを教えずに甘やかして育てると協調性も知らず、当然のことながらわがまま勝手な人間に育ちます。 その親御さんもそうでしたが、男女交際についても…

家族は魂の修行仲間

我の強い人は、人との交流の中で周りの人から反発を受けたり、忠告を受けることも多いと思います。 それはその人のカルマがトラブルを引き寄せてしまうからで、言い換えれば、まさにその時が自分のカルマに気づくチャンスでもあるわけです。 いくら本人に言…

良縁と悪縁

ご縁といいましても、たくさんの種類のご縁があります。 夫婦の縁、職場の縁、兄弟の縁、親子の縁……etc。こうした縁というのは、過去世から背負って来たカルマの関わりの縁です。ですから、カルマと同じように縁にも「良縁」「悪縁」というものがあります。 …

相手の善意は素直に受け取ること

どんな人から何を学ぶかによって、未来は変わってきます。気づかぬうちに “悪意” を学んでしまえば、気づかぬうちに悪いカルマを増やしてしまうことになります。悪意というのはなかなか気づかない場合も多く、知らぬ間にお互いに悪意を学んでいる場合もあり…

子どもとの接し方

気づかないうちに人は感情的になってしまい、相手や自分を傷つけてしまいます。子どもより知識も経験も理性もある大人でさえ感情的になってしまうのですから、子どもとなればより強く感情のままに物事をとらえてしまいます。 人間の感情は基本的には楽をしよ…

頑固さの原点

頑固さに気づいて改めるには、どうすればよいか? それは、知識を得ることです。 「知識があれば、いろんな角度からものごとを捉えられるようになる」からです。 とりわけ、人間関係における学び、知識を得て、正しい理解力や判断力を身につけることが大事で…

失われつつあるマナーや品格

マナーやエチケットは、周囲への気配りとして昔から守られてきた生活上の良き習慣です。 例えば、以前、相談に来られたある会社の社長さんが、ハンカチを持たない社員が多くて困っていると言われたことがありました。 その社長さんが気になって調べてみたら…

思春期の娘に対する母親の役目

子供が女の子の場合は、思春期に入ると父親との関係に変化が出ることが多いのではないでしょうか。 女の子は生理が始まり、身体が性的に成熟していく段階に入ると、それまでは父親っ子だった娘でさえ、急に父親を避けるようになるなど、娘と父親の関係がギク…

“生きた知識” とは

私は知識がある、あれも知っている、これも知っている、もう人から学ばなくてもいい。 でも、その知っていると思っている知識は、何百万、何千万という知識の中のごくわずかです。 有名な大学を出ている、◯◯の資格を取った、雑学が得意、教養がある、などと…

家族間での介護の問題  

高齢化社会が進んでいる今、「介護」の問題も、家族においては非常に重要なテーマです。みなさまの中にも、この問題で悩んでおられる方も多いことでしょう。 実際、私のもとにも、介護に関するお悩みで相談に訪れる方が本当にたくさんいらっしゃいます。そう…

勉強するのは誰のため?

今では幼稚園受験や小学校受験もそう珍しいことではなくなりました。でも、やはり、高校受験、大学受験というのが、子供にとっても親にとっても大きな節目となるのではないでしょうか。特に子供にとっては、いわば人生初の大きなチャレンジと言えると思いま…

知識不足の親の共通点

知識不足の親に共通しているのは、幼児教育から子供のことを理解しているつもりが実際には理解できずに、未来において不登校や社会人として人と交流できない人間にしてしまう場合が多いことです。 うちに相談に来られた親子連れでもこんなことがありました。…

内面を磨くことの大切さ 

すべての生き物にとって、“老い”というものは避けることができません。時間が進む限り、人生が続く限り、私たちは日々老いていきます。老いは自然の摂理なのです。 しかし、いくら自然の摂理とはいえど、人間というものは老いに対してネガティブな思いを抱き…

家族とのつながり

みなさん、「家族」について深く考えたことはありますか? 多くの場合、家族というと「血のつながり」をイメージするのではないでしょうか(もちろん、養子縁組などによる家族もあります)。 でも、よくよく考えてみると、家族を構成する基本といいますか、…