青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

気づき

心と心を通い合わせるには

心と心を通い合わせるには、次のような心がけを持って接することが大事です。 まず、人との会話において、 「相手が何を言っているか、何を伝えたいのか、聞きたいことは何なのか?」 そうしたことを、 「瞬時にキャッチし、正しく理解しているかどうか?」 …

嫁姑問題

結婚後、女性が抱える普遍的な悩みの一つとしてよく話題にのぼるのが “嫁姑問題”です。 一昔前までの “嫁姑問題” イコール “嫁いびり” といったケースは少なくなってきたものの、同居の場合は、嫁、姑どちらにもそれぞれに心労があるようです。 よくあるケー…

後悔しない生き方とは

生きていれば、誰でも後悔をしたことがあるはずです。 しかし、後悔したところで得られるものは何ひとつないですし、後悔しているときはマイナス思考になるために、プラスの行動ができなくなってしまいます。 私たちは思考のもとに活動していますから、おお…

子どもの借金問題

大学生から30代前半にかけての子どもを持つ親の悩みで多いのは、ニート以外に借金の問題があります。 消費者金融での借金や、さらに、今はカードひとつで簡単にお金を借りられるシステムもありますので、軽い気持ちでお金を借りる方が多いのですが、そのうち…

最善の生き方

私たちが生きていて本当に楽しくて笑い、穏やかな幸福感や充実感を感じるのは、人間関係ではないでしょうか。 何かを得たときに感じる幸福感や充実感ももちろん人生では必要なことですが、度が過ぎると欲を満たすためだけの行為になってしまいます。 しかし…

心のきょうだいを見つけるには

人生の中では実にさまざまな人たちとの出会いがありますが、きょうだいのように気が合う人との出会いは数少ないものです。 もしかしたら、一生のうちにひとりでも見つけられることができれば幸運と呼べるかもしれません。 もちろん、こうした友人がいないか…

“上辺の魅力” と “真の魅力”

みなさんの周りにも〝魅力のある人〟がいると思いますが、それはどのような方でしょうか。 実は〝魅力のある人〟には共通点があるのですが、お気づきでしょうか。 まずは魅力というものについて考えてみましょう。 人の魅力というものは大きく分けて、〝恋愛…

運命を好転させる方法

「カルマ」によって運命が決められているのなら、運命は絶対に変えられないものかといえば、そうではありません。 なぜなら、悪いほうの「カルマ」に気づき、直していけば、その「カルマ」は消えていくからです。つまり、自分のこれまでの生き方を反省し、考…

日常の会話に潜む落とし穴

私たちは普段、何気なく人と話し、何気なく人と関わりながら生きています。 そのことを特に意識することもなく、会話も日常生活のひとつとして、特筆すべきことではないと捉えがちです。しかし、本当は会話というものは、私たちの人生にとって非常に大切なこ…

人生は修行の場

人生は修行の場ーーー。これまで何度となく、お伝えしてきた言葉です。 私は透視能力者としてこの世を生き、仕事を続けていますが、特殊な能力を持っているというだけで、なんの苦労もなく人生を過ごしてきたかのように誤解されることもしばしばあります。神…

幸せの法則

生きていると、苦しいことってたくさんあります。 それもそのはず、人生とはカルマを解消するための場ですから、苦しくて、つらいことが起きてしまうのはしょうがないことなのです。 でも、苦しいことがあるからこそ、楽しいことが光り輝きます。苦しいこと…

気づけないがゆえに人は不幸になる

私がずっとお伝えしている「気づき」とは、自分の性格の欠点に気づき(認め)、直すことです。 「気づき」は霊的なことではなく、現実的なことなのです。 私が透視能力を授かっているのに、その分野ではない「気づき」を述べるのは、日々、拝殿で仕事をする…

人と交流するうえで最も大事なこと

心の奥では、「もっと仲良くしたい」「理解しあいたい」と思っていたとしても、実際にはそう簡単にはいかなかったり、つい衝突してしまったり、溝ができてしまうのがこの世の現実です。 そこには、お互いに越えていかなくてはならないカルマゆえの課題が潜ん…

友達を愛せる人

夫や子ども、親兄弟を愛せる人は多いですが、友達をきちんと愛せる人はどれくらいいるでしょうか。 逆に言うなら、友達を愛することができるようになるということは、すなわち他人を愛せるということでもあり、究極の形である「無償の愛」に一歩近づいたこと…

自分に潜む性格の欠点

人間関係の悩みで相談に来られる方は非常に多く、人間関係をこじらせてしまう原因になっているのは、基本的には自己中心的(我が強い)、プライドが必要以上に高い、責任感がない、といった性格です。 もちろんそれぞれの性格の強さには個人差があります。自…

自己投資の本当の意味

最近、よく聞く言葉に「自己投資」というものがあります。 これは、お稽古ごとに通ったり、ずっと夢だった留学をするなどして、自己成長を促すことをさす言葉ですが、まずは経済的に可能かどうかが先決です。 それを考えずに無理をしすぎると、自己投資のつ…

親離れ、子離れ

マザコンというと、母親が大好きでなんでも母親の言うとおりに動く男性といったイメージがあると思います。 ただ、母親思いの優しい息子さんといった場合もあるわけですから、マザコン自体が問題とは言えません。要は程度の問題。異常なまでの依存心が問題に…

熟年夫婦の絆

夫婦として長年、一緒に生活していると、遠慮がなくなったり、恥じらいがなくなったり、あるいは、今まで我慢してきたことが我慢できなくなってくることが少なからずあります。 長い年月の中で育まれた馴れ合いの関係によって歯止めを忘れ、マンネリ化する中…

怒りの感情をコントロールする方法

怒りの感情は、人との間に摩擦を引き起こしてしまうばかりで、諍いしか生み出しません。ですから、怒りにまかせて感情的になるのではなく、なるべく冷静さを失わないようにする必要があります。 怒りをうまくコントロールするために、分析してみましょう。 …

心の中で葛藤する善と悪

誰でも「素直に生きられたら楽なのに……」と思ったことがあると思います。 子どものように自分の気持ちに正直でいられたら、毎日は楽しいものになるでしょう。 ですが、“素直” とはいったいどんなものなのでしょうか? 大人は往々にして、自分の行動、時には…

“幸せの種” を発芽させる方法

何度も生まれ変わりを続ける輪廻転生の中、前世において自らが犯した間違った行いや思いなどに気づき、ひとつひとつ直していくことが、この世に生を受けた者の定めであり目的ですから、生きていくうえで苦しいこと、つらいこと、悲しいことがあって当たり前…

「いじめ」の問題

昨今の子育てに関する悩みの中でも、とりわけ深刻になっていることのひとつに、いじめの問題があります。 私のところにも、いじめ問題に関わるさまざまな立場の人が、全国各地から相談におみえになります。 この拝殿の中で、いじめの現場の生の声を、日々、…

子どもが親に反発する理由 

この仕事をするようになって、「私たち親もまた子どもたちからたくさん愛情をもらっている」ということがよくわかるようになりました。 仕事一辺倒で、子どもたちの相談にも乗ってあげられず、母親として何もしてあげられないダメ親であった私が、子どもたち…

人との相性

「あの人とは相性が悪い……」といったように、私たち人間はよく人との相性を気にします。 私のところでも、たとえば結婚しようとしている人との相性を知りたいといったようなご相談が多くあります。 人との相性というのは、非常に難しいもので、最初は性格が…

相手が誰であれ怖い “慣れ” への過信

「長年連れ添った夫婦は似てくる」と言います。 同じものを食べ、同じものを見て、同じものを感じ、同じ時を過ごしていくのですから、それも当然のことかもしれません。 人は環境に合わせ自分を変化させていくものです。長い時をかけて夫婦が同質化していく…

「霊障」の真実

たとえどんなに医療が発達したとはいえ、ガンの宣告を実際に受ければ、普段は冷静な人でも気が動転してしまうでしょう。 また、体の具合が悪くて日々の生活にも支障をきたしているのに、病院に行っても原因がわからない、病名がつかないから治療法もわからな…

現代の子育ての落とし穴

私たち人間の血縁関係というものには独特のものがあり、親類縁者、親兄弟といった関係にある人とは、それだけで強い絆で結ばれているという感覚があるように思います。 ひとつ屋根の下で暮らす「家族」に対しては、そういった中でも、もっとも強い絆で結ばれ…

嫉妬をコントロールする方法

私たちは、無意識のうちに他人と自分を比べてしまうものです。そこから生まれる嫉妬は、怒りへと発展するものです。 「人と比べても意味がない」ということは大昔から言われ続けてきたことですが、今の時代になってもやめることができずに、私たち人間は苦悩…

家庭内暴力の原因と解決策

子育ての悩みのひとつに家庭内暴力というものがあり、これも大きな問題です。 中学、高校、大学と、子どもの家庭内暴力が始まる年齢はさまざまですが、なかでも10代後半の息子さんの家庭内暴力の悩みで、私のところにおみえになる方が大勢いらっしゃいます。…

トラブルや問題の原点

共同生活という家庭の中において、夫に注意されても、また妻や子どもから忠告されても、プライドや我が強い人ほど聞く耳を持ちません。 普通であれば、家族や親しい人から注意されたら、そこで一呼吸置いて、なぜ注意されたのか、その理由について2、3日で…