青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

自分自身と向き合う

お願い上手になる

世の中には、「お願い上手」「甘え上手」と言われる人がいます。 それなりに大変なお願いだったりするのに、何となくその人からのお願いごとだと断れない、ついついやってあげたくなってしまうというような経験をされた方は多いのではないでしょうか。 そし…

心の壁を乗り越えていくには?

心の奥では、「もっと仲良くしたい」「理解しあいたい」と思っていたとしても、実際にはそう簡単にはいかなかったり、つい衝突してしまったり、溝ができてしまうのがこの世の現実です。 そこには、お互いに越えていかなくてはならないカルマゆえの課題が潜ん…

「死」について

生きている私たちにとって、死とは非現実的な出来事と思ってしまいがちですが、どんな人間にも、平等にいつか必ず訪れるもの、それが「死」です。 ですから死が目前に迫っても、しっかりと平常心を保っていられるよう、常日頃から死について考えてみるのも大…

カルマからの脱出

「気づきとはどういう意味ですか?」 私の本を読んでそう聞いてくる方もけっこうおられます。 気づきとは知識です。 知識を得ることで理解力や判断力が養われます。 ですから、気づかなければいけないことに気づくためには、「幅広い知識を得ること」です。 …

物事の価値判断をどこに置くか

人生を生きていくうえでは、物事の価値判断をどこに置くかという自分の中の物差しがあり、それが自分の生き方に多大な影響を及ぼしていきます。 たとえば、“本を読む必要はない” という価値判断が自分の中にあれば読書をすることはないでしょう。しかし、“本…

苦悩は気づくきっかけ

私たちはどうしても主観的に世界をとらえてしまいます。ひとりひとりが “個” として存在し、それぞれがそれぞれの感覚、価値観で世界を解釈しているため、主観的になってしまうのは仕方がないのです。 でも、だからといって、個人主義に生きていいかというと…

“心” が自分の世界を作り出している

みなさんは、この世界を “あるがまま” に見ていますか? 自信を持って「見ています」と言える方はどれだけいらっしゃるでしょうか。 何を突拍子もないことを、と思われた方もいるかと思いますが、実際に私たちはこの世界をあるがままに見ることができていな…

良縁と悪縁

ご縁といいましても、たくさんの種類のご縁があります。 夫婦の縁、職場の縁、兄弟の縁、親子の縁……etc。こうした縁というのは、過去世から背負って来たカルマの関わりの縁です。ですから、カルマと同じように縁にも「良縁」「悪縁」というものがあります。 …

相手の善意は素直に受け取ること

どんな人から何を学ぶかによって、未来は変わってきます。気づかぬうちに “悪意” を学んでしまえば、気づかぬうちに悪いカルマを増やしてしまうことになります。悪意というのはなかなか気づかない場合も多く、知らぬ間にお互いに悪意を学んでいる場合もあり…

頑固さの原点

頑固さに気づいて改めるには、どうすればよいか? それは、知識を得ることです。 「知識があれば、いろんな角度からものごとを捉えられるようになる」からです。 とりわけ、人間関係における学び、知識を得て、正しい理解力や判断力を身につけることが大事で…

失われつつあるマナーや品格

マナーやエチケットは、周囲への気配りとして昔から守られてきた生活上の良き習慣です。 例えば、以前、相談に来られたある会社の社長さんが、ハンカチを持たない社員が多くて困っていると言われたことがありました。 その社長さんが気になって調べてみたら…

“生きた知識” とは

私は知識がある、あれも知っている、これも知っている、もう人から学ばなくてもいい。 でも、その知っていると思っている知識は、何百万、何千万という知識の中のごくわずかです。 有名な大学を出ている、◯◯の資格を取った、雑学が得意、教養がある、などと…

内面を磨くことの大切さ 

すべての生き物にとって、“老い”というものは避けることができません。時間が進む限り、人生が続く限り、私たちは日々老いていきます。老いは自然の摂理なのです。 しかし、いくら自然の摂理とはいえど、人間というものは老いに対してネガティブな思いを抱き…

この世で生きる意味

運命のシナリオにそって生きる中で、魂を浄化することがこの世で生きる意味です。 それは、置かれた場所で自分自身の心を磨きながら一所懸命に生きることです。 草花は、人間と違って、「ここは条件がよくない」「こんな場所では咲けない」「あちらの場所が…

知識を得る方法

今は昔と違って、知識を得ようと思えばいくらでも方法があります。 例えば、テレビを見るにしても、ただボーッと見ているだけではなくて、「これは何?」「なぜだろう?」という関心や疑問を持って見てみてください。 テレビの画面には人生の悲喜こもごもが…

後悔しない生き方とは

生きていれば、誰でも後悔をしたことがあるはずです。しかし、後悔したところで得られるものは何ひとつないですし、後悔しているときはマイナス思考になるために、プラスの行動ができなくなってしまいます。私たちは思考のもとに活動していますから、おおも…

新しい縁を良縁に変えていくには

初めての人と出会った時、差し障りのない挨拶や、お天気の話でお茶を濁したりするだけでは、せっかくの新しい縁も深めていくことができません。広い世の中で偶然のように出会う人たちは、前世からの深い縁で結ばれている人生の同志のようなものです。初対面…

尊敬するべき人を見誤らないために 

人間が成長していく過程では、生き方の指針となってくれる人の存在はとてもありがたいものです。そういった人からは、知らなかった価値観や実践的な生き方など、多くのことを学ぶことができるので、大きな目標として前向きに生きていくことができるのです。 …

人生を変える=考え方を変える

何十年とこの仕事をしておりますので、数え切れないほどの人間の喜怒哀楽を直視してまいりました。 気づき、自分の考え方を変えること(性格を直すこと)で、それまでの不幸な人生を変えた人。 気づくことができず、自分を変えることができず、これまでと同…

人生の師と出会うためには

人生を正しく生きていれば、物事を教えてくれ、適切なタイミングで上に引き上げてくれる人と出会います。こうした人はまるで親のように、慈悲深い感覚であなたを見守ってくれます。 このような人は、適切な知識を持ち、自分を戒め反省をしながら生きてきた人…

本当の “素直” とは 

誰でも「素直に生きられたら楽なのに……」と思ったことがあると思います。子どものように自分の気持ちに正直でいられたら、毎日は楽しいものになるでしょう。 ですが、“素直” とはいったいどんなものなのでしょうか? 大人は往々にして、自分の行動、時には思…

TPOで対応の仕方を変えることが大切

一人の人間が成長する過程では、さまざまなステージが用意されています。それは、仲間意識を共有するための楽しい時間だったり、孤独な中で戦う学びの時間だったり、また家族や親しい人たちと過ごす穏やかな時間だったり。そういった周囲の人たちと密度の濃…

夫婦円満に暮らしていくためには

夫婦というのは、人生の苦楽を共にしながら、心(魂)を磨き合うパートナーです。 一つ屋根の下で、多かれ少なかれ浮き沈みのある多難な人生を共にしていくわけですから、「なれ合いの関係」にならず、常に相手の心理状態をくみ取りながら接することが大事な…

自分自身を大切にするという生き方

私たちが生きていて本当に楽しくて笑い、穏やかな幸福感や充実感を感じるのは、人間関係ではないでしょうか。何かを得たときに感じる幸福感や充実感ももちろん人生では必要なことですが、度が過ぎると欲を満たすためだけの行為になってしまいます。 しかし、…

“努力しているつもり” になっていませんか?

自宅の拝殿で相談を受けていますと、「私はちゃんとやっているのに子どもが言うことを聞いてくれない」「婚活しているのに結婚相手が見つからない」「遅くまで残業して頑張って仕事をしているのに給料が上がらない」「せっかく子どもを塾に行かせてあげてい…

感覚で生きることの危うさ

自分で自分のことを理解しようとするのは意味のあることですが、絶対的な答えがあるわけではありません。理解したと思っていても、それは “自分でそうだと思い込んでいる自分” かもしれませんし、そもそも人間自体、時間とともに変わっていくものですから、…

信頼し合える関係を築くには

人生の中では実にさまざまな人たちとの出会いがありますが、きょうだいのように気が合う人との出会いは数少ないものです。もしかしたら、一生のうちにひとりでも見つけられることができれば幸運と呼べるかもしれません。もちろん、こうした友人がいないから…

真の幸福、不幸に気づくこと

「あなたは自分の思い通りに人生を生きていますか?」 そう尋ねられたら、みなさんはどう答えるでしょうか。 おそらく、多くの人は「思い通りには生きていない」と答えるのではないでしょうか。その理由は、「やりたいことをやってこなかった」とか、逆に「…

七十代の “健康の壁”

今は長生きする人が増えて、八十、九十代でも楽しく過ごされている人も多いわけですが、そこまでいく前に七十代の “健康の壁” があります。 つまり、老後の生活を考えたら、まず健康を維持するための知識と努力が必要です。 ですので、私たちも「夫婦でその…

怒りをコントロールする方法

怒りの感情は、人との間に摩擦を引き起こしてしまうばかりで、諍いしか生み出しません。ですから、怒りにまかせて感情的になるのではなく、なるべく冷静さを失わないようにする必要があります。 怒りをうまくコントロールするために、分析してみましょう。 …