青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

自分自身と向き合う

美しく振る舞うエチケット

女性を美しく見せるエチケットとは、いわば、日本女性として身につけたい礼儀作法やマナー。時代の移り変わりと共に、いつの間にか忘れ去られてしまっているものもあるのではないかと思います。 たとえば、和室の部屋で畳のへりを踏み、しかも立ったまま目上…

芯がある人と頑固な人の違い

芯がある人、ブレない人などは見ていて気持ちがいいものですし、信頼感、安心感もあると思います。しかし、ここでのお話は“変化できる強さ”です。これでは、芯がある人、ブレない人とは相反するものだと思うかもしれません。 ここでお伝えしたい“変化できる…

生涯独身という生き方

生涯、未婚のまま過ごすという人が、昨今は男女ともに増えてきているようですが、それも人生のひとつの形なのではないかと考えています。 私はこの拝殿で、様々な悩みや苦しみを抱えた方々と日々、向き合っていますが、不幸やトラブルから抜け出したい一心で…

人間関係がうまくいかない原因

思い込みはある考えに固執し、それが真実だと信じ込んでいる状態です。よい人間関係を築いていくうえでの思い込みの障害についてお話をしたいと思います。 まず、人間はなぜ自分でもよく分からないうちに“思い込み”をしてしまうのでしょうか? “思い込み”に…

心を成熟させる

“人生とは修行の場” です。 何度も生まれ変わりを続ける輪廻転生の中、前世において自らが犯した間違った行いや思いなどに気づき、ひとつひとつ直していくことが、この世に生を受けた者の定めであり目的ですから、生きていくうえで苦しいこと、つらいこと、…

前世と来世

自分の前世や来世を知りたいと思っている人は結構多いのではないかと思います。興味本位の人もいれば、前世を知ることによって自分のことをよく知ろうという人など、その理由はさまざまでしょう。 ただひとつ言えるのは、前世や来世を知ったからといって、そ…

柔軟性とバランス感覚を持つ

人生を生きていくうえでは、物事の価値判断をどこに置くかという自分の中の物差しがあり、それが自分の生き方に多大な影響を及ぼしていきます。 たとえば、“本を読む必要はない”という価値判断が自分の中にあれば読書をすることはないでしょう。しかし、“本…

愛について

「愛」 この言葉を聞いて、あなたは何をイメージするでしょうか? 子ども、夫、妻、親、兄弟、恋人……誰か特定の人との情愛を思い浮かべた人もいるかもしれませんね。 しかし、他者というのはあくまで「愛情の対象」であって愛という言葉が示すもののうちのひ…

本当の女らしさとは

女性としてのあるべき生き方、人生というものを深く考えていきたいと思います。 まず、みなさんは “女らしさ” ということをどのように考えていらっしゃるでしょうか。“女らしい” という言葉を聞いたときに、かわいい洋服が似合うおとなしい女性、言いたいこ…

美しく生きるために

日々、多くの相談者と接していてつくづく思うことがあります。それは、自分のことばかり考える人が驚くほどたくさんいらっしゃるということです。 たとえば、人の話を神経を集中させて聞かないため、また、自分にとって都合のいい部分しか頭に入れないためこ…

気づきの本質をあなたに届ける

週1回、毎週金曜日にメルマガを配信しているのですが、ふと「そういえば、かなり長いことメルマガをやっているけれど、いつ始めたんだろう?」と思い調べてみたところ、第1回の配信は2011年6月6日午前8時でした。 現在のメルマガは『あなたに幸福をもたらす…

魅力ある女性とは

「魅力ある女性はどんな女性ですか?」と問われたら、私は、「知識と品格のある女性」と答えたいと思います。 品格があるというのはどういうことかというと、まず、その場に合った会話や行動、判断力などを積み重ねていくうちに、自然と備わっていくものだと…

不安とのつき合い方

明るく元気に毎日を過ごしたいと思いながらも、時には不安が押し寄せてきて暗い気持ちになったり、何気ないことをきっかけに落ち込んでしまうこともあるでしょう。 ご相談に訪れる人の中にも、 「私は心配性で、小さなことでもクヨクヨと悩んでしまってイヤ…

女性として生まれてきた意味

「女、三界に家なし」という諺があります。 大辞林によりますと、三界とは仏教用語で、欲界・色界・無色界というこの世の三つの世界の総称で、いわば全世界のこと。女性の人生は、三従といって、幼いときは親に従い、嫁に行っては夫に従い、老いては子に従わ…

子育ては人生の修行と心得る

拝殿で毎日、親子関係についてのお悩みに対峙しながら、いつも思うことがあります。 それは、この方はそもそも子育てをどう思って相談にみえたのだろうか?もしかしたら、子育てに深い考えもなく、子供ができ、ただ淡々とした気持ちのまま、自分の感情の赴く…

夫婦の情愛こそが子育ての礎②

『夫婦の情愛こそが子育ての礎①』の続きです 先日、ご相談にみえた方で、こんな方がいらっしゃいました。 その方は57歳の女性。若い頃に女遊びをしたご主人が反省もせず、いまだに自分勝手で、暴君のように振る舞うことが許せず、毎日ケンカが絶えないという…

心の中の感情の起伏をどうするか?

ニュースなどを見ていて、心が荒んでしまってしょうがないという相談が寄せられました。 ある男性(30代)は、いじめのニュースを見て、その内容があまりにもひどく、「小さなうちから悪魔の心が宿ってしまうのは、人間の本能なのではないか?」と考えてしま…

言葉が人格を作っていくこともある

悪いカルマの連鎖はとても複雑です。いったいどこが始まりで、どこまで続いていくのか、皆目見当もつかなくなって、どうしたらよいのかさえわからなくなってしまいます。 ある女性(30代)は、友人などから「人を見下している」と言われることが何度もあった…

せっかく気づいても手遅れだったら?

「気づき」というものは、間違った考え方に気づいて直していくという、精神的な活動を源として、生き方を正しい方向へ軌道修正するというものです。 ある男性(20代)は、自分には才能がないと感じてしまい、大学での研究に身が入らず結果が出せないため、こ…

自分の考えを整理して、相手に伝えるために

考えていることがゴチャゴチャになってしまって、言葉でうまく表現できない人がいます。そのために、仕事にも差し障りが出てくることも。 ある女性(30代)の相談者は、「人格的に問題がある」と周囲から言われたため、人とコミュニケーションをとることをや…

恨みが生み出すものとは?

気づけていない人というのは、端から見れば間違ったことをしているのですが、自分では正しいことをしていると思い込んでいます。 ある男性(40代)は、会社内の後輩(男性)を恨み、彼の女性関係を内部告発をして恨みを晴らしたいという欲望にかられると言い…

〝自分〟を表現するには

自分の欠点に気づき、直そうと努力しているときこそ、魔の誘惑というのはやってくるものです。 ある男性は、約10年前に職場で人間関係を壊してしまい、大多数の女性から距離をとられてしまったそうです。 世間知らずだった自分に気づき、每日、自分と対話し…

自信の取り戻し方

わかっていてもやめられない。 「甘えている。よくない」とわかっていても、目先のことだけを見て感情で動いてしまい、後悔してしまう方がいます。 30代のある男性は、都合の悪いことや嫌なことがあると職場を辞めてしまいます。自分で「甘えている」とわか…

自分の道に自信を持つには?

今の仕事にとくに不満を抱いているわけではないけれど、やってみたかった仕事がある。そっちの道に少し進んでみるけれど、なかなか思うようにいかない。 ふとした瞬間に冷静になり、果たして自分が進もうとしている道はこれでいいのだろうか? 考えれば考え…

〝自分〟のことを知るために

自分で自分に対して行う評価と、相手が自分に対して行う評価というのは、ギャップがある場合があります。 ある30代の男性は、自分の〝思い〟が相手に伝わらないばかりか、逆に悪い印象を与えてしまうと言います。 それが原因で、1〜2年で仕事を変わってい…

過去の悪行で実親が病に冒されるのか

母親と娘の関係は、父親と息子の関係とはちょっと違うものがあります。ある女性(40代)は自分の母親のことで悩んでいました。 彼女の母親は、姑、義理の姉からいびられながらも、娘ふたりを育てあげました。 子どもふたりが成人してやっとゆっくりできるか…

親の愛情の欠如

〝親子の愛〟を感じることができない方がいます。親の愛とは人間の根源的な部分ですから、ここが欠如していると心に問題を抱えてしまう場合があります。 相談者の女性(40代・離婚歴1回の既婚者・子ども5人)は、「世界でいちばん嫌いなのは両親」と言い切…

幸せの条件②

『幸せの条件①』の続きです ここでは、すべての方の基本となる「幸せの条件」をご紹介したいと思います。 幸せになるための五つの条件 一、 納得すること 二、 直すこと 三、 理解すること 四、 覚えること 五、 守ること では、この五つの条件を順に説明し…

幸せの条件①

近頃は、この拝殿の中で、私の本を読んでくださった方々から、 「カルマのことがやっと理解できるようになりました」 「自分の至らないところがわかりました」 「間違った子育てをしてきたことに気がつきました」 という、うれしい言葉をいただくことが多く…

人生は鯉の滝登り

私は、相談にいらっしゃった方が幸せになるため、あるいは、不幸の中から立ち上がるために、透視能力を用いてアドバイスをさせていただいていますが、それはあくまでもヒントでしかありません。 もちろん、霊能者としてのお役目を天から授かり、神の使い手と…