青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

自分自身と向き合う

人生を好転させるには

人生は、まるで瓢箪の形のように浮き沈みのカーブがあり、うまくいくときもそうでないときもあるものです。 大事なのは、その瓢箪の形がくびれている時期、思うようにいかないときこそ、自分の心を省みることです。 一、夫婦、親子、恋人や知人、職場の人間…

知識を得るための身近な方法

自分の欠点に気づくことにより、相手をも許すことができ、それにより自分の心のやすらぎを得ることができます。そのためには、いろいろな分野の知識をたくさん得て、あらゆることから学ぶことが大切です。つまり、学びとは覚えることです。 知識は数限りなく…

カルマに気づくためのチャンス

どんな人にも生きるうえでの苦しみや障害が訪れます。 それは、裏返して見れば、カルマに気づくためのチャンスなのです。 苦しみの中にこそ、本人が気づかなくてはいけないカルマの種が潜んでいるのです。 苦しみとは、「自分の思い通りにならない困難な状況…

人生には必ず光と陰がある

運命(魂)のシナリオに書かれていることがらは、この世において否応なしに直面することになり、それはまるで磁石のように見えない力で引き寄せられます。 ここで、私自身の例をあげたいと思います。 本のテーマを決めるにあたって、編集者の方々と最終的な…

憧れと妬みや僻みは紙一重

憧れと妬みや僻み。 文字にすると、天と地ほど違いますが、じつは紙一重。 「憧れる」という気持ちは自分を豊かにし、引き上げてくれます。その人のようになりたいとか、あのステキなバッグを持ちたいわ、と思えば、自ずと憧れの人や物に見合う自分になろう…

交流の基本

連鎖は、人が見ていないところでも何気ない仕草などに現れます。 昔、母がこんな話をしてくれたことがありました。 それは知人宅での出来事です。母がふと台所のほうに目をやったところ、奥が見えた。すると、その家人は他の人が食べたお皿を洗わず、それに…

正しい判断力を養うためには

神の愛を受け入れて、それに応えられる自分になるためには、正しい判断力を養う必要があります。 これは、私が自分のお役目を果たしていくうえで特に心がけていることですが、私に限らず誰でも同じだと思います。 私の場合は、神から見せられた相談者の状況…

時間の流れは人の数だけ存在している

人には一人一人、違った時間感覚があります。何事にもゆっくりしたペースで臨む人は、せかせかと忙しなく物事を瞬時にどんどん判断していく人のことを「付いていけない」と思い敬遠しているかもしれません。 逆に、感情でも仕事においても処理能力が高く、素…

良縁を呼び寄せるためには

「今日は朝からツイてない」 「最近は何をやっても上手くいかない」 ついつい、こんな言葉を口に出してしまうことはありませんか? 誰もが幸せを願って日々暮らしていますが、思いがけなく悪いことが続いたり、深く思い悩むことに遭遇したりすると、ついつい…

原点を知り、原因に気づく

皆さん、遠方からそれなりの交通費や宿泊費をかけてここまで鑑定にいらっしゃるわけですから、一人でも多くの方に気づいていただきたいという気持ちで接しています。 「時間が短い」と言われる方には、透視というものはどういうものかを説明して、「時間をか…

自分は不幸だと嘆いてしまう理由

なぜ自分は不幸だと嘆いてしまうのでしょうか? それは自分の思い通りにならないことを、すべて自分以外の人や出来事のせいにしているからです。 そのような人に限って、不幸の原因は本人の心の未熟さにあり、自己責任であることを指摘されると、烈火のごと…

孤独な老後生活を送らないために

今は核家族が当たり前のような時代で、親きょうだいと疎遠になっている人たちも多いと思います。 しかしながら、信頼関係がしっかりできていれば、いざという時に頼りになるのは、やはり親きょうだいではないでしょうか? 血を分けた関係もあり、そこには魂…

目に見えない世界の知識も必要

私たちが今、知らなくてはいけない知識は、目に見える世界のことがらだけでなく、目に見えない世界の知識も必要です。 その基本となるのが、魂、スピリットは肉体を離れても存続する、輪廻転生するということなのです。 また、あの世についての誤った知識も…

自分の都合を相手に押し付けていませんか?

親兄弟、夫婦、恋人、取り分け仲のいい友人など、自分との関係が親しければ親しいほど、自分と相手を同じものとして考えてしまう傾向の人がいます。 「自分がこう思っているんだから、きっと相手もそう思っているはず」とか、「あの人だったら私の言うことは…

弱い自分に打ち克つためには

詩人の言葉をきっかけに人生が変わったという方がいらっしゃいます。 口に筆をくわえて詩や絵を描く詩画作家として知られる星野富弘さんは、中学校の体育教師時代に、クラブ活動で空中回転の指導中に転倒して頸髄を損傷し、首から下、手足の自由を奪われたそ…

足るを知る心を忘れてはならない

長所や短所は、自分よりもむしろ身近な人がよく見てくれていて、信頼関係があれば、何かの折にそれを言葉にして伝えてもらうのも良いでしょう。 誰でも自分の長所をほめてもらえると嬉しいし、すぐにその言葉を受け入れます。 反対に、自分の短所をずばり指…

収入に見合ったお金の使い方をしていますか?

みなさんにとって、お金とはどういうものでしょうか。 人生を豊かにしてくれるもの、幸せにしてくれるものと考える人がいる一方で、考え方によっては、お金は人を不幸にするもの、ととらえている方もいらっしゃると思います。まさに十人十色。人それぞれの価…

一日五分の掃除タイム

私の神殿に三十代の女性が「一緒に住んでいる彼の心が離れているような気がして仕方がないんです。浮気かもしれません」と相談にいらしたときに見えたもの。それは、まったく掃除も整理もされていない埃だらけのお家でした。彼氏らしき人は、そんな汚い家に…

誰にでも輝ける場所がある

誰にでもその人にとって輝ける場所があります。 それは何も人から注目されたり、評価を得られることとは直接関係ありません。 例えば、専業主婦の方が、毎日一所懸命に食事をつくったり、家事をこなすことも、家族のためにその人の才能、長所を活かすことに…

不幸に立ち向かうには

拝殿を訪れる方の中に、「今の不幸は、ご先祖様の霊が悪さをしているからだと思うので何とかしてほしい」とおっしゃる方がいらっしゃいます。そういう方は、中途半端な知識から、そのような考えをお持ちになってしまったのだと思います。しかし自分の孫や子…

縁があるからこそ出会いがある

「縁」には良縁だけでなく、悪縁、くされ縁など実にさまざまな種類があります。しかし、縁があるからこそ出会いがあり、自分以外の人と運命的な関わりができるのも事実。善きにつけ悪しきにつけ「縁」のある相手とは互いに影響を受け合い、前世から続くカル…

あなたがここに生まれてきたわけ

人が生まれ変わる理由__それは、あなたの人生において、苦しみの原因となっている悪しきカルマの連鎖を止められるように、できるだけ心をきれいに磨いて、あなた自身のスピリットを成長させていくため。 苦しみをつくりだしている自分自身の中にある原因、…

縁とは共通点があってこそ結べるもの 

私のところにいらっしゃる人の中に、男女問わず、神殿に入ってからも帽子やコートを脱がない方がいらっしゃいます。イマドキのファッションなのかもしれませんが、やはり礼儀にかなっていないと思うときもあります。「洋服は個性の表れ。だから、どんなに奇…

家庭内文化が違うもの同士のつき合い方

家庭内の文化は、「うちではこれが当たり前」という、その家族だけで通じる “常識” になっていて、普段は他の家庭との違いを意識してはいないのが普通です。 ところが、例えば結婚をして別の家庭に入ると、そこで嫁ぎ先の家庭の “文化”、“常識” との出会い、…

厳しい経験こそが魂の研磨剤となる

苦しいこと、辛い体験から逃げずにそれをバネにする。 それができれば、それ以降の人生が新たなシナリオとなって、幸せを呼び寄せます。 困難な状況に置かれた時、そこで自分の課題、責任をまっとうしようと一所懸命に努力しながら、その壁を乗り越えていく…

自分と異なる常識を大切にする 

人は、たった一人で生きているわけではありません。常に、周りの人に助けられながら、日々を過ごしているのです。 自分の年齢や、置かれている場所が変われば、常識も変わるのだということを理解するのは、なかなか難しいことのようですが、「郷に入っては、…

躾や教育においても知識が大事

我が子とはいえ、すべて自分の思いどおりにしなければ満足できないという考えは改めるべきです。 我が子といえど、子どもに対していっていいことの限度、また、いってはいけない節度があります。 これも知識です。 なぜ? どうして? あなたはどうしたいの?…

幸せな生き方につながる方法

魂のシナリオにそって生きるなかで、自分の課題と向き合っていく。 そして、人生の困難な状況の中で、自己責任を果たしながら魂を浄化し、人としてあるべき姿、道にそってその壁を乗り越えて、新たなシナリオを描いていく。 そのための第一歩が、気づくべき…

この世は自己責任の世界 

因果の法則というものがあります。すでに知識としてお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、簡単に説明するならば “原因があって結果が起きる” ということです。 この世界はすべてこの因果の法則で成り立っています。人間が作った社会システムだけではなく…

「他人が見る自分の我」と「自身が知る自分の我」

我には、「他人が見る自分の我」と「自身が知る自分の我」があります。 見栄っ張りの人は、「他人が見る自分の我」のほうを、とりわけ甘く見ているのではないでしょうか。 他人が「自分のことを良く評価してくれた」と思い込んだり、良く見えると思う部分を…