青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

親子関係

家族だからこそ言葉で気持ちを伝え合う

家族というのは、血のつながり以上に「カルマ」の深いつながりで結ばれています。家族というのは同じカルマを背負った「運命共同体」ともいえます。 しかし、ここ青森で相談を受けていますと、同じカルマを背負った運命共同体だからこそ発生する、家族間の相…

子どもは親の人づき合いを見て育つ 

お嫁さんというのは、違う家に嫁いでいく立場ですから、その家に馴染む努力をすることは当然です。しかし、お嫁さんだけが努力をしている訳ではなく、お舅さんやお姑さん、そしてご主人も同様に気を遣い、家を支えていく努力をしていることを忘れてはいけま…

幼い頃から娘に伝えるべきこと

まず、子どもが幼い頃からしっかり教えてあげて欲しいことは、挨拶と礼儀作法についてです。当たり前のことだと思うでしょうが、こうしたことは当たり前すぎて逆に忘れてしまうことも多いのではないでしょうか。 挨拶については「おはよう」「こんにちは」「…

嫁ぐ娘への言葉

やがて娘さんが大人になって結婚を考える年齢になったら、嫁ぐということは、相手の家の習わしや習慣になじまなければならないなどということを、一緒に語り合うのも必要なことだと思います。 もちろん、男女の仲ですから恋愛感情があるのは当然のことなので…

共働きの娘への助言

昨今の若い夫婦を見ていますと、共働き世帯の割合のほうが多いように思えます。 もちろん、共働きといってもそれぞれの事情や状況は様々でしょう。 ご主人のお給料だけでも暮らしてはいけるけれど、より豊かな生活を求めて働く場合もあるでしょうし、もとも…

女性としての心構え

男性と女性とでは特質が違い、それに伴って役割も異なりますが、性格面でも差があります。そのため、ことに恋愛や結婚といったシーンでは、男性は女性の気持ちが分からず、女性も男性の心が理解できない、といったことでトラブルや悩みが生じることがよくあ…

子育てする娘へのアドバイス

我が娘が子どもを産むということは、お母さんにとっては孫ができることですから、双方共に喜びに満ちあふれることでしょう。産着を用意するなど、産まれ来る日を待ちわびながらいろいろな準備を楽しく進める親子もいるのではないでしょうか。 しかし、若い女…

私が母から教えられたこと

ちょっと思い出してみてください。子ども時代に母親から教えられたことで、これまでずっと大切にしてきたものはありませんか? 子どものときには分からなかったその教えの奥深さに、大人になってから改めて気づいた、ということもあるのではないでしょうか。…

気づきが深める親子の絆

子育ての悩みから抜け出し、正しい道へと進むために、しっかりご理解していただきたいことがありますので、そのことをお伝えしたいと思います。 それは、スピリチュアルな視点から見た親と子の関係です。親子というのは、共通するいいカルマ(いい行い)、悪…

子育ては人生の修行と心得る

拝殿で毎日、親子関係についてのお悩みに対峙しながら、いつも思うことがあります。 それは、この方はそもそも子育てをどう思って相談にみえたのだろうか?もしかしたら、子育てに深い考えもなく、子供ができ、ただ淡々とした気持ちのまま、自分の感情の赴く…

子供に愛を伝えていますか?

「母の愛は海よりも深く、山よりも高し」という言葉がありますが、それを引き合いに出すまでもなく、ご両親が子供にかける愛情というものには、どこのご家庭でも並々ならぬものがあるでしょう。ですから、何か問題やアクシデントが起こったときは、全力で子…

離婚が子供に与える影響

ひと昔前に比べると、世間体などを気にせず割と自由に、そして簡単に離婚を決断する方も増えています。もちろん、離婚はしたくても、子供のことを考えるうちに、夫婦で反省して考えを改め、前進される方もいます。 そもそも結婚するご縁には、前世での貸し借…

父親と母親の役割とは

子育てにおいては、子供に対する母親と父親の役割というものをしっかりわきまえておくことも大切です。 昨今では、夫婦ふたりで家事洗濯を分担して行う方も増えていますが、それでも多くは母親が毎日の料理作りや掃除、洗濯など、子供の身の回りの世話を焼く…

お金の問題

大学生から30代前半にかけての子供を持つ親の悩みで多いのは、ニート以外に借金の問題があります。 消費者金融での借金や、さらに、今はカードひとつで簡単にお金を借りられるシステムもありますので、軽い気持ちでお金を借りる方が多いのですが、そのうちど…

親離れ、子離れ

マザコンというと、母親が大好きでなんでも母親の言うとおりに動く男性といったイメージがあると思います。ただ、母親思いの優しい息子さんといった場合もあるわけですから、マザコン自体が問題とは言えません。要は程度の問題。異常なまでの依存心が問題に…

ニート問題

子供がニートだといった相談で、私のところを訪れる方も増えています。 おみえになる方の相談を聞き、まと透視をしてみますと、ニートには、反発するニートと服従するニートのふたつのパターンがあるようです。 反発するニートとは、学校の成績が思うように…

一人暮らしが始まったら

子供が大学生になると、子供の生活が大きく切り替わると同時に、親子の関係も大きく変化していきます。 というのも、大学生になると多くの子供が親元を離れて一人暮らしを始めるからです。 親は子供が大学に受かったことでひと安心。子供のほうは、初めての…

質のいい“会話”を心がける

以前、幼児の頃からの子供との会話の大切さを説かせていただきましたが、子供が中学生や高校生になってからも会話が大事であることに変わりはありません。 ただ、子供が思春期に入るこの時期は、小学生時代とは違ってホルモンバランスの変化に伴う身体や心の…

家庭での性教育

父親や母親が中学生になった娘さんや息子さんに家で性教育をする、というケースを耳にします。 家庭で性教育をすることは、一概にいい悪いとは言えませんが、これは程度の問題だと思います。 たとえば、娘さんに生理のときはどういうところに気をつけるべき…

思春期の娘と父親の関係

子供が女の子の場合は、思春期に入ると父親との関係に変化が出ることが多いのではないでしょうか。 女の子は生理が始まり、身体が性的に成熟していく段階に入ると、それまでは父親っ子だった娘でさえ、急に父親を避けるようになるなど、娘と父親の関係がギク…

受験期対策②

『受験期対策①』の続きです 学歴をよくしたいというのは、子供に対する愛情のひとつであり、我が子の幸せを願う親の姿であることは理解できます。しかし、「勉強しなさい。勉強しなさい」と言われ、高学歴になることだけを望まれてきた子供が、人間としてい…

受験期対策①

今では幼稚園受験や小学校受験もそう珍しいことではなくなりました。でも、やはり、高校受験、大学受験というのが、子供にとっても親にとっても大きな節目となるのではないでしょうか。特に子供にとっては、いわば人生初の大きなチャレンジと言えると思いま…

個食を考える

子供が小学校も高学年になっていくと、それまでは家庭を優先してきた母親も、パートに出たり、本格的に仕事に復帰することが多くなるのではないでしょうか。 核家族で父親も帰宅が遅いとなると、どうしても子供が夕飯をひとりで食べなければいけない場合も出…

子供が発する無言のSOS

子供が学校どう過ごしているか、というのは、親にとってはとても気がかりなことですが、なかなか本当のことはわかりません。 そういう意味からも、普段から子供と会話をする時間を持つことが大切になるわけです。いろいろな話を親子でしていれば、なにげない…

いじめの問題②

『いじめの問題①』の続きです まず、いちばん大きな問題は、叱る子育てにあります。物心ついた頃から、「それではだめ。こうしなさい」「そんなことしちゃだめだって言ったでしょ」というように、命令口調で育てることに、問題の根っこがあるのです。 幼い子…

いじめの問題①

昨今の子育てに関する悩みの中でも、とりわけ深刻になっていることのひとつに、いじめの問題があります。 私のところにも、いじめ問題に関わるさまざまな立場の人が、全国各地から相談におみえになります。 この拝殿の中で、いじめの現場の生の声を、日々、…

家庭内暴力の真の原因と解決策

子育ての悩みのひとつに家庭内暴力というものがあり、これも大きな問題です。中学、高校、大学と、子供の家庭内暴力が始まる年齢はさまざまですが、なかでも10代後半の息子さんの家庭内暴力の悩みで、私のところにおみえになる方が大勢いらっしゃいます。 た…

家庭で教えるべきこと

最近では、躾なども学校でするべきだ、と考える親の声を耳にしますが、 学校というのは勉強や集団行動を覚える場です。ですから、躾など、家庭 での学びが子育てにおいてとても大きなポイントだと思います。 今は共働きの家庭も増えていますし、生活自体も大…

会話で子供の心を育てる

小学校に上がると、子供の世界が広がっていきます。学校など家の外で過ごす時間が多くなり、行動範囲も広くなりますが、自我の働きも活発になるなど、心の成長にも著しいものがあります。 そういった中で、子供は家の外でさまざまなことを経験し、そしていろ…

「だめ!」と叱らずに教え諭す

子供が3〜4歳くらいになると、子育ての中でも、徐々に躾が大事な要素になってきます。 中でも、やってはいけないことをどう理解させるか、といったことがもっとも重要なポイントではないかと思います。 ただ、実際の様子を見ていると、小さい子供には言って…