青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

親子関係

核家族での子育て

私が若い頃は、2世代、3世代同居が当たり前といった時代でした。ですから、子育てといっても、夫婦以外のおじいちゃんやおばあちゃんなど、家族の手や目があったので、どうしても手が空かないときは手助けしてもらうことができました。しかし、今はほとんど…

カルマと連鎖の現れ方

同じきょうだいであっても、たとえばかたやお金持ちでうらやましがられるような存在なのに、かたやお金に縁遠いという違いが出ることもあります。 これは、“その人個人のカルマ” ゆえなのです。 もし、きょうだいといえども、相手の良いカルマを妬み、嫌がら…

悪い連鎖を直せない理由

幅広い知識を得ることによって、それまでの習慣を他と比べて「おかしい」と気づけば、連鎖は直すことができますが、何も知らず、また気づかず、疑問に思わなければ、連鎖はその後もずっと続いていきます。 なぜなら、その「習慣」に対して、他から見えないそ…

親子ゲンカは気づきのチャンス

人が生きて行く上で他人と関われば、意見の対立が起きるのは当たり前のこと。それは縁を結んだ親しい間柄の人であっても、変ることはありません。 だからといって、意見の食い違いがすべて悪いことだというわけではありません。 似通ったカルマを持って生ま…

人間がこの世に生まれる目的

前世から持ってきた自分の性格の中に、「すぐに飽きる」「目立ちたい」「人から称賛されたい」「人を見下す」「名誉がほしい」といった傾向が潜んでいないかどうかを、まずよく見てみること。 こうした性格傾向により、自分の周りの人々を小馬鹿にしたり、他…

子どもに交際相手ができたときの接し方

「娘が二十代半ばになって交際相手ができたらしく、毎日のように夜遅く帰ってくるようになりました。父親としては心配なのでつい叱ってしまいます。どう接すればいいですか?」と。 気になるのはその交際相手で、どんなお相手かによりけりですが、親御さんは…

親が過ちに気づいて変われば子どもも変わる

親が自らの過ちに気づいて変われば、必ず子どもも変わっていきます。 「人としてどうあるべきか」「自分には何が欠けていたのか」、その心の大切さに親が気づけば、写し鏡のように子どもにもそれが伝わるのです。 ですから、子どもに変わってほしければ、ま…

幼児教育の大切さ

お子さんがいる方であれば、子育てに悩み、途方に暮れてしまったことがあるのではないでしょうか。 とくに、幼児のときは手に負えずに振り回されてしまい、精神的に疲れてしまう方も少なくありません。また、子どもは無力な存在ですから、将来を考えると「こ…

「心の知識」の大切さ

日々さまざまな相談に応じていると、多くの人は自分の抱えている問題の根本的な原因、すなわち自分の心の不足に気づいていないことがあまりにも多いことがわかります。「心の不足」という言葉の意味さえ理解できずにいる場合も多く、また、考えようともしな…

子どもに対して罪を重ねてしまう親

問題が起きても、気づかなくてはいけないことに気づけない親は、子どもに対して罪を重ねてしまう。 ここで反面教師として一つの事例をあげます。 両親と高校生の息子さんが親子で相談に来られました。 父親は銀行員、母親は幼稚園の教員の夫婦共働き。息子さ…

子どものニート問題

疲れ切った青ざめた顔で、私のところに助けを求めてきた中年女性がいました。 相談の内容は、大学を卒業してさほど経っていない一人息子がニートになり、部屋からほとんど出てこなくなって困っているというのです。 彼女のように神殿に来られる方で、最近に…

ご先祖と子孫の関係

守護神と守護霊は別で、守護霊は本人の人格に応じて変わっていくことができます。 守護神は「守護する神」であり、守護霊は「守護する霊(ご先祖)」と考えてください。 守護霊は、すでに亡くなっている親族の魂たち=先祖霊ですが、子孫の人格が高いと霊格…

心の修行

幅広い知識がない人ほど、不幸を招いた源を人のせいにしがちです。 例えば、自分の忘れていた過去の出来事を、相手は忘れていなかったこともあるように、根底の原因もわからないままでは、当然、物事を良く考えたうえで自分が解決すべきこととは思いもしない…

老後の生活に向けて

「これからの夫婦二人きりの老後生活で、相手が亡くなって独りになったら寂しい。けれど、自分の子どもに面倒を見てもらうのは嫌」と言われる高齢者の方も少なくありません。 この言葉の裏には、 「老後を夫婦二人だけで暮らす計画やそのための努力もしてこ…

カルマがとりもつ縁

七十億もの人がいるこの地球上で巡りあったこと自体、カルマがとりもつ縁です。それを「必然」と言わずして、何と言えるでしょうか? 中には、「出会うべくして出会った」「天の力が働いたとしか思えない」という運命的な出会いを体験している方々もいらっし…

子どもとの会話の大切さ

幼児の頃からの子どもとの会話は大切ですが、子どもが中学生や高校生になってからも会話が大事であることに変わりはありません。 ただ、子どもが思春期に入るこの時期は、小学生時代とは違ってホルモンバランスの変化に伴う身体や心の成長や発達があったり、…

人生を豊かに生きていくうえで欠かせないこと 

仕事の悩みというのは、当の本人だけではなく、ご両親もいつも心配しているものです。 ある60代の母親は、息子さんの就職のことで気をもんでいました。 彼は大学時代、勉強がうまくいかずにうつ状態となって、心療内科に通っていたそうです。また内向的な性…

自分と他人の時間感覚について

子育てをしているお母さんから「あんなに何でも話してくれた子どもが、自分に一切話をしなくなった。帰りも遅いし、外見もハデになって成績も落ちている。このままではどんどん悪い方向に行くのではないかと心配だ」というような相談をよくされます。 自分が…

心の知識不足について

不登校、ひきこもり、そして不満があるとすぐに会社を辞めたり、簡単に離婚する、そのような若者や大人達が珍しくない状況です。 こうした用件で、私のもとを訪れる相談者の何と多いことか……。 昔は「地震・雷・火事・親父」といわれ、恐い存在がいたことで…

家庭での性教育について

父親や母親が中学生になった娘さんや息子さんに家で性教育をする、というケースを耳にします。 家庭で性教育をすることは、一概にいい悪いとは言えませんが、これは程度の問題だと思います。 たとえば、娘さんに生理のときはどういうところに気をつけるべき…

よい人を演じている人たち

対人関係を通して学び、より多くの知識を得て、豊かな心を養っていく。 そこでいろんな文化と接し、それらの違いを理解しつつも、その一方であらゆる文化に共通する普遍的な生き方、すなわち人としてあるべき姿を見出していくこと。 これが、魂のシナリオが…

子どもの気持ちに気づけない親

中学1年生の子どものお母さんの相談話です。 そのお母さんがいうには、その子はとっても良い子で、何一つ親に反発しなかったそうです。 ある日の朝、その子が起きてこないので、おかしいなと思ってお母さんが子どもの部屋に見にいった。 すると、その子が首…

「心の固定資産」とは

知識・常識不足やお互いの我欲のぶつかりあいによって起きるさまざまな家族間の問題、たとえば、離婚問題、子供のひきこもり、家庭内暴力、DV、介護や遺産相続のもつれ、同族経営会社内のトラブルなど、一度火がついてしまった家族間の問題は信じがたいほど…

家の中の負の連鎖を断ち切る方法

私たちの親子関係が始まるときにも、カルマは強く関わっています。 人は生まれるときに、自分が背負っているカルマと関わりのあるカルマを持っている両親を選んでいます。 新たに生まれたときは当然、前世の記憶はありません。 しかし、過去世(生まれる前)…

子どもは親の心を映し出す鏡

突然の事故や病気による急死など、家族や周囲の人達が思いもよらない形で、人が亡くなる場合も、やはりそれはその人の運命、寿命だったといえます。 例えば、親子喧嘩をした後、息子さんが家を飛び出してバイクに乗って出かけた直後に、大型ダンプカーに衝突…

気づきを得る方法について

ひとつ「気づく」と、その「気づき」がまた新しい「気づき」を運んできてくれるものです。 「相手の時」を待ち、その時の流れに合わせる努力をすれば、自分に起こった変化が相手の行動までも変えていきます。自分が何もせずに、他人の考えや行動を変えること…

「知識や学び」は「気づき」と同じ幸せの条件 

私たちは誰もが知識不足ゆえに苦しんでいます。 事業の失敗、夫婦げんか、子育ての失敗、嫁姑問題、借金、恨み辛み……等々、そのような人生の失敗、つまづき、トラブルに見舞われるのは、その原点に本人の知識の不足があるから。拝殿の前で相談者の方々と向き…

運命の糸で結ばれる人たち

運命の糸は、ただそれを見つければうまくいくというものではありません。ふたりそれぞれが持つ糸ですから、それを結ぶことが大切ですし、仮に結べたとしても、常にきちっと結んでおかないと、ほどけてしまうこともあるでしょう。きちっと結んでおくとはつま…

役割を果たすために必要なもの

誰にでも見えない苦労がある一方で、その人なりの役割、任務が与えられています。 それが魂のシナリオに書かれた、本当のあなたらしさです。 それを見出し、役割を果たすために必要なものは、あなたの自己責任感と、あなたを支えてくれている周囲の人たちへ…

子どもが反発する理由

子どもに対して、ごり押しをせずに引くことができたのは、今の仕事に就いたことが幸いし、魂についての学びがあったからだと思います。 「わが子の幸せを願う親心」は十分に理解できますが、親が引くべき時に引くことができず、子どもが自ら失敗して気づかせ…