青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

親子関係

家族であってもそれぞれに違うカルマがある

我の強い人は、人との交流の中で周りの人から反発を受けたり、忠告を受けることも多いと思います。 それはその人のカルマがトラブルを引き寄せてしまうからで、言い換えれば、まさにその時が自分のカルマに気づくチャンスでもあるわけです。 いくら本人に言…

夫婦は節度のある交流が必要

人生において、男性の中には、長く連れ添った女性に対していつの間にか甘えが出てしまい、その甘えがわがままとして出たり、あるいは、時に自分の方が悪いと思い、相手に感謝をしていても、それを口に出すことが苦手な方も多くいるようです。 特に日本の男性…

気づけば運命は変えられる

気づくべきことに気づけないというのは、「自分の欠点に気づけない」のか、あるいは「自分の欠点を認めない」ことがそもそもの原因であることに気づけないでいるのか、です。 言い換えれば、自分の欠点や至らなさを素直に認められる人は、気づくべきことに気…

度の過ぎた優しさは問題

例えば、優しい親であろうとして、しっかりと子供のしつけをせずに、子供が勝手放題やっていても「ニコニコしながら見守っている」というケースや、身近な人があからさまに周囲を巻き込んで事態を悪化させているのに、何も注意や手助けもせず、ただ他人事の…

過去・現在・未来をひとつながりで考えていますか

不幸は、いろいろなことに対する知識不足から起きています。 その知識には、自分自身の欲望も含まれます。 自分の欲望についてもきちんと理解をしておかないと、カルマの解消どころか、カルマの積み重ねになりかねません。 もちろん、人間である以上、食欲、…

挨拶は心の和合を叶えるための第一歩

「おはようございます」 「今日もいい天気ですね」 毎日のようにかわされる「挨拶」は、人間関係を築くための基本です。 どんなに体調が優れない日でも、少々機嫌が悪い時でも、忙しかったり慌ただしい最中でさえ、挨拶を欠かさないように心がけるだけで、何…

知識不足の親に共通していることとは

知識不足の親に共通しているのは、幼児教育から子供のことを理解しているつもりが実際には理解できずに、未来において不登校や社会人として人と交流できない人間にしてしまう場合が多いことです。 うちに相談に来られた親子連れでもこんなことがありました。…

子供への接し方を見直してみる

以前、相談に来られた親子の例で、こんなやり取りがありました。 中学の頃に精神バランスを崩した女の子が、相談中にいきなり祭壇の方に向かって、「てめぇ、黙れ!」と叫びました。 「私のこと?」と私が聞いたら、 「てめえしかいねえだろ!!」と再び声を…

出会うべくして出会った魂の仲間たち

七十億もの人がいるこの地球上で巡りあったこと自体、カルマがとりもつ縁です。それを「必然」と言わずして、何と言えるでしょうか? 中には、「出会うべくして出会った」「天の力が働いたとしか思えない」という運命的な出会いを体験している方々もいらっし…

愛に飢えた人たちによる不幸の連鎖

他人のみならず、肉親であっても愛情が薄れていっている__それがトラブルや不幸を招いてしまう大きな要因のように思われてなりません。 特に、肉親間の愛情が薄れてしまうと、人に対する思いやりや信頼感に欠け、不信感や競争心だけが強くなって、不要な対…

建前だけの言葉では縁は深まらない

疲れ切った青ざめた顔で、私のところに助けを求めてきた中年女性がいました。相談の内容は、大学を卒業してさほど経っていない一人息子がニートになり、部屋からほとんど出てこなくなって困っているというのです。 彼女のように神殿に来られる方で、最近にな…

上手にコミュニケーションをはかるコツ

「どうすれば相手がこちらの意見を素直に聞いてくれるか」というと、まず相手の長所を認めることから始めると、相手の心が開きやすいと思います。 お世辞ではなく、あくまで客観的な目で見て、相手の良いところを言葉にして伝えてあげる。 「あなたにはこん…

子ども同士のいじめの問題

いじめる側はもちろんですが、いじめられる側にも問題がある場合もあります。 もちろん、だからといっていじめを容認するわけではありませんが、いじめをなくすには、いじめる側の子どもの問題と同時に、いじめられる側の子どもや親の問題にも目を向ける必要…

甘やかされて育った子どもはどうなる?

子どもが可愛いからといって、我慢することや人とのコミュニケーションの大切さ、物事には程度があることなどを教えずに甘やかして育てると協調性も知らず、当然のことながらわがまま勝手な人間に育ちます。 その親御さんもそうでしたが、男女交際についても…

思いやりが愛を生む

「真実の愛」と言ったり、逆に「偽りの愛」などと言ったり、「愛」にはさまざまな形がありますし、その登場人物もただ恋するふたりだけではありません。恋人同士の愛、夫婦の愛、親子の愛、きょうだい愛、仲間同士の愛……。ここ数年、芸能界を賑わせています…

慈しみと愛着

「慈しみ」と「愛着」ということについて考えてみたいと思います。親のさまざまな感情を分析して明らかにすることで、子育ての間違いを正すことができるのではないかと思います。 ではまず、「愛着」について考えてみましょう。 愛着というと、子どもを愛す…

子孝行をしていれば親孝行される 

世の中にはさまざまな親がいるもので、驚いてしまうのですが、「子どもなんだから親孝行しなさい」などと強要する親までいます。 家族というのは特別な存在です。世界中で唯一、血がつながっている人間同士ですし、同じようなカルマを背負って生まれてきてい…

「なんで自分だけ……」という思い込み

私たちはどうしても主観的に世界をとらえてしまいます。ひとりひとりが “個” として存在し、それぞれがそれぞれの感覚、価値観で世界を解釈しているため、主観的になってしまうのは仕方がないのです。 でも、だからといって、個人主義に生きていいかというと…

子どもに判断力を教える

判断力を教えるのは正しい生き方ができるようになるためですが、自我を超えた人間の本質的な生における “正しさ”というのは、社会で人間が価値を置いている事柄で判断できるとは限らないということは、親自身がよく理解しておかなければいけません。 現代社…

人を見る目を養う

人間が成長していく過程では、生き方の指針となってくれる人の存在はとてもありがたいものです。そういった人からは、知らなかった価値観や実践的な生き方など、多くのことを学ぶことができるので、大きな目標として前向きに生きていくことができるのです。 …

人を想う “共感力” を教える

人には言葉や表情からは読み取れない、感情や想いというものが必ずあるものです。 人とのコミュニケーションの基本は言葉、表情、身ぶり手ぶりによって成り立っていますが、“相手の気持ちを察する” ことができれば、より相手のことを理解できるようになりま…

子どもに教えていかなければいけない価値観とは

親として、子どもに教えていかなければいけない「価値観」があります。それが、“共存”というものです。 これは、親自身がよく理解し、自らも “共存” といった生き方を実践し、その素晴らしさを身をもって知っている必要があるでしょう。親が体現していないと…

子どもは楽な道を選んでしまうもの

気づかないうちに人は感情的になってしまい、相手や自分を傷つけてしまいます。子どもより知識も経験も理性もある大人でさえ感情的になってしまうのですから、子どもとなればより強く感情のままに物事をとらえてしまいます。 人間の感情は基本的には楽をしよ…

家庭での教育の大切さ

『学校は勉強だけをするところではない』でお話したように、学校とは「社会」という人間関係が大切になる環境ですから、個人の人間性が問われ、ある意味試される場です。 その人間性はどこで形成されるかというと、「家庭」です。つまり、親の教育です。親が…

学校は勉強だけをするところではない

学校というのは集団生活の場です。保育園や幼稚園というのは先生がいろいろと教えてくれますが、学校となると「自治」や「自立」、そして授業で「学問」を学びます。それから、もうひとつとても重要なことを学びます。それは、「社会」です。これは、カリキ…

家族を大切にする

みなさん、「家族」について深く考えたことはありますか? 多くの場合、家族というと「血のつながり」をイメージするのではないでしょうか(もちろん、養子縁組などによる家族もあります)。 でも、よくよく考えてみると、家族を構成する基本といいますか、…

本当の個性とは

個性個性と言われますが、個性っていったいなんのことなのでしょうか。そんなに必要なことなのでしょうか。それとも、固執する必要のないものなのでしょうか。あまりにも個性を求められるために、疲弊してしまう方もいると聞きます。ここでは個性について考…

親には「自分より子どもを優先する」覚悟がいる 

たくさんのご相談を受けていますと、親であるのに子どもを愛せないといった相談者が来ることがあります。我が子が邪魔だからと、家に閉じ込めて餓死させる事件も報道されていました。 親が子どもを愛せないのはどうしてなのでしょうか。 精神的にまだ大人に…

子育てには親も勉強が必要

お子さんがいる方であれば、子育てに悩み、途方に暮れてしまったことがあるのではないでしょうか。とくに、幼児のときは手に負えずに振り回されてしまい、精神的に疲れてしまう方も少なくありません。また、子どもは無力な存在ですから、将来を考えると「こ…

「いじめ」と違う仲間外れもある

いつの時代でも「いじめ」の問題はありますが、ここで親御さんが気づかなければいけないことは、いじめた、いじめられたというその事実よりも、もっと本質の部分、つまり何が原因だったのか、ということです。こんな話があります。 ある夫婦が相談にいらっし…