青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

親子関係

よい人を演じている人たち

対人関係を通して学び、より多くの知識を得て、豊かな心を養っていく。 そこでいろんな文化と接し、それらの違いを理解しつつも、その一方であらゆる文化に共通する普遍的な生き方、すなわち人としてあるべき姿を見出していくこと。 これが、魂のシナリオが…

子どもの気持ちに気づけない親

中学1年生の子どものお母さんの相談話です。 そのお母さんがいうには、その子はとっても良い子で、何一つ親に反発しなかったそうです。 ある日の朝、その子が起きてこないので、おかしいなと思ってお母さんが子どもの部屋に見にいった。 すると、その子が首…

「心の固定資産」とは

知識・常識不足やお互いの我欲のぶつかりあいによって起きるさまざまな家族間の問題、たとえば、離婚問題、子供のひきこもり、家庭内暴力、DV、介護や遺産相続のもつれ、同族経営会社内のトラブルなど、一度火がついてしまった家族間の問題は信じがたいほど…

家の中の負の連鎖を断ち切る方法

私たちの親子関係が始まるときにも、カルマは強く関わっています。 人は生まれるときに、自分が背負っているカルマと関わりのあるカルマを持っている両親を選んでいます。 新たに生まれたときは当然、前世の記憶はありません。 しかし、過去世(生まれる前)…

子どもは親の心を映し出す鏡

突然の事故や病気による急死など、家族や周囲の人達が思いもよらない形で、人が亡くなる場合も、やはりそれはその人の運命、寿命だったといえます。 例えば、親子喧嘩をした後、息子さんが家を飛び出してバイクに乗って出かけた直後に、大型ダンプカーに衝突…

気づきを得る方法について

ひとつ「気づく」と、その「気づき」がまた新しい「気づき」を運んできてくれるものです。 「相手の時」を待ち、その時の流れに合わせる努力をすれば、自分に起こった変化が相手の行動までも変えていきます。自分が何もせずに、他人の考えや行動を変えること…

「知識や学び」は「気づき」と同じ幸せの条件 

私たちは誰もが知識不足ゆえに苦しんでいます。 事業の失敗、夫婦げんか、子育ての失敗、嫁姑問題、借金、恨み辛み……等々、そのような人生の失敗、つまづき、トラブルに見舞われるのは、その原点に本人の知識の不足があるから。拝殿の前で相談者の方々と向き…

運命の糸で結ばれる人たち

運命の糸は、ただそれを見つければうまくいくというものではありません。ふたりそれぞれが持つ糸ですから、それを結ぶことが大切ですし、仮に結べたとしても、常にきちっと結んでおかないと、ほどけてしまうこともあるでしょう。きちっと結んでおくとはつま…

役割を果たすために必要なもの

誰にでも見えない苦労がある一方で、その人なりの役割、任務が与えられています。 それが魂のシナリオに書かれた、本当のあなたらしさです。 それを見出し、役割を果たすために必要なものは、あなたの自己責任感と、あなたを支えてくれている周囲の人たちへ…

子どもが反発する理由

子どもに対して、ごり押しをせずに引くことができたのは、今の仕事に就いたことが幸いし、魂についての学びがあったからだと思います。 「わが子の幸せを願う親心」は十分に理解できますが、親が引くべき時に引くことができず、子どもが自ら失敗して気づかせ…

どのように子どもと接していますか?

幼い子どもにとっては、親がどんな知識を持っているか、どのように子どもに接しているかによって、その子の人生が大きく左右されます。 それは、両者が、現世で直す必要がある事柄やカルマにあった悲しみ、楽しみを共有するため、親が自分の欠点に気づかず、…

スピリットを成長させる方法

今の自分の欠点に気づいて、一つずつでも直していけば、過去世のカルマの解消につながり、それだけスピリット(精神・魂)は成長できる。 しかし、そのためには、「連鎖」という見えない壁を打破しなくてはならない。 私たちは、誰もが先祖という膨大な数の…

家庭のしつけ

拝殿の前でも、平気で子どもを怒鳴りつけたり、のし袋の裏表を確認せず、裏のまま差し出したり、玄関先で他人のブーツが倒れても平気でその上を踏みつけて歩いたり、自分がスリッパを履くため、他の来客用のスリッパの上を平然と踏みつけるような人が少なか…

子どもたちに伝えなくてはならないものとは 

私たち大人が、将来を担う子供たちに伝えなくてはならないものは何なのか? 親が子や孫に遺してあげられる心の財産は何なのか? それこそが、思いやりや愛情、人と人との信頼ではないかと思います。 それを私たち大人が日常、自らの言動で示してあげてこそ、…

知識不足に気づけない理由

人は誰もが、人生という学びの中で自らの不足に気づいてそれを改め、少しでも心(魂)を成長させるために生まれてきている。 なのに、なぜ多くの人が、気づくべきことに気づけないのか? 私は日々相談者と向き合う中で、ずっとその理由について考えてきまし…

「子どもを育てる」ということ

いろんな人との交流が円滑にできるようになって、人への理解が深まり、周囲の人にも明るい影響を与える一方で、人との交流が上手にできないままでいると、子や孫にまで悪影響が及びます。 極端な場合、わが子が亡くなってから、自らの過ちに気づくことにもな…

親しき仲にも礼儀あり

人は親しい相手にほど甘えが出てくるものです。悩みを相談したり、ちょっとの愚痴を聞いてもらうくらいならいいですが、親しき仲にも礼儀あり。この言葉を決して忘れてはいけないという例をお話ししましょう。 「妻が急に離婚したいと言い出しましたが、まっ…

誤解やトラブルを生む原因

トラブルの原因は人によってさまざまですが、相手の話をちゃんと聞いていなかったり、自分の気持ちや考えを言葉にしてきちんと相手にわかるように伝えられていない場合が多いようです。 それが家族であれ、職場の人であれ、相手のことをわかっているつもりに…

神様が嫌う心とは 

感情の起伏が激しい人、人を陥れようとする人、ひがみ根性の人です。 感情の起伏が激しいと、いくら神が善い方向に導こうと思っても、本人の心が乱れているためにその援助を受け取れず、それだけ自分の不足、欠点にも気づきにくくなるのです。 カルマは、困…

昨今の嫁姑問題

家と家が交流を持つようになる結婚では、夫婦間以外の問題が起きることもあるのですが、相談を受ける割合が多いのが、“嫁姑問題” です。一度こじれてしまうとお互い怒りをぶつけ合い、家庭内だけでなく、親類縁者も巻き込むトラブルに発展することも珍しいこ…

知識不足の親からの連鎖 

戦後生まれで、今の若い世代の方々とは違う時代を見つめてきた一人の人間として、拝殿で驚く光景を見ることが時々あります。 親と同席した場合、親が小さくなってうなだれたり、必要以上に子どもに気を遣う姿は、私も人の子の親として見ても、見栄えのいいこ…

「気づけない人」を笑う人

気づけない理由は、連鎖や自分の気づいていない我の強さにあります。 しかし、「気づけない人」を笑う人は、ある面ではむしろ、「愚かな人間」だと私は思います。 「笑う対象となる人物」を見下すが如く、他人を笑うこと自体、そこに「気づけない “あなた” …

“正しい知識” と “間違った知識”

ひと昔前までは、私たちの仕事とする霊能関係でも根拠のない感情論だけの知識がまかり通っていましたが、今や時代が変わり、科学技術の進歩や文化の発展と共に、非科学的な根拠のない感情的な知識は改められようとしています。 そうした進歩・発展と共に多く…

良い人間関係を築いていくには

個人主義の価値観が広まってからは、「他人よりもまずは自分」という間違った考えを持つ人がとても増えているように思います。 もちろん、個人の幸福を願うことも大切なのでしょうが、「個人の幸福を願う」ために「自分だけ主義」になるのでは、対人関係で寂…

肉親間で陥りやすい「心の落とし穴」

ここでは、「身近な間柄だからこそ気づきにくい点」についてお話ししたいと思います。 それは家族関係、中でも親子の間のすれ違いで、ここでは息子さんの問題で相談に来られたUさんご夫妻の例を挙げます。 相談内容は、おおよそ次のようなことでした。 息子…

子育てについての正しい知識

よくあるケースとしては、たとえ自分たちが借金地獄になっても子どもを私立の学校に入れて大学まで行かせ、エリート社員として勤めさせようとやっきになる親です。 ところが、小さい頃から勉強ばかりで友だちづき合いがなかった子どもは、小・中・高の生活の…

知識の特訓 

親が子どもに対して正しい知識の特訓をする。それが躾であり、教育です。 この知識の特訓の仕方を間違えると、子どもは大きな問題を抱えてしまいます。 親の我欲を子どもに押しつけて干渉し過ぎたり、理解ある親を演じて特訓を放棄していると、その子どもは…

愛する人の死に直面したとき

愛する家族、自分にとって大切な人や家族同様のペットが亡くなった時のショック、その辛さや心の痛手は、経験のある方ならよく理解できるでしょう。 たとえ、それが運命のシナリオだったとしても、愛するものの死という目の前の現実に対して、「受け入れられ…

孤独に陥らないためには

多くの人にとって、パートナーとの死別も、切実な問題だと思います。 長年連れ添ったパートナーとの死別はとても心が痛み、人によっては大きなストレスとなることでしょう。 しかし、カルマの法則から見れば、肉体の死は輪廻の通過点に過ぎません。 それを信…

お金の教育 

人間が生きていくうえで大切なものはいくつかあります。“健康” であったり、愛情や友情といった精神的なものがよく語られるのではないでしょうか。 本当は大切であり、生きていくうえで必要であるはずなのに、意地汚いという印象を抱く人が多いのか、とかく…