青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

高学歴のプライドだけの人

 ここ数年、相談に来られる方で目につくのが、可愛い女性を演じながら知識が不足している高学歴の女性が多いことです。

 

 外面だけよくて、心にもないことをベラベラと喋り続ける。

 

「すばらしい理想のパートナーが現れます」などと自分が期待したとおりのことをいってほしいだけで、私がそれをいわないと「当たらない」といって不満をあらわにし始める。

 

 パートナーや家族、会社の同僚や上司が悪いと、不平不満、愚痴をただ聞いてほしいだけで、本人の欠点を指摘してもまったく受け入れない。

 

 私は透視をして神からのメッセージを伝えるのが仕事であって、スピリチュアルカウンセラーのようにその人がいいたいことを聴いてあげるのが仕事ではありません。

 

 透視とカウンセリングの違いがわからない人が相談に来て、「詳しくいわせてくれない」「私の話を聞いてくれない」という方がいますが、私が時間をかけて、カウンセラーのように全部相談者の話を聞いてしまうのなら、透視の意味がなく、わざわざ交通費をかけて遠方からおいでいただく必要はないわけです。

 

 自分が話したいことをすべて私に伝え、私がそれに添う言葉をいえば喜んで帰る、あるいは、私が心にもないお世辞をいったら喜んで帰るのでしょうか?

 

 そして、後々にそれが本人の役に立つのでしょうか?

 

 このように、透視の意味を履き違えている人が少なくないのです。

 

 本当の透視とは、ある程度要点を伝えるだけでよいのですが、中には「すべて見えているのだから何もいわなくていいでしょ。当ててみてよ!」という方もいます。

 

 一例をあげます。

 

 ある日、見るからにプライドが高そうな女性がやってきました。仮にIさんとします。

 

 Iさんは、30歳半ばの独身女性です。待合室では顔はニコニコしていましたが、いざ彼女の順番がきて、私が住所を聞くと、いきなり挑発的な態度で、「透視ができるんでしょ? それなら私がどこに住んでいるかくらい当然わかるでしょ」とせせら笑いながらいいます。

 

 「透視力はあっても、そこまではわかりません」と私がいうと、「それで透視能力? それでお金を取るんですか?」といってきました。

 

 そのような散々のやりとりがあり、その会話の中で、私が「あなたも知識を得たほうがいい」というと、「えっ、私が知識? 私はね…」と自分ほど知識がある人はいないというような剣幕でまくしたててきました。

 

 「あなたとは違うわよ! あなたこそなぜ知識もなければ、透視できるなどと、嘘つきでしょ!!」と。

 

 聞くと、Iさんは高校を出てから2年近く外国に行き、海外生活をしていたそうで、「日本での生活が短かったから、日本人の感覚とはずれている」といいます。

 

 「それは違いますよ。物の考え方の違い、そこにあなたの心の寂しさがあると思います」と私。

 

 「いえ、日本人の感覚は幼稚だから、私はそうなりたくないから。あなたはそれがわからないんです。あなたは田舎に生まれ育って、田舎しかしらないから」とIさん。

 

 「外国に何年くらい住んでいたんですか?」

 

 「合計で5年くらいです」

 

 「その間、何をしていたの?」

 

 「高校を卒業してから2年間アメリカに行って、いったん日本に戻ってブラブラし、大学に行き、それからまたアメリカの大学に2年間行きました」

 

 Iさんは36歳、今は会社でパート勤めをしているが、「周りが皆バカで、私を認めてくれず、孤立している」といいます。

 

 私が何をいおうが、またなだめようと、Iさんはまったく受けつけません。

 

 私を見下し、時にはうすら笑いや高い声を出して笑いながら…。何ということでしょう。彼女の心の寂しさ、空しさを痛感せずにはいられない会話でした。

 

 私が透視したところでは、Iさんはすでに中学の頃に精神バランスを崩していました。

 

 プライドだけは高く、高校を出てからアメリカにぶらっと渡った。でも、対人関係の問題でいられなくなって、またぶらっと帰ってきた。

 

 社会に出て働いても対人関係がうまくできないので、結局は長続きしない。親も今となってはギブアップ状態……。

 

 そこには、人から学ぼうともせず、「自分には才能がある」「自分はこんなところにおさまるようなレベルじゃない」というプライドで人を見下し、「あなたたちとは違う」と直す気持ちはまったくなく、哀れに思うと同時に私の心がむなしく、寂しくなる一日でした。

 

 これも中学時代から「人の注意や忠告を聞く知識、相手の話を理解する知識」がないためにおきている現実です。

 

 私のところでは、どうしても理解してもらえない場合、前の人と後の人がOKであれば、予約の順番に三人一緒に話をすることが時々あります。

 

 傍にいた前の相談者が、Iさんの話を聞いてギョッとした顔をしました。

 

 私がその相談者に「あなたの考えは間違っている」といっても自分が正しいと信じて疑わなかったのに、同じような他人の例を傍で見て、「Iさんも自分も気づけないでいるのが同じ理由だと気づいた」とその方がしみじみいいました。

 

 プライドの高さが周囲の人たちとの不和の原因になっている。

 

 そんなIさんの姿が自分の姿を映し出す鏡のように見え、初めて「自分も同じだ」と気づいたようでした。

 

 このような例は、もちろん女性だけではなく、男性にも多く見られます。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】  

 20190208135532

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

まぐまぐ で登録できます。

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

 【発売即重版! 木村藤子の最新刊】

神様が教えてくれる 人生100年時代の幸せな生き方
 

  

YouTubeチャンネルはこちら。

www.youtube.com