青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

苦悩の原因を自分以外に求める人たち

 プライドの高い人ほど、苦悩の原因を自分以外に求め、「透視がはずれた」と不平をいわれます。

 

 なぜ透視をして当たりはずれがでるのか?

 

 これは長い間、私の疑問でもありました。

 

 それは、まさにその人のカルマゆえでもあるわけです。直さなければいけない欠点を直すことなく神頼みをしても、幸せにつながるとは限らないのです。

 

 こういうと、透視能力がない霊能者に、「それはカルマだから。当たらなくてもいいでしょ」などといいわけに悪用されると困るのですが、それとはまったく別問題です。

 

 その欠点を直せば幸せの道へと進めると神の教えの中で判断し、それを伝えても、本人が自分の欠点を認めない。本人がその欠点を認めないゆえに、やがて子供の非行、離婚、家庭不和、職場のトラブルなどさまざまな不幸が起きてしまうのです。

 

 ようするに、自分の心の不足、欠点を素直に認めるかどうかの問題です。

 

 神から授かった透視能力というのは、単なる物当てやのぞき見趣味的なものではなく、幸せの道を求める人々のために神の言葉を伝え、アドバイスするためのものです。

 

 その “原点” を伝えているのに、それを理解せず、自分が思っていることと違うことを指摘されると、「そんなことを聞いているのではない」とか、欠点を指摘されると怒ったり怒鳴ったする。

 

 その度に私は言葉を失うとともに、何のカルマでこんなに人の欠点を指摘しなければいけないのか、気づかせ、幸せの道へ進ませられないのか、何と人間として仕方のないカルマの仕事をせざるを得ない修行なのか……と、しみじみと考えこんでしまう時もあります。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】  20200106112658

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

foomii もしくは まぐまぐ で登録できます。

 

まぐまぐ

www.mag2.com

 

フーミー

foomii.com