青森の神様 木村藤子の公式ブログ 日々の暮らしから得る気づき

透視人生30年以上のキャリアで培ってきた、誰しもが幸福になる生き方、考え方をお伝えします。

プラスの感情は相手に伝え、マイナスの感情は空に返す 

 「一緒にいると本当に楽しいです」

 

 「あなたに話を聞いてもらうとすごくすっきりする」

 

 「おしゃべりできて、うれしかった!」

 

 誰かから、こんな言葉をかけられたら、どう感じますか。

 

 それだけでなんとなく元気になれるような気がしませんか。逆に、

 

 「たいくつ」

 

 「なんかムカツク」

 

 「グズグズするなって言ってるだろ」

 

 こんな言葉を投げつけられたら、気分良く過ごしていても一気に気落ちしてしまうのではないでしょうか。

 

 若い男性が私の神殿を訪れて、結婚を意識している女性がいるのだけれど、最近彼女の気持ちがさめてきているような気がするのだが、他に好きな男がいないかどうか知りたいとおっしゃいました。

 

 神様に伺ってみると、男性は休みの日に彼女がどこかに出かけようと誘ってもダラダラしながら「ダルい」「かったるい」「つまんねー」を連発しているのが見えました。かと言って、出かけるのがいやというわけではないようで、口ではぶつぶつ言いながらも一緒に外出している姿も見えます。

 

 私は「あなたは何かというと彼女に、ダルいとか疲れるとか退屈だというようなことを言っているようですけれど、彼女こそ、あなたのそういうところに疲れているんじゃないかしら」と言いました。すると男性は、

 

 「えっ? なんのことですか。僕は、別に彼女といても疲れませんけど」とおっしゃるのです。何のことはない、相談者にとって「ダルい」とか「かったるい」という言葉は、もう無意識に出ている口癖で、意味を持っている言葉ではなかったのです。

 

 「あなたは何も考えずに、毎日のように彼女に対してマイナスの言葉をぶつけていたのですよ。ただの口癖だと言っても、相手が気にしていることさえ、あなたは気づかずにいたと思うのです。このままあなたが変わらなければ、あなたから発せられるマイナスの言葉は、あなたが大切にしたいと思っている彼女との関係を壊してしまうでしょう」と忠告すると、

 

 「自分では全然気がつきませんでした。ここに相談に来て、本当に良かったです」と素直におっしゃいました。

 

 「その素直な気持ちこそ、あなたが大事にするべきものなんじゃないかしら。感謝の気持ちや愛情のこもった言葉を心がければ、彼女との仲は元通りになりますよ。プラスの感情は相手に伝え、マイナスの感情は空に返す、と思ってはどうかしら。あなたなら、きっとできますよ」と伝えました。

 

 相談者は「彼女とは結婚したいと思っているので、自分の口から出る言葉について、もう一度考えます。ありがとうございました」と帰って行かれました。

 

 

 

「運命が丸裸になる」と、

驚きの声、声、声!!

木村藤子の公式サイト】  20200106112658

 

【私にご質問いただけるメルマガはこちら】

・note ・foomii ・まぐまぐ のいずれかで登録できます。

  

note

note.com

  

まぐまぐ

www.mag2.com

 

フーミー

foomii.com